前ドイツ首相シュレーダー夫妻、「平和の少女像」撤去指示に抗議「反歴史的な決定」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
前ドイツ首相シュレーダー夫妻、「平和の少女像」撤去指示に抗議「反歴史的な決定」
前ドイツ首相シュレーダー夫妻、「平和の少女像」撤去指示に抗議「反歴史的な決定」

シュレーダー元ドイツ首相夫妻、少女像撤去指示に抗議「反歴史的な決定」(画像提供:wowkorea)

シュレーダー前ドイツ首相夫妻が「平和の少女像」撤去指示に協議し、ドイツ当局に決定を撤回するよう要請する手紙を送ったことがわかった。

 シュレーダー元ドイツ首相の夫人シュレーダー・キム(韓国名キム・ソヨン)氏は11日(現地時間)、Facebookでベルリン市ミッテ区のシュテファン・フォン・ダセル区長宛てに送った書簡を公開。

 シュレーダー夫妻は書簡で「区長の決定は、絶対に理解できない。それは、暴力の犠牲者として苦痛を受けた元慰安婦のおばあさんたちの痛みを見捨てる反歴史的決定」と批判した。

 また「日本政府が、このような残忍な戦争暴力の歴史を清算するどころか、むしろ沈黙するように圧迫することは歴史を忘却する処置」とし「ベルリン・ミッテ区長がドイツ外務省の指示を受けるものとみられる日本の圧力に屈しないことを願う」と強調。

 その上で「ドイツはナチスの歴史を清算し、世界中から尊敬されている」とし「ドイツ官庁は、日本の戦争犯罪隠ぺいに加担してはいけない。独立市民団体は、日本の戦争犯罪を公開的に知らせ、指摘している」と述べた。

 これを前に、ベルリン・ミッテ区庁は韓国系市民団体「Korean Verband」が少女像と共に過去の日本による「慰安婦強制動員」の事実を記したものを設置。しかし、当局に事前に知らせなかったという理由で去る7日設置許可を取り消し、14日までに撤去するよう命じた。

 一方、シュレーダー前ドイツ首相は在任中だった2017年9月、元慰安婦の居住施設「ナヌムの家」を訪問するなど、韓国の歴史問題に関心を示してきた。2018年には自分の通訳を務めていて恋人関係となった韓国人キム・ソヨン氏と5回目の結婚をした。
2020/10/12 13:26配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 最終更新:2020/10/12 14:11


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.