【公演レポ】3年ぶりに「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS @TOKYO」開催…「NCT」の圧巻のステージに東京ドームが揺れた!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【公演レポ】3年ぶりに「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS @TOKYO」開催…「NCT」の圧巻のステージに東京ドームが揺れた!
【公演レポ】3年ぶりに「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS @TOKYO」開催…「NCT」の圧巻のステージに東京ドームが揺れた!

キュヒョン(SUPER JUNIOR)&チャンミン(東方神起)ミンホ(SHINee)がAdoの「阿修羅ちゃん」を歌いながらコミカルな動きを見せて会場を熱気と笑いに包んだ(画像提供:wowkorea)

BoA、「東方神起」、「SUPER JUNIOR」、「NCT」、「aespa」らSMエンターテインメント所属アーティストが一堂に会するビッグイベント「SMTOWN LIVE 2022:SMCU EXPRESS @TOKYO」が、8月27~29日の3日間にわたり東京ドームで開催され、のべ15万人の観客が来場した。

SMTOWN LIVEは2008年から世界の主要都市で開催され、日本での公演は2011年から始まり今回で10回目。コロナ禍の影響もあり2019年の開催から約3年ぶりのオフライン公演となった。久しぶりのオフライン公演ともあり、当初予定されていた27日と28日の両日公演は全席完売。29日の追加公演が決定し、3日間開催されることになった。本記事では、最終日の29日の公演をレポートする。

ライブ本編前には、SMエンターテインメントレーベルScream Records所属のRAIDENとGINZO、「少女時代」のヒョヨンことHYOのDJタイムが行われ、会場はすでに熱気で満ち溢れていた。
会場があたたまったところで、いよいよライブがスタート。現実世界と仮想世界の境界を超え、全世界を繋げるという列車“SMCU EXPRESS”がメインステージに到着、会場の緊張感も一気に高まった。そして列車の先端が開いていくと、車内の様子が徐々に見え始めた。


●「aespa」、強烈なサウンド・カリスマ性溢れるパフォーマンスでファンを魅了!
SMTOWN LIVEのオープニングを飾ったのは、4人組ガールズグループ「aespa」。1曲目は重くどっしりとしたビートと鋭く響くシンセサウンドが印象的な曲「Black Mamba」。ポイントとなる開脚ダンスや頭を振り回すダイナミックな振付で圧倒的なカリスマ性を放った。

1曲目を終えると、パフォーマンスの時のカリスマ性溢れる表情とは違った、あどけない表情を浮かべて明るくあいさつ。1人ずつ大型ビジョンに映し出されると、その可愛さに会場中が沸いていた。続いて、エネルギッシュな重低音ビートが会場に響くと、世の中を混乱に陥れた“Black Mamba”を探すためにKWANGYAに旅立つ世界観を描いた曲「Next Level」のステージへ。腕の振付がハングルの“ディグッ”の形をしていることから名付けられた“ディグッダンス”も見どころだ。グルーヴ感のあるラップと力強い歌声でより一層パワフルな魅力を見せた。


●「NCT」、会場が揺れるほどの熱狂の渦!
活動グループ、メンバーの数に制限のない「NCT」のステージは、会場が揺れるほどの盛り上がりを見せた。

「WayV」
まずは中華圏を中心に活動する「WayV」。メンバーのクンとテンは2018年の大阪で行われたSMTOWN LIVEに参加したことがあったが、「WayV」として日本のSMTOWNに参加するのは今回が初めて。センターステージにメンバーが登場すると、客席からは思わず悲鳴が。「Kick Back(Korean version)」は、重々しいベースラインにフィンガースナップやハンドクラップサウンドといったノリ感のあるエッセンスが加わった中毒的なサウンドが印象的。落ち着いたトーンのフロウとエネルギッシュなボーカル、「Kick Back」と繰り返すフレーズが耳から離れなくなり、聴く者を陶酔の中へと誘う。メンバー1人ひとりがビジョンに抜かれる度に悲鳴の嵐が巻き起こった。歌い終わると、日本語で「皆さんに会えて嬉しいです」(クン)、「これからもたくさん皆さんに会いたいです」(テン)と再会を願うと、ファンも大きな拍手で応えていた。

「NCT DREAM」
「WayV」のステージの余韻に浸るまもなく、センターステージ近くの席から歓喜の悲鳴が漏れると、「NCT DREAM」が登場。日本初披露となる「Beatbox」では、明るく軽快なビートに観客も自然と体を動かし、メンバーの笑顔につられてファンも笑顔に。MCでマークは「SMC EXPRESSに乗って東京ドームにやってきました。今日は最終日ですね」と残念がりながらも、「最終日で寂しいけど最後まで楽しんでください」と投げかけ、続く「Hot Sauce」でさらなる盛り上がりを見せる。アフロビートのノリの良さと呪文を唱えるようなサウンドはまさに“ホットソース”のように刺激的で一度味わうと抜け出せなくなる。ビートに合わせて鳴る観客のクラップもさらに大きくなっていた。

「NCT 127」
「NCT 127」のステージで最初に披露した曲は「gimme gimme」。重みのあるビートが耳を奪うと、メンバーのダークでセクシーな魅力を放出。クールで色気のある眼差しのメンバーがビジョンに映る度に、会場が揺れるほどの盛り上がりを見せた。続いて、笛の独特な響きが印象的な「Sticker」は、強烈なベースラインにグルーヴ感のあるボーカルが魅力のヒップホップ・ダンスナンバー。ステッカーがくっつくような手の動きのポイントダンスもインパクト大。MCではユウタが「韓国で11か月ぶりに4枚目のアルバムがリリースされます。そちらも楽しみにしていてください」と告知し、新曲への期待感を高めた。

「NCT」のショウタロウ、ソンチャン、「SMROOKIES」のウンソク、スンハン、ショウヘイは、「Dream Routine」のダンスを披露。中でもショウタロウとソンチャンは、対照的な魅力を炸裂。ショウタロウがセンターに来ると、そこでキュートにウィンク、ソンチャンはセクシーバージョンでウィンクをして、エネルギッシュなダンスの中でも余裕のあるファンサービスを見せて会場を盛り上げた。

ドヨン、ジョンウ、マーク、シャオジュン、ジェノ、ヘチャン、ジェミン、ヤンヤン、ショウタロウが参加した「Universe(Let’s Play Ball)」では、エネルギッシュでパワフルなダンスパフォーマンスを見せ、「NCT」メンバー全員が参加した「RESONANCE」では、メンバーがめまぐるしく入れ替わりながらも、1人ひとりの魅力が伝わるような熱いパフォーマンスを見せてくれた。

この日一番に会場が大きく揺れたのは、テヨン&テンの「Baby Don’t Stop」のステージ。開演前からシズニ(ファンの呼称)の間で「本当に披露してくれるの?」と話題となっていた曲でもあったため、暗転のうちから2人の姿を確認したファンが歓喜の悲鳴を上げ、その悲鳴は大きさを増していった。この曲は中毒性のあるドラムとベースリフ、囁くように「Baby Don’t Stop」と繰り返すフレーズが印象的。2人がメインステージからセンターまで軽やかなステップで進んでいくと、途中で2人が向かい合ってテンがテヨンの顎に触れるような仕草をして、そのシーンに会場は大揺れ! 会場の熱気は一気に上昇した。2人のステージが終わっても、しばらくの間余韻に浸っているシズニも多かったはず。


●「Red Velvet」、エレガントでエネルギッシュなステージに心酔
ワインレッドの照明で会場が照らされると、「Red Velvet」がセンターステージに登場。ことしの4月にリリースした日本1stアルバム『Bloom』のリード曲「WILDSIDE」を全世界初披露した。歌詞にある「求める場所に到達するためにあきらめない自分を応援する」というメッセージをクールで魅惑的にパフォーマンスし、強い眼差しとセクシーな表情で会場を沸かした。アイリーンは「3年ぶりの開催になりましたが、恋しかったです」とReveluv(ファンの呼称)に会えなかった寂しさを伝え、ウェンディは「皆さんの応援がとっても大きな力となっています」と感謝の気持ちを伝えた。

公演後半では幻想的で不思議な世界観に惹き込まれる「Feel My Rhythm」も披露。優雅なストリングスサウンドに緊張感のあるトラップビート、柔らかな質感の歌声が調和し、聴く者を幻想的な世界へ誘った。


●次は完全体で会いたい!
「東方神起」、「少女時代」、「SHINee」、「EXO」はソロステージで魅力を発散!

「東方神起」チャンミン
ユンホはコロナウイルスに感染してしまい、今回のSMTOWN LIVEには参加できず…。その分、チャンミンが情熱をもって、表情豊かにパフォーマンスしてくれた。チャンミンが披露したソロ曲1曲目は「Devil」。チャンミンの低めで色気のある歌声と、サビから後半に向けて感情を爆発させるようなパワフルな歌声も魅力的。続く「Fever」では力強い高音ボイスを堪能できるポップダンスナンバー。チャンミンの圧倒的な歌唱力を見せつけた。MCでチャンミンは「次回は東方神起として皆さんに会えるようにしたいです」と伝え、今回出席できなかったユンホと共に帰ってくることを約束した。


「少女時代」
テヨンは「INVU」を披露。柔らかく幻想的なシンセサウンドと神秘的な音色のフルートのメロディーが幻想的な世界へ導き、儚くも凜々しい歌声を響かせた。続いてヒョヨンは、今年5月にリリースした最新曲「DEEP」。エレクトロサウンドと耳に残るクラップサウンドが調和したEDMナンバーで、「Deep」と繰り返すフレーズもクセになる。

ヒョヨンのステージが終わると、テヨンもステージへ上がり、1人ずつあいさつ。ヒョヨンは「東京ドームで公演ができると聞いたとき本当にうれしかったです。ここに来られなかったメンバーにもちゃんと伝えますので、応援よろしくお願いします」と伝えた。


「SHINee」
オンユのソロステージでは、「DICE」を披露。リズミカルなギターサウンドと清涼感のあるシンセサウンドが心地よいポップナンバーで、観客もリズムに合わせてクラップしてノリノリ。オンユは眩しいほどの笑顔を見せ、瑞々しい歌声を会場に響かせた。
ミンホは、自分との関係を軽く考える恋人から受ける心の痛みを表現した曲「Heartbreak」を披露。メインステージから花道を歩く姿、力強い眼差し、落ち着いたトーンの歌声で会場中を虜に。
KEYは、力強さと切なさを感じるエネルギッシュな歌声が印象的な「BAD LOVE」。パワフルなビートに合わせて観客のクラップも強く響き渡った。

3人がステージに揃うと、「こんばんは、輝くSHINeeです」とあいさつ。1人ずつあいさつしていくとKEYは「SHINeeの末っ子、KEYです」と、とテミンがいないのをいいことに、しれっと末っ子に。「一回くらいは年下になりたくて…」とぼそっと答えて、会場を笑わせた。お知らせの時間でKEYはソロアルバム『Gasoline』が発売されること、オンユは日本全国ツアーのお知らせをした。そしてミンホの番に。どんなお知らせがあるのか会場中がミンホに注目すると、「ゴルフ…」と答えて会場を笑いの渦へと巻き込んだ。最後にKEYは、「SHINeeもできれば来年くらいにはここで歌えることができればと思います。最後まで応援よろしくお願いします」と伝え、ファンの期待を高まらせた。


「EXO」
美しく繊細なピアノの音色が会場に響くと、チェンが列車に乗ってゆっくりと登場。EXOとしてデビュー後に初めて発表したソロアルバムのリード曲「Beautiful goodbye」を、切なくも甘い歌声で歌い上げた。彼のヒーリングボイスに聴き入っていたファンは、曲が終わると大きな拍手を送っていた。
スホは、「お久しぶりですね!」と言って登場。ことし4月にリリースした2ndミニアルバム収録曲の「Hurdle」を披露した。曲の途中、何かを探す仕草をしてジャケットの内側で手が止まると、そこから取り出したのはギャルピース。さらに、走る気満々でクラウチングスタートの姿勢をして、ポーンという合図でメインステージからセンターステージまでを走るなど、楽しい演出で会場を笑顔にした。
カイは白のキャップに薄ピンクと白を基調とした衣装で登場し「Peaches」を披露。神秘的で浮遊感のあるメロディーに乗せて、甘い歌声を響かせ、セクシーさとキレのあるダンスパフォーマンスで会場を魅了した。

「EXO」4人目のステージはシウミン。貴公子のような衣装で登場した彼は日本語曲「Shake」を披露。緊張感漂うストリングスサウンドとドラマチックなサウンドに乗せて、伸びやかでパワフルな歌声を響かせた。

メンバーが揃うとスホは、「EXOの完全体で戻ってくるまで少し待っていてください。今日一緒に来られなかったメンバーも皆さんに会いたがっていたことをお伝えしたいです」とグループとしての再会を約束した。



●「SUPER JUNIOR」、エネルギーは無限大?!  エネルギーほとばしるステージに会場はノリノリ
ノイジーなロックサウンドが会場に響き渡ると、最初に披露したのは「Sorry, Sorry(Korean version)+Bonamana(Korean version)」。センターステージに円になったメンバーが拳を突き上げながら「Hey!」と叫んで気合いを入れる。「sorry sorry」と歌いながら手を重ねる振付は誰もが真似したくなるポイントだ。メンバーはセンターステージからメインステージに走って移動し、激しいロックサウンドに乗せて「Put your hands up!」と煽りながら会場をさらに盛り上げる。イトゥクの力強くセクシーな眼差しがビジョンに映し出される度に、会場は熱狂的な反応を見せていた。「☆BAMBINA☆」ではトロッコにも乗ってステージを隅々まで走り回って楽しむメンバーたち。この曲のポイントダンスの胸を2回叩いて手を上に上げる振付では観客も一緒になって踊り、会場を最高潮に盛り上げた。


●KANGTA、SMを支えるレジェンドのステージ
KANGTA(カンタ)は9月7日に韓国で17年ぶりにリリースするフルアルバムのリード曲「Eyes On You」を披露。美しく伸びやかな高音ボイスを会場に響かせ、余裕のある大人のセクシーさがにじみ出たパフォーマンスでファンを魅了した。カンタは、「久しぶりに新曲をみなさんに聴いてもらうことができて本当に気分が良いです」と満足げな表情を浮かべ、ステージを後にした。


●BoA
BoAは日本デビュー20周年アルバム記念アルバムの「The Greatest」では、クール&セクシーにパフォーマンス。余裕のある表情や肩を揺らすポイントダンスも魅惑的で、会場がグイグイ惹き込まれていく。韓国デビュー20周年記念アルバムからは「Better」を披露した。会場は溢れ出すグルーヴの波に包まれ、観客の体も自然と揺れだす。MCでBoAは、「SMTOWN LIVEが始まってから結構長い間続いていますが、日本デビュー20周年と言われた時に、すごく長い間皆さんに愛されているのだなと思ってすごく幸せだなと思いました。これからもSMTOWNの皆さんとともにこれからもずっと音楽と良いパフォーマンスを皆さんにお届けできるよう頑張りますのでこれからもよろしくお願いします」とコメントし、会場から大きな拍手が送られた。


●SMTOWNならではのスペシャルユニット
「SHINee」のオンユは「aespa」ニンニンをフィーチャリングに迎えて「Way」を披露。透明感のあるオンユの声と瑞々しく響き渡るニンニンの声が重なり、優しくて力強いハーモニーを会場中に響かせた。

「東方神起」のチャンミン、「SUPER JUNIOR」のキュヒョン、「SHINee」のミンホは、Adoの「阿修羅ちゃん」を歌い、コミカルな動きをする場面も。会場は熱気と笑いに包まれていた。
3人の先輩方のステージとは一変。SM Rap Unitの「NCT」テヨン、ジェノ、ヘンドリー、ヤンヤン、「aespa」ジゼルは「ZOO」を披露。この曲は、アグレッシブなラップに独特なシンセサウンド、タイトなビートがカッコいいヒップホップナンバー。「Just like a ZOO」と繰り返すフレーズが耳に残り、5人それぞれの力強い魅力が引き立っていた。

DJタイムでも参加していたRAIDENは、「NCT」シャオジュンとソンチャンをフィーチャリングに迎えて「Golden」を披露。軽やかな口笛とファンキーなギターサウンド、シャオジュンの甘い歌声とソンチャンの心地よいフロウに会場中が酔いしれた。

そして、K-POP最強とも言われるアーティストが揃ったガールズユニット「GOT the beat」 のステージでも、会場からは思わず歓声が漏れてしまう。BoA、「少女時代」テヨン&ヒョヨン、「Red Velvet」スルギ&ウェンディ、「aespa」カリナ&ウィンターの7名がメインステージに並んで登場し、圧倒的なパフォーマンスで「Step Back」を披露した。


公演の終盤には「SHINee」のKEYが8月30日リリースの最新曲「Gasoline」を披露。ゴールドに輝く衣装で登場し、華やかで壮大なブラスサウンドが響く中、ダイナミックなダンスで会場を熱くした。熱いステージは続き、「NCT DREAM」は「Scratch that bring it back Shook Shook Ha」と始まるイントロがクセになる「Glitch Mode」、aespaは自信溢れるボーカルとラップ、強烈なギターサウンドが魅力の「Girls」、「WayV」は「gimme that nectar」と繰返すフックが印象的な「Nectar」、「NCT127」はブルース・リーのように強さをアピールした「Kick It」、「SUPER JUNIOR」はロック調になった「Black Suit」などの人気曲を次々と畳みかけ、ラストはSMTOWNの代表曲「Hope from KWANGYA」を出演者全員で披露した。出演者たちは、トロッコに乗って客席をまわったり、花道を駆け巡ったり、先輩と後輩が肩を組んで歌ったりと、普段見ることのできないような姿を見せ、最後までファンを楽しませた。

2022年9月15日16時51分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公演レポ】「VICTON」、「2022 VICTON SPECI...

【公演レポ】「VICTON」、「2022 VICTON SPECI...
6人組ボーイズグループ「VICTON」が12月18日千葉県・森のホールにて「2022 VICTON SPECIAL LIVE IN JAPAN“Chronicle”」を開催した。 「V...

【イベントレポ】「Highlight」、熱き戦いを制したのは一体誰...

【イベントレポ】「Highlight」、熱き戦いを制したのは一体誰...
昨年10月にデビュー13周年を迎えた「Highlight」。メンバー全員がドラマや映画、ラジオ、司会業など幅広い分野で活躍しており、昨年11月にリリースしたミニアルバム「AFTER SUNS...

【インタビュー】シン・ウォンホ、「新しい気持ちでスタート! ずっと...

【インタビュー】シン・ウォンホ、「新しい気持ちでスタート! ずっと...
俳優兼歌手のシン・ウォンホが、1月28日に除隊後初のファンミーティング“SHIN WONHO 1ST FANMEETING「START OVER AGAIN」”を開催することを発表した。今回...

【イベントレポ】俳優ロモン、初のファンミーティングを開催…「俺につ...

【イベントレポ】俳優ロモン、初のファンミーティングを開催…「俺につ...
2023年1月13日(金)神奈川県・KT Zepp Yokohamaにて、ドラマ「今、私たちの学校は…」や「代理リベンジ」で注目を集めている若手俳優ロモンの自身初となる来日ファンミーティング...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。