インフルエンザワクチン接種後に死亡した70代の死因は「心臓疾患による急死」=韓国仁川

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
インフルエンザワクチン接種後に死亡した70代の死因は「心臓疾患による急死」=韓国仁川
インフルエンザワクチン接種後に死亡した70代の死因は「心臓疾患による急死」=韓国仁川

インフルエンザワクチン接種後に死亡した70代の死因は「心臓疾患による急死」=韓国仁川(画像提供:wowkorea)

インチョン(仁川)でインフルエンザワクチンを接種して、2日後に死亡した70代男性の死因は「心臓疾患による急死」として確認された。

仁川ヨンス警察署は23日、Aさん(74)の解剖の結果、「虚血性心疾患による急死」という1次所見を国立科学捜査研究院から受け取ったと述べた。

警察は、「インフルエンザワクチンとの関連性の有無など、正確な死因を確認するため、国立科学捜査研究院が精密検査をしている」と述べた。

Aさんは、前日の午前6時8分頃、仁川市ヨンス区の自宅で遺体で発見された。

Aさんは20日、近所の病院で無料インフルエンザワクチンを接種して、その2日後に死亡した。

Aさんは、高血圧などの基礎疾患を患っていたことが分かった。

これに先立ち、仁川では16日、B君がインフルエンザワクチンを接種して、2日後に死亡した。仁川地域で確認された最初の事例だ。

B君は今月14日、民間の医療機関で、インフルエンザワクチンの接種を受けて、16日の午前に死亡した。

B君の死因は、ワクチン接種とは無関係なものと結論付けられた。
2020/10/23 21:08配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.