「PRODUCE」シリーズ投票操作事件、最高裁へ=検察・制作陣共に上告

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「PRODUCE」シリーズ投票操作事件、最高裁へ=検察・制作陣共に上告
「PRODUCE」シリーズ投票操作事件、最高裁へ=検察・制作陣共に上告(画像提供:wowkorea)

「PRODUCE」シリーズ投票操作事件、最高裁へ=検察・制作陣共に上告(画像提供:wowkorea)

ガールズグループ「I.O.I」や「Wanna One」、「IZ*ONE」、「X1」などが誕生したMnetアイドル選抜オーディション番組「PRODUCE」シリーズの投票操作事件が最高裁判所に持ち込まれる。

 26日、ソウル高裁によると検察は去る25日、アン某PDとキム某CPにそれぞれ懲役2年、懲役1年8か月を言い渡した二審判決を不服として、上告状を提出した。アンPDとキムCPらの弁護人、一緒に起訴された芸能事務所の役職員2人の弁護人も同日、上告状を提出した。

 去る18日、ソウル高裁は「PRODUCE」シリーズの得票数を操作した容疑で裁判所にかけられたアンPDとキムCPの二審判決を言い渡し、アンPDとキムCPにそれぞれ一審同様の懲役2年と懲役1年8か月の実刑を言い渡した。

 先立って昨年7月19日に放送終了した「PRODUCE X 101」は視聴者投票(オンラインおよび生放送のリアルタイム有料メール投票)の結果を発表する放送中に、各順位の得票数が特定数の倍数であることがわかり、操作疑惑が浮上した。

 ソウル中央地検は昨年12月、Mnet所属のアンPDとキムCPを業務妨害及び詐欺容疑などで拘束状態で起訴しており、ソウル中央地裁は昨年12月と今年1月、2回の公判準備期日を経て、今年2月から数回にわたる公判をそれぞれ行った。制作陣はシーズン1~4デビュー組の選定を操作した疑いがもたれている。しかし、これまで公判で被告人らは接待があったのは事実だが、不正な請託はなかったと主張してきた。

 ことし5月29日に行われた一審判決で裁判所はキムCPに懲役1年8か月、アンPDに懲役2年の実刑を言い渡した。芸能事務所の関係者らには罰金刑が言い渡された。

 その後、アンPDと検察がそれぞれ控訴したため、控訴審が進められてきた。その後二審判決でアンPDとキムCPについては一審判決が維持された。またイ某補助PDは1000万ウォン(約94万円)の罰金刑を、芸能事務所の役職員5人は一審の罰金刑より重い懲役8か月に執行猶予2年をそれぞれ言い渡された。

2020/11/26 12:50配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 2


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.