≪韓国ドラマREVIEW≫「シュルプ」14話あらすじと撮影秘話…ケソン大君最後のシーンの撮影へ=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)
≪韓国ドラマREVIEW≫「シュルプ」14話あらすじと撮影秘話…ケソン大君最後のシーンの撮影へ=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)
※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

韓国ドラマ「シュルプ」のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、相関図、感想

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画3:18から7:04まで。

今回は、ファリョンと大妃、ユン・スグァンのシーンの続きから。
チャン・ヒョンソンはコミカルな動きをしキム・ヘスクを笑わせているが、本番が始まると一転、真面目な演技を。しかしキム・ヘスクは「世子はこの世の宝です!健康な世子の子供を”洗濯”…(笑)」とNGに。撮影は続き、ファリョンが「大妃様はそのような欲深い心はお捨てください」と言うと、「いいえ!いいえ…(笑)」とここでもNGが出てしまうキム・ヘスク。次のテイクでようやくOKとなり、チャン・ヒョンソンはクランクアップを迎えることに。スタッフやキャストたちから拍手が送られる。

次はケソン大君とファリョンのシーン。
母の手を握り「お母様、僕は自分らしく生きたいのです。ずっと宮殿の中で育ってきましたから。外で暮らしたいのです」と自立することを告げる。一回でOKとなり、2人とも涙ぐんでいた。違う角度からも撮影をするが、何度も涙が出てしまう2人。「本当に最後ですね…」とユ・ソンホ。撮影が終わると、「あとは声を録音したら終了だね。拍手を送るよ」と監督が言い、キム・ヘスと熱い抱擁を交わす。

続いては兄弟たちの別れのシーンを撮影。
「手握っていいか?」と弟に話し「もちろん」と2人は手を握り合う。3兄弟が抱き合うシーンのため、位置をどうするか気になっている様子。

●韓国ネットユーザーの反応●

「ファリョンと息子の絆が見える」
「親子のシーンは感動した」
「ケソン大君巣立っていくのがいい」
「兄弟の絆硬いな」
「家族愛が見えてよかった」

●あらすじ●

tvNドラマ「シュルプ」14話(視聴率14.1%)では、ファン領議政(キム・ウィソン)とウィソン君(「SF9」チャニ)が意志をぶつけ合う様子が描かれた。

 ファン領議政は「私が作った王を私の手で引きずり下ろすことはできない。ウィソン君もこの辺でやめなさい」と自分の意志を明らかにした。しかしウィソン君は「それはできない」と断固として言い返した。

 ファン領議政は「母さんがウィソン君をどうやって育てたのか忘れたのか」とファン淑媛(オク・ジャヨン)が危なくなる可能性があると言うと、ウィソン君は「母さんも許してくれるはず」と答えた。

 驚いたファン領議政は夜が明けるとファン淑媛のところへ行った。ファン淑媛はウィソン君が王(チャン・ウォニョン)の実の子ではないと明らかにし、「もう手遅れだ。いっそ死んだ方がましだ」と強い意志を見せた。


「シュルプ」メイキング




Copyrights(C)wowkorea.jp 77