アン・ジェファン死亡のミステリー… 再び浮上した謎

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
アン・ジェファン死亡のミステリー… 再び浮上した謎
タレント、チョン・ソニの“社債業者の脅迫”発言に続き、故アン・ジェファンの債権者として知られているウォン某氏(70)が他殺の可能性を示唆した。

この世を去って約1か月が過ぎたアン・ジェファンだが、疑惑は深まるばかりだ。
アン・ジェファンの死亡事件を担当しているソウル蘆原警察署は16日<スポーツ東亜>とのインタビューで「現在の捜査は社債ではなく、アン・ジェファンの死因究明だ」と捜査内容を明らかにした。

警察関係者は「(記事を読んで)具体的な細部内容はわかった。現在、ウォン氏などと連絡を取りながら、債権者たちに関する情報とアン・ジェファンがお金を借りた日時、金額、アン・ジェファンと最後に会った日などを捜査中だ」と述べた。

続いて警察は「しかし、今回の事件は“アン・ジェファンの債務関係”ではなく、アン・ジェファンの死亡に(社債が)影響していたのか調べるため、関係者を対象に捜査を進めてしる。社債は極めて個人的なことであるため、捜査には限界がある」と語った。
また「ただ、側近から脅迫や拉致などの新たな証言が出ているため、死因と関連しているのか捜査しているのは事実だ」と明らかにした。特に、最近になって浮上している他殺の可能性に関しては「その部分(他殺であるという証言)も考慮して捜査している」と述べるに留まった。

チョン・ソニは先日、週刊誌とのインタビューで「社債業者から脅迫を受けた」と発言して波紋が広がっていた。追加陳述のために警察署を訪れた際、社債と関連した脅迫、及び拉致の可否については取り上げなかったと伝えられていたが、既存の主張を覆すことにもなるため、チョン・ソニの“社債業者の脅迫”という発言には注目が集まっている。

また16日には、アン・ジェファンの債権者といわれているウォン某氏が、ある総合日刊紙とのインタビューで「アン・ジェファンは数億円のために死ぬような人間ではない。状況を考えると、2日間拉致したという事実を隠すために殺害したのはないか」と他殺の可能性を挙げ、再び事件に関する疑惑を投げかけた。
2008/10/19 09:55配信  Copyrights(C)sports donga & etimes Syndicate & wowkorea.jp 最終更新:2008/10/20 09:40


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.