ホンソク(PENTAGON)、「火の鳥 2020」で演技の潜在能力を見せる、「絶望の扉が開いた」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
ホンソク(PENTAGON)、「火の鳥 2020」で演技の潜在能力を見せる、「絶望の扉が開いた」
ホンソク(PENTAGON)、「火の鳥 2020」で演技の潜在能力を見せる、「絶望の扉が開いた」(画像提供:wowkorea)

ホンソク(PENTAGON)、「火の鳥 2020」で演技の潜在能力を見せる、「絶望の扉が開いた」(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 グループ「PENTAGON」のメンバー、ホンソクがSBS「火の鳥 2020」で複雑な演技を見せた。

 今日(2日)午前放送されたSBS連続ドラマ「火の鳥 2020」72話で、シン・アジュン(ホンソク扮)は、ソ・ジョンミン(ソ・ハジュン扮)とイ・ジウン(ホン・スア扮)の間を邪魔した。

 劇中、シン・アジュンは、ソ・ジョンミンとイ・ジウンが会っているところを目撃。シン・アジュンはソ・ジョンミンが席を外すや否や、イ・ジウンに近づき、「終わった関係なら、余地を与えないで、ジョンミンさんの人生からさっぱり消えてほしい。」と警告をし、その場を離れた。

 シン・アジュンは心の中で「ソ・ジョンミン、イ・ジウン、もはや2人には絶望の扉が開いたんだ。」と、殺伐とした微笑みを浮かべ、緊張感を高めた。

 その後、シン・アジュンとソ・ジョンミンは会社で、イ・ジウンに会って挨拶を交わす。シン・アジュンはソ・ジョンミンのネクタイピンを見て、「Eres Tu(エレストゥ)?あなたのそばにだって?女性がくれたんだね。」と言い、「ジョンミンさんはきっちりしたのが似合うんだ。真面目な人だからね。」とイ・ジウンを見て言った。

 さらにシン・アジュンは、女性の肖像画と「Alley」と書かれたノートをテーブルに置いたまま席を離れる。これを見たイ・ジウンはシン・アジュンに「あんたがAlleyでしょ?今夜ちょっと時間作って。」と言った。

 放送の最後に流れた予告では、シン・アジュンがソ・ジョンミンに「ジョンミンさんと終わった女、俺が愛したらだめか?」と言い、本格的に始まる三角関係に期待が集まっている。

 特にシン・アジュン役を演じるホンソクは、ソ・ジョンミンを思う温かい心と復讐心が複雑に絡み合った、印象的な内面の演技を見せ、目を引いた。
2021/02/02 12:47配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 74


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.