≪韓国ドラマOST≫「100日の郎君様」、ベスト名曲 「桜恋歌」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)
≪韓国ドラマOST≫「100日の郎君様」、ベスト名曲 「桜恋歌」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)
<「100日の郎君様」OST(サントラ)、今日の1曲>

韓国ドラマ「100日の郎君様」のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、相関図、感想

※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

今回も「100日の郎君様」のOST紹介をお届けする。本ドラマは、「大丈夫、愛だ」や「君を憶えてる」のド・ギョンス(「EXO」のD.O)と、「怪しいパートナー」のナム・ジヒョンがタッグを組んだ作品。
舞台は朝鮮王朝時代。王族のイ・ユルは偶然ある高官の娘ユン・イソに恋をし求婚。しかしその後ユルの父が謀反を起こし王座が奪われる。イソの父は死にイソも行方不明に。それから16年後、世子となったユルに波乱の運命が待ち受ける。

今日の1曲は、CHENが歌う「桜恋歌」。

<歌詞の解説>

「こんなにも美しい月光だったのか 深まっていく夜
 隠れていた恋しさが顔を出す
 守れなかった約束が 星たちのように浮かぶ
 長い夜に吹いてくる風 あなたの息遣いのようで つらかった」
歌詞の最初では、ユルが過去を振り返る様子が表現されている。

※サビ「通り過ぎる風に 僕に降ってくる 桜の葉はあなたに似て
 こんなにも寂しげなんだ 刀に切られた傷よりも もっと深く痛む
 あなたを刻んだこの心」
サビでは、ユルのイソへの想いが感じられる。

「全てがうまくいかなかった 忘れてしまいたかった思い出たち
 より鮮明に輝いていた あなたと共に過ごした日々」
イソと過ごした日々を恋しく思う様子がわかる。

※サビのリピート

「ぼんやり曇った月光に 悲し気に揺れていたあなた」
ここから最後のサビへ盛り上がっていく。

「すべてのものを捨ててあなたにまた会えたら
 この胸にあなたを力いっぱい抱きしめ この言葉を伝えよう
 100日間のあの夢は どんな日々より美しかった 愛していたと」
CHENの美しい歌声で2人の運命の恋を歌い上げる。

歌手CHEN(本名:キム・ジョンデ)は男性アイドルグループ「EXO」のメンバー兼俳優。1992年生まれ。2012年にデビューしているが、これまでソロで他の歌手とのコラボ曲なども多い。2020年年始に交際女性の妊娠と共に結婚を発表。2022年には軍服務中に第二子が誕生。ドラマOSTでは、「大丈夫、愛だ」や「麗~花萌ゆる8人の皇子たち~」、「100日の郎君様」、「ブラームスが好きですか?」などヒットドラマの曲を多く歌っている。Punchとのコラボ曲が数曲ある。

<ネットユーザーの反応>

「この曲が頭から離れなかった」
「何回も聞きたくなる」
「サビの部分のメロディーがいい」
「CHENの歌唱力に脱帽」
「歌声がすてき」

「100日の郎君様」ではド・ギョンスとナム・ジヒョンの共演が大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。


「100日の郎君様」OST




Copyrights(C)wowkorea.jp 77