【全文】BigHitエンタ、「防弾少年団」の収益配分問題を報じたJTBCを実名で非難

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【全文】BigHitエンタ、「防弾少年団」の収益配分問題を報じたJTBCを実名で非難
【全文】BigHitエンタ、「防弾少年団」の収益配分問題を報じたJTBCを実名で非難

【全文】BigHitエンタ、「防弾少年団」の収益配分問題を報じたJTBCを実名で非難 (画像提供:news1)

 韓国アイドルグループ「防弾少年団」の所属事務所BigHitエンターテインメントが、収益配分問題を報じた放送局「JTBC」の報道を実名で非難した。
以下、直訳。

こんにちは、BigHitエンターテインメントです。

昨日(12月9日)午後8時、JTBC「ニュースルーム」でチェ・○○記者とイ・○○記者が報道した「韓流で変化したと思ったが...後を絶たない所属事務所の紛争、なぜ?」と関連して、当社の立場を明らかにします。
本立場は、当社をはじめ防弾少年団、防弾少年団の両親とも共通した意見です。

個別事案に対する立場を明らかにする前、当社と防弾少年団と両親はJTBCがどのような意図でこの内容を報道したのか、問わざるを得ません。

午後、JTBCイム・○○記者の取材要請に答えたように、今回の報道は「事実無根」です。
現在、防弾少年団と両親は、当社に対して訴訟を含み、如何なる法的措置も考慮していません。

記事で取り上げられた当社と防弾少年団との「利益配分の問題」が何を意味するのか明確ではありませんが、現在当社と防弾少年団は、専属契約に影響を与えない、いくつかの問題について協議中です。

もし、この事案を拡大して紛争が生じたかのように報道したならば、これは問題の前後関係から合っていません。

今回の報道に対して、個別に以下のような立場を明らかにします。

1.「防弾少年団が当社との収益配分の問題で江南(カンナム)の大手法律事務所に法律諮問を求めて、当社を相手に法的対応を検討している」との報道について

事実ではありません。

当社は、該当の報道後、防弾少年団のメンバーと両親と確認を進めており、防弾少年団の保護者の方が2か月前に、江北(カンブク)の法律事務所に専属契約の一部事案(映像コンテンツ事業関連の内容)に対して、法的内容を問い合わせたことがあると確認されました。

当時、この問い合わせは、実質的な依頼につながらず、その法律事務所も正式諮問をしていないことを確認しました。

以降、当社と防弾少年団は、この事案について議論を進め、この事案により紛争が発生したかのように報道した内容は、事実ではありません。

特に、当時の問い合わせについては、当社と防弾少年団が進行する多数の事業のうち、一部に該当するもので、万が一、事案に問題が発生しても専属契約に影響を与えることができないレベルの契約上の細部条項に過ぎません。

つまり、報道内容のように、当社と防弾少年団が、特定の事案について協議がうまく行われず、法的措置を取ろうとするものではなく、法的な問い合わせを進めた後、当社と協議をしている状況です。

JTBCはこれに対して、前後関係を変えて報道をしました。

ちなみに当社は、以前より防弾少年団と両親に財務、精算、法律などに関連して、会計士、弁護士などの外部諮問を積極的に活用することを勧めています。

防弾少年団が創出する価値が日々増大する中で、防弾少年団がチームとして、あるいはメンバー個人として、外部から専門的な意見を聞くことは当然であると判断しているからです。

同時に、当社は防弾少年団との重要なパートナー関係として相互に意見の相違がいつでも発生する可能性があるという事実を認識しており、事案の軽重にかかわらず、積極的な協議を通じて、すべての問題を解決しています。

したがって、いくつかの制限的な事案により防弾少年団とご両親が当社との法的対応を検討しているとの内容は事実でもなく、なぜこのように拡大して報道したのか問わざるを得ません。

2.「防弾少年団は、昨年、再契約を控えて収益配分の問題で当社と葛藤があり、当社との立場の違いを埋めることができず、法律の検討に乗り出した」という報道について

事実ではありません。

防弾少年団は、現在の収益配分を含む専属契約について「訴訟」などの法的対応の意思が全くありません。

専属契約と関連して「立場の違い」、「葛藤」など否定的な表現で、まるで防弾少年団が当社との”深刻な紛争”があるかのように捻じ曲げて、さらに葛藤を助長するように報じられた点について、強く遺憾を表します。

昨年締結された再契約についても、当社と防弾少年団は、お互いを対等なパートナーとして認めて臨んだ事があります。

防弾少年団が創出する価値が天文学的に増えるにつれ、再契約を締結する過程が簡単でないと相互の認識の下、当社と防弾少年団は、再契約に関連して、長い時間の議論の末、業界で最も模範的な再契約を導き出しました。

3.連携報道と取材活動上の問題点について

当社に対する報道の直後に続いた「韓流で変化したと思ったが...後を絶たない所属事務所の紛争、なぜ?」の報道を通じ、当社とは全く関係のない、いくつかのエンターテインメント会社の事件を報じながら、当社にも問題があるように報道したことに対し、深い遺憾を表明いたします。

JTBCは、当社の関連報道で、事実可否を正しく確認しないまま、刺激的に拡大して報道し、当社と関連のない事件と関連たことだけでは足りず、取材の過程でも、ジャーナリズムの原則を強調する報道機関であるのかも不審なレベルの取材行動を示しました。

事前の協議なしに当初を訪ね、背景の説明なしに、事案に対する一方的な質疑をしたものの、それも足りなかったから、出入証がないと出入りが許可されない当社内に侵入し、社内を撮影して報道映像に使用しました。

これらの取材に問題があると自ら判断したのか、こっそり撮影した内容は、(テレビでは)削除された後、オンラインでのみ公開するという行動をとりました。

当社は、JTBCが初報道に使用した映像はもちろん、撮影記者が当社に無断侵入する場面を撮影した防犯カメラ映像を確保しています。

言論の自由は保障されるべきですが、マスコミもそれに合わせて原則に基づいて取材をしなければならないというのが、当社の立場であり、そのような面でJTBCの報道姿勢については、当社が別途、問題提起する予定です。

今回の報道のJTBCの意図が何であろうと、その内容は事実ではなく、JTBCは、一部の内容を拡大して、まるで事実であるかのように報じ、当社と関連のない事案と関連付けるなど、当社と防弾少年団に被害をもたらしました。

当社は、JTBCによる今回の報道が最小限の原則も準用していない問題のある報道だと判断し、これらに対するJTBCの誠意ある謝罪と回答を要求します。

ありがとうございます。

BigHitエンターテインメント拝
2019/12/10 10:25配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 最終更新:2019/12/10 16:51


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.