【個別インタビュー】ノ・ミヌ、「患者(=ファン)に夢と希望を与えられるアーティストになる」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー】ノ・ミヌ、「患者(=ファン)に夢と希望を与えられるアーティストになる」
【個別インタビュー】ノ・ミヌ、「患者(=ファン)に夢と希望を与えられるアーティストになる」

歌手兼俳優のノ・ミヌ

俳優としてもアーティストとしても絶大な人気を誇るノ・ミヌ。昨年12月23日にNOMINWOO JAPAN TOUR 2015「IT’S MY LIFE」東京公演を開催すると多くのファンがつめかけ大成功で終了し、2016年新たなスタートを切った。そんなノ・ミヌがタイトなスケジュールの中、インタビューに応じてくれた。


―今回のJAPAN TOURを開催しての感想をお願いします。
色々と大変なこともありました。患者(=ノ・ミヌのファン)たちがそばに居てくれたから倒れることなく遂げられました。患者たちとの約束を守れてよかったし、患者たちをこれからも守らないといけないと改めて深く感じました。辛い環境が、より強い絆で一つになれるきっかけになったと思います。

―今回のファンミーティングでは「休みらしい休みがなかった」とおっしゃっていましたが、そんな中、どこか行けたところはありますか? 
休日らしい休日を探し求め今回はツアーが終わってからも日本に残ってみました。ウーロンハイにハマっちゃってコンビニでウーロンハイを3本買って、ホテルで半身浴してから3本全部飲んでグッスリ寝て、すき焼き食べてウーロンハイ飲んで半身浴しての繰り返しでした。幸せでした。韓国にはウーロンハイがないんです。

―1月にアルバム「IT’S MY LIFE」をリリースするミヌさんですが、少し詳しく紹介をお願いいたします。またミヌさんはどんな時に曲を書きたくなりますか? 
1月よりは少し遅くなりそうです。日本でも正式にアルバムを出そうと準備中です。歌詞の整理中なんですが、韓国語バージョンは仕上げ段階です。まず、「IT’S MY LIFE 」というタイトル通り、短いけど僕なりに感じ、気づいている事たちを歌詞に書いてメロディーを作りました。なので苦悩と試練があっても愛する人たちがいるから、患者がいるから乗り越えられるというメッセージが一番大きいですね。収録曲の中に「I’m Not OK」という曲があります。“永久のような人々も永久のような愛の言葉も終わりが来れば他人になることを知らなかった”という歌詞があるんですが、まあ、一人でつぶやいたり感じたりしたそのままを書いてあります。ファンとアーティストの間の感謝の曲も初めて作ってみたので期待してください。

―リアルバラエティ番組で“ドリームマン”という名の理想の夫を演じているノ・ミヌさんですが、何か心掛けていることはありますか? 
演技ではありませんでしたよ。ただ、恋愛するときのスタイルが自然体で出たと思います。僕も知らなかった自分の姿を見つけたりして面白かったです。僕は割りと愛想のないタイプだと思ったのに、優しい面が結構ありましたね(笑)。

―最近、日本のタレントGENKINGさんや日本のロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカルのTakaさんとの2ショットをインスタグラムで紹介するなど、ノ・ミヌさんの人脈の広さが話題になっていますが、新しい友だちを作るアドバイスを頂けますか? 
アドバイスというよりは、なんだろう…確実に頑張って生きている人たちを見ると拍手して応援したくなる気持ちなんです。僕も懸命に生きている一人として、同じような人たちに会うと深く話さなくてもすぐに惹かれ、話もよく合うんです。

―昨年のインタビューで、2015年は“音楽と作品”で皆さんにお会いできると思いますと言われていましたがどんな1年でしたか? 
音楽は完成度のために少し延ばしたりしました。アルバムジャケットはもう完成している段階なので期待してください。2015年度は一息つく間もないくらい「私の残念な彼氏」とか「食べる存在」や10年ぶりの地上波音楽番組出演など奇跡的な事が起きました。諦めないで進めば神様は贈り物をくれるんだなって感じる一年でした。

―また、「人生を楽しむ方法を少し学んだ」とありますが、どんな方法か教えて頂けますか? 
自分のものになるんであれば、無理しなくても結局自分の手に入ると思ってるんです。どんなに手に入れたくても手に入らなかったものが力を抜いた瞬間自分の手元に入ってくる感じがすごくしました。努力した分だけの時間が見返りとして返ってくるとするなら、練習して努力している時間を数字に計算するのは難しいですね。色んな妨害や辛い時もあるけど、こうして少しずつ成長していけるのは小さな事柄や、今の自分の姿に感謝しながら生き始めてからかもしれないです。もちろん、この程度で満足しようとは考えてません。常に夢に飢えているけど前に進んでるっていう今の自分のコンディションを時には労い、楽しみながら日々生き方を学んでる気がします。それでこそ心身ともに健康な人生じゃないかなと考えます。

― この1年で一番変わったことは何ですか? 一番うれしかったことは? 
少しずつカッコいい男になっていくんだなって思います。勘違いは、たまにすると自分自身のメンタルヘルスにいいそうですよ…ハハハ(笑)。

―ミヌさんは辛いときにどのように乗り越えてきましたか? 
“これもまた過ぎていくだろう”って心の中で思います。時間が過ぎれば僕は成長してるし、その時のことは小さくなってるじゃないですか。ぶつかった時は未来の自分の姿を想像し耐えるんです。そうしてるうちに今の僕になったのと同じように…。

―完ぺきなミヌさんが思う素敵な男とは? 
カッコいい男性って愛する人を護ることのできる王子様じゃないかなと思います。仕事するとき厳しい時もあるし、鋭くないといけないけど愛する人には残念君みたいな…ハハハ(笑)。

―2016年はどんな1年にしたいですか? また、新たに挑戦したいことはありますか? 
素敵な作品、そして僕の人生を語るアルバムを多くの人に聴いてもらいたいし見てもらいたいですね。

―今後の活動予定を教えてください。
まずはアルバムにご期待下さい! 日本でのプロモーションとライブも多くの方に見に来てほしいです。

― 最後に患者の皆さんにメッセージをお願いします。
患者のみんな 、今回の12月は僕達が一つになるきっかけになった気がする。いつも感謝してるし僕を愛してくれる事を改めて深く感謝したよ。患者たちには夢と希望を与えられるアーティストになってあげるね。ありがとう。そして最後の曲の時に泣いた患者たちを思い出すと僕も涙が出る。愛してるよ! ウーロンハイ 飲みたいな(笑)。


 アーティストとして、溢れる才能を発揮し遊びごころ満載の演出で熱いステージを届け、患者(ファン)を楽しませるノ・ミヌ。俳優としてアーティストとして輝き続けるノ・ミヌの2016年がスタートする! 


2016年1月8日23時21分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...
韓国歴代興行収入10位、日本でも親子愛に号泣する観客が続出したヒット作「7番房の奇跡」(2013)のイ・ファンギョン監督の待望の最新作「偽りの隣人 ある諜報員の告白」が、日本でもいよいよ9月...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...
「Apeace」のヨンウクがソロアーティスト名義「UK」として、初となるシングル「CHECKMATE/君と見る世界は綺麗だ」を7月20日(火)にリリース! 「CHECKMATE」は男女の駆...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...
俳優イ・ミンギとナナ(AFTERSCHOOL)が主演を務め、恋愛を“しない”男性と恋愛が“できない”女性のロマンスを描く韓国ドラマ「Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~」。本...

【個別インタビュー】映画『SEOBOK/ソボク』イ・ヨンジュ監督が...

【個別インタビュー】映画『SEOBOK/ソボク』イ・ヨンジュ監督が...
俳優のコン・ユとパク・ボゴムというトップスターの夢の共演で、韓国では今年最大の話題作として注目を浴び、初登場No.1を記録した映画『SEOBOK/ソボク』。初恋シンドロームを巻き起こした映画...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.