‘秋法相と尹検察総長の葛藤、災難支援金’、泥沼にはまった予算案…期限はあと3日=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
‘秋法相と尹検察総長の葛藤、災難支援金’、泥沼にはまった予算案…期限はあと3日=韓国
‘秋法相と尹検察総長の葛藤、災難支援金’、泥沼にはまった予算案…期限はあと3日=韓国

‘秋法相と尹検察総長の葛藤、災難支援金’、泥沼にはまった予算案…期限はあと3日=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の来年度予算案の国会処理時限が3日後に迫ったが、コロナの3次大流行による第3次災難支援金の編成、チュ・ミエ(秋美愛)法務部長官とユン・ソンニョル(尹錫悦)検察総長の葛藤による与野党の葛藤なども重なり、予算案の法廷期限内処理が難しくなった。

さらに、3次災難支援金の財源調達案を巡り、与党は本予算の純増を、野党は韓国版ニューディール予算の削減を主張して対立を見せ、劇的な合意案が見出されるか、依然として不透明な現状だ。

29日、政界によると、与野党が高位公職者犯罪捜査処(公捜処)などの核心懸案をめぐって対立している状態で、3次災難支援金問題も重なり、予算案が期限を越す可能性が出ている。

まず、与党と政府は、コロナの再拡散のため、来年度予算案が法定期限内に処理されれば、年末の執行準備などを経て、来年初めから財政執行が行われると見ている。

しかし、国会・予算決算特別委員会の与野党幹事は25日から、韓国版ニューディールなど、審査が保留されている事業を巡り、意見調整を始めたが、依然として細部事業の減額問題を巡っては接点を見出せずにいる。

与党では、3次災難支援金支給案を来年予算案の一部に含めることが重点的に論議されている。コロナ再拡散の直撃弾を受けている小商工人・自営業者など、社会的弱者層には4兆ウォン(約3702億1611万円)前後の災難支援金を支給する案が有力な状況だ。

既に野党が災難支援金予算として3兆6000億ウォン(約3331億9450万円)を提案したため、3兆6000億ウォンは与党が考える最小限の災難支援金規模だ。

与党は、今回の災難支援金支給については、国家財政の余力を考慮した実効的な支援に重点を置くべきだという考えだ。ただし、韓国版ニューディールが反映された来年度予算の減額は受け入れられないという点も明確にした。

与党は来月1日、2日、3日、9日に本会議を開くことにしているが、3次災難支援金支給のため純増が避けられない来年度予算案に‘秋美愛・尹錫悦ショック’まで加わり、与野党の戦線が複雑に展開している。

秋長官と尹総長の葛藤が激化し、年末の政局が凍りついたことで、来年度予算案処理にまで飛び火したのだ。

さらに、30日の法制司法委員会と情報委員会全体会議、来月2日の尹総長に対する懲戒委員会の結果が政局の分水嶺になるものと見られる。

特に、対共捜査権移管を盛り込んだ国情院法改正案に対して、共に民主党は30日、全体会議を改正案処理の最低ラインと公言している。

民主党関係者は電話取材に「法廷期限内に予算案通過という考えに変わりはない」とし「与野党が懸案に絡んでいるのは事実だが、予算案を担保にするような形が繰り返されてはならない」と述べた。
2020/11/29 13:02配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.