「愛の不時着」のヒョンビン主演最新作『コンフィデンシャル:国際共助捜査』でヒョンビンが恋のライバルに嫉妬!?…キーアイテム“コーヒー”にも要注目の本編映像解禁
「愛の不時着」のヒョンビン主演最新作『コンフィデンシャル:国際共助捜査』でヒョンビンが恋のライバルに嫉妬!?…キーアイテム“コーヒー”にも要注目の本編映像解禁
2020年、「見た?」が多くの女性たちの朝のあいさつとなったTVシリーズ「愛の不時着」。Netflixで最高の視聴数をカウントし、「日本で最も話題になった作品TOP10」の第1位に輝いた。その人気はアジアから欧米にまで広がり、主人公の北朝鮮エリート軍人リ・ジョンヒョクを演じたヒョンビンは、全世界の恋人として今も新たなファンを獲得している。そのヒョンビンの「愛の不時着」後、初となる主演映画が完成!本国では、5週連続第1位を記録する大ヒットを成し遂げた『コンフィデンシャル:国際共助捜査』が9月22日(金)より公開中。

韓国映画「コンフィデンシャル:国際共助捜査」のキャスト、公開日、あらすじ

舞台は韓国。北朝鮮・韓国・アメリカの捜査官が、互いの国の真意を探り合いながらも協力し、国際犯罪組織のリーダーと消えた10億ドルを追う。ヒョンビンが扮するのは、寡黙な北のエリート特殊捜査員リム・チョルリョン。「愛の不時着」リ・ジョンヒョクに通じる正義感あふれるキャラクターそのままに、今作ではスーツに身を包み華麗かつ本格アクションで魅了する。さらにピュアな恋の駆け引きもあり、三枚目的なかわいらしさも。南の破天荒なベテラン刑事カン・ジンテには、韓国映画界の名バイプレイヤー、ユ・ヘジンが扮し、ヒョンビンとの対照的なキャラクターと軽妙なやりとりで楽しませてくれる。ジンテの義妹・ミニョンは少女時代のイム・ユナ。FBI捜査官・ジャックには「私の名前はキム・サムスン」以来のヒョンビンとの共演となるダニエル・ヘニー。
ヒョンビン×実力派俳優たちの化学反応で魅了するワールドクラスの韓国エンタメ、一瞬たりとも目が離せない!

この度本作より本編映像が解禁になった!捜査を共に行うチョルリョンとジャックがジンテの家に泊まることになり、朝を迎えたシーンから始まる本編映像。チョルリョンにゾッコンだったミニョンが甲斐甲斐しくジャックにモーニングコーヒーを渡す。ミニョンにウィンクするジャックに、「目が痛いのか?ちょっかい出すな」と突っ込むチョルリョン。まさかのチョルリョンが嫉妬!?と恋の展開を期待させるシーンとなっています。しかし、一夜を共に過ごしたチョルリョン・ジンテ・ジャックの3人はサングラス片手に捜査に向かい、そのチームワークもばっちり!?な姿で道ゆく人々をメロメロに!果たしてこの3人の捜査の行方はどうなるのか…?コーヒーはヒョンビンの主演ドラマ「愛の不時着」でも重要なアイテムとして登場しており、まさかのコーヒーの因縁再び?なシーンに「愛の不時着」ファンもクスッとしてしまうシーン。
ヒョンビンが本作で魅せる新たな魅力がさく裂する『コンフィデンシャル:国際共助捜査』に是非とも期待してほしい!





『コンフィデンシャル:国際共助捜査』

【STORY】 
韓国に降り立った、北朝鮮のエリート特殊捜査員リム・チョルリョン。彼の任務は、北から逃亡した国際犯罪組織のリーダーと消えた10億ドルを追うこと。北から「国際共助捜査」の要請があり、捜査の失敗により左遷されていた南の破天荒なベテラン刑事カン・ジンテは、現場復帰をかけ相棒に志願する。実は2人は2度目のタッグで、チョルリョンに恋するジンテの義妹ミニョンは、彼との再会を心待ちにしていた。互いの真の目的や機密情報を隠しながらも、リーダーの隠れ家に踏み込んだ時、FBI捜査官のジャックが現れる。激しい争いの果てにチームを組み直した3者・3国の前に、驚愕(きょうがく)の黒幕が立ちはだかる──。  

監督:イ・ソクフン『ヒマラヤ~地上8、000メートルの絆~』
出演:ヒョンビン「愛の不時着」、ユ・ヘジン『タクシー運転手~約束は海を越えて~』
イム・ユナ(少女時代)『EXIT イグジット』、ダニエル・ヘニー「クリミナル・マインド」シリーズ、チン・ソンギュ『エクストリーム・ジョブ』
配給:ギャガ 原題:共助2:インターナショナル|英題:CONFIDENTIAL ASSIGNMENT 2: INTERNATIONAL|129分|
韓国|カラー|シネスコ|5.1CH デジタル|字幕翻訳:根本理恵  Ⓒ 2022 CJ ENM CO., LTD., JK FILM ALL RIGHTS RESERVED

2023年9月22日より全国公開中!

9/22より全国上映『コンフィデンシャル:国際共助捜査』ヒョンビン&ダニエルヘニーがユ・ヘジン宅で朝を迎えるシーンなど本編映像公開




Copyrights(C)wowkorea.jp 5