【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも
【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも

【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも(画像提供:wowkorea)

韓国ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」リーダーのRMがことし5月、ARMY(=「BTS」のファン)のためのオフィシャルコミュニティ「Weverse」に、とあるエッセイ集を撮影した2枚の写真をコメントなしでシェア。そのエッセイ集は韓国大手書店の教保文庫での週間販売数が250倍に激増し、たちまち完売に。11月には日本でも『それぞれのうしろ姿』(アン・ギュチョル著、桑畑優香訳、&books/辰巳出版)というタイトルで翻訳出版された。

著者は韓国の現代美術家で、インスタレーションも多く手がけるアン・ギュチョルさん。普段の生活の中では見過ごされがちな“事物のうしろ姿”に着目し、読者の思考を解きほぐすと同時に、前向きな気づきを与えてくれる内容となっている。日本語版出版を記念して、アン・ギュチョル氏のインタビューをお届け。RMとの交流についての知られざるエピソードを語ってくれた。


Q.本書は韓国の文芸誌『現代文学』でアンさんが長年連載されたうち、67のエッセイとイラストを厳選してまとめられていますが、このテーマに連載を始めた経緯を教えていただけませんか。

アン・ギュチョルさん(以下アン):『現代文学』で連載を始めてから、もう約20年になります。『それぞれのうしろ姿』は、連載をまとめた3冊目の本です。文筆家ではなく美術家である私が文芸誌に連載をもつのは異例であり、最初にオファーを受けた時には、文学を掲載するための大切な誌面を無駄遣いしてしまうのではないかと、しばらく悩みました。今もプレッシャーを感じています。それにもかかわらずこうしてずっと寄稿しているのは、『現代文学』の格別な配慮のおかげです。興味深い視点の文章が浮かばず締め切りに間に合いそうにない時でも待ってくれ、自信がない時には上手に励ましてくれたヤン・ソクジン主幹の力はとても大きかったと思います。エッセイのテーマは、美術家である私の仕事と深く結びついています。私の制作活動は、日常の平凡なモノを観察し、心に浮かぶ断片的な考えや文章をスケッチとして記録することから始まるため、本書に掲載されているエッセイとスケッチには創作の過程がそのまま映し出されています。昨年定年退職した私にとって『それぞれのうしろ姿』は、これまでやってきたことを振り返る意味が込められた本です。

Q.ページをめくると、まずスケッチが目に飛び込んできて、スケッチとの関連性と考えながら文章を読んでいます。本書の中でアンさんが一番好きなイラストや文章は?

アン:エッセイ「昨日降った雨」と、表紙にも載せているスケッチ「ゆるやかな時間」が一番気に入っています。このエッセイに込めた思いが原点となって「ゆるやかな時間」を描き、作品を2017年に開いた個展で展示するに至りました。だから、特別な思いがあるのです。「BTS」のRMがページをシェアした「植物の時間」も時々読み返しています。もともとある年の年末に新年の誓いを綴った文章だったのですが、最近コロナ禍で心が折れそうになっている人たちに小さな癒しを与えたのだと思います。

Q.三人称単数について、本書原文では「クニョ」(=彼女)は一度も使われておらず、すべて「ク」(彼/その人)に統一されています。あえて統一されていることへの意図を教えてください。

アン:あまり意識しておらず、特に意図や理由はありません。わたしの文章に女性はほとんど登場しないのですが(そういえば、男性もほとんど登場しませんね)、三人称の人物を指す際に性別が重要でない時は、習慣的に「その人」を使ってきた気がします。

●RMがシェアした「植物の時間」が、心が折れそうになっている人たちに癒しを与えた●

Q.本書はRMの投稿によって、日本に紹介され私たちは本書の存在を知り、内容にひかれて本書を日本で刊行させていただきたいと考えました。それはまるで本書に掲載された「風になる方法」の種を運ぶ風の役目をRMが果たしたように思えます。まさに「書物」も静物ではないようです。種に対する「風」が果たす役割は、文化、芸術におけるその紹介者として活動しているBTSの姿とも重なります。このことをどう感じられたでしょうか。

アン:まったく予想外のことでした。5月に釜山国際ギャラリーで開いた個展に、RMが来ました。意外にもRMが私に本をさし出しサインをしてほしいと言うので、何気なくサインをしたんです。すっかり忘れていた数週間後、出版社に本の注文が殺到していると聞きました。本書の最後のエッセイ「はがき」で、自分の文章を「宛先のないガラス瓶に入った手紙」に例えましたが、突然多くの読者から注目を浴びるようになったのが信じられません。私が書いた文章の数々が見知らぬ遠くの誰かに共感と癒しを与えるのは、著者としてこの上ない喜びであり幸運です。読者の中には、私の文章から得た小さな種から生まれた新しい木を育てる方もいるかもしれません。それと同じように、私も誰かから得た種で、この文章を育んだのです。RMには感謝のあいさつもまだできていませんが、多忙なRMさんが、文化芸術の真摯な仲介者として自分の時間を割くのは、本当にすごいことだと思います。

Q.RMがアンさんの絵やエッセイを読まれたことについて、どのように感じましたか?

アン:私は美術館の観客と「BTS」のファンは、根本的に違いはないと思っています。使っているメディアやストーリーを伝える手法は異なりますが、私も「BTS」も現代の社会と暮らしを語るという点では同じです。それにもかかわらず、いわゆるポップカルチャーと芸術の間には、見えない境界線がずっと昔から存在しています。私が美術館やギャラリーで出会う観客は、「BTS」を愛する世界中のファンに比べれば、ごく少数に過ぎません。『それぞれのうしろ姿』も限られた人だけが手に取るのだろうと思っていました。ところが、RMが読んで「植物の時間」を「BTS」のファンに紹介したために世界中のARMYが私の文章を読むという、驚くべきことが起きたのです。漠然と距離があった隣人に、思いもよらない招待状をいただいたような気分です。

Q.BTSの楽曲はお聞きになりますか?彼らの楽曲には必ず背景があるようですが、その解釈については受け手側に委ねられており、アンさんの御著書に通じるものがあるように思っています。その点について、お気づきのことがあれば教えてください。

アン:正直に申し上げると、ビートが速い「BTS」の音楽についていくのは、たやすいことではありません。70年代の洋楽に親しんだ世代の限界と言えるでしょう。それでも、メロディーとリズム、華やかなミュージックビデオやパフォーマンス、そして詩的な歌詞の意味を考えながら、自分なりに楽しんでいます。「BTS」の音楽には、特定の世代だけでなくすべての人に響く普遍性があると感じます。今という時代に対して意味のある問いを投げかけ、正解を導くのではなく解釈の可能性を開いておく。これは私が美術や執筆をするうえで大切にしていることですが、「BTS」も同じ点をはっきり意識していると思います。

●コロナ禍が明けたら行きたい!アン・ギュチョルさんオススメのソウルの美術館●

Q.コロナウィルスの感染状況が落ち着いてくれば、また日韓の人的交流も盛んになり多くの日本人が韓国を訪れることになると思います。オススメの美術館、作品を教えてください。

アン:国立現代美術館ソウル館、ソウル市立美術館、アートソンジェセンター、サムスン美術館Leeum、これらはすべてソウルの都心にある代表的な美術館で、常に注目に値する展示を行っています。また、国立現代美術館ソウル館の周りには国際ギャラリー、ギャラリー現代のようなメジャーなギャラリーが集まっていて、いつ訪れてもダイナミックな韓国の現代美術に出会うことができます。

Q.アンさんが特によく足を運ぶ美術館はありますか?また美術館に訪れたとき、一日をどのように過ごされるのか(すぐにアトリエに戻って創作にいそしむのか、まわりのスポットを散歩するのかなど)教えていただけたらうれしいです。

アン:ソウルの中心にある国立現代美術館の周りには、美術館やギャラリーがたくさんあるので、いろいろな展示を見ながら散策しています。最近はたいてい一人で外出するため、展示を見終わるとまっすぐに帰宅し、時間に余裕があるときは近所の大きな書店で本を選んだりしています。

Q.近日中に作品展示や個展の予定はありますか?

アン:私はじっくり創作に取り組むタイプで、個展はだいたい2、3年に一度のペースで行ってきました。今年の5月に個展を開いたので、まだ次回の計画は立っていません。いまはちょっとした休暇のような時間だと思っています。最近は、ソウルのある子ども美術館で開く子どもたちを対象にした企画展を準備しています。私がこれまでもよく取り上げてきた窓と家をテーマにした展示で、子どもたちに家という空間に対する新鮮で興味深い体験を与えることを目標としたインスタレーションの制作に取り組んでいます。

Q.本書をきっかけに、日本でもアンさんの作品や現代美術に興味を持つ人も多くいると思います。そんな日本の読者に向けてメッセージを。

アン:アートは、日常を超える美しい魅惑を与え、美術家の秀でた完成とテクニックによって観る人を感動させることが可能です。多くの美術家がそのような作品を作っていますし、私もアートのこうした可能性を否定しません。しかし、美術家のなかには、自分を省みて、社会を理解するために世に問いかけることが重要だと考える人もいます。私もそのような美術家のひとりと言えるでしょう。今回日本語版が出版された『それぞれのうしろ姿』と同じように、私の美術作品が日本の観客たちにどう読み解かれるのか気になっています。

【著者略歴】
アン・ギュチョル
1955年、ソウル生まれ。ソウル大学美術学部で彫刻を学ぶ。その後、美術雑誌の記者を経て、ドイツのシュトゥットガルト美術大学に留学。帰国後は韓国芸術総合学校で教鞭をとり、美術家としても本格的に活動を始める。本書は月刊誌『現代文学』に11年間連載したなかから、67の文章と絵をまとめたものである。

桑畑優香(くわはた・ゆか)
翻訳家、ライター。早稲田大学第一文学部卒業。延世大学語学堂、ソウル大学政治学科で学ぶ。「ニュースステーション」のディレクターを経てフリーに。多くの媒体に韓国エンタテインメント関連記事を寄稿。主な訳書に『韓国映画100選』(クオン)、『BTSを読む』(柏書房)、『BTSとARMY』(イースト・プレス)、『BTS オン・ザ・ロード』(玄光社)、『家にいるのに家に帰りたい』(&books)ほか多数。
【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも

【書籍概要】 書名:それぞれのうしろ姿 著者:アン・ギュチョル/桑畑優香 訳 判型:四六版・並製 ページ数:292頁 ISBN:978‐4‐7778‐2870‐8 刊行日:2021年11月22日 刊行:&books(辰巳出版) (画像提供:wowkorea)

【インタビュー】RM(BTS)がシェアしたエッセイ集『それぞれのうしろ姿』著者アン・ギュチョル氏インタビュー「RMがギャラリーを訪れサインしてほしいと」交流エピソードも

【目次】 はじめに I 植物の時間 II 20個の単語 III 芸術家たちに恩恵を IV 庭のある家 訳者あとがき (画像提供:wowkorea)


&books(辰巳出版)
https://tg-net.co.jp/
2021年12月17日18時42分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【個別インタビュー】「TRI.BE」日本人メンバーのミレ、アニメ「...

【個別インタビュー】「TRI.BE」日本人メンバーのミレ、アニメ「...
英語・韓国語・中国語・日本語の4カ国語バージョンで同時リリースした新曲「The Bha Bha Song」が、アニメ専門チャンネル「カートゥーン ネットワーク」のオリジナルアニメ「ぼくらベア...

【公演レポ】「JO1」、「INI」、「OWV」ら日プ出身アーティス...

【公演レポ】「JO1」、「INI」、「OWV」ら日プ出身アーティス...
世界最大級のKカルチャーフェスティバル 「KCON」が約2年ぶりにオフラインイベントを再開。今年8月にLA、10月に日本でおこなわれる「KCON 2022」に先立ち、5月14日(土)、15日...

【公演レポ詳細】「SEVENTEEN」、約2年半ぶりとなる有観客公...

【公演レポ詳細】「SEVENTEEN」、約2年半ぶりとなる有観客公...
韓国の13人組ボーイズグループ「SEVENTEEN」がさいたまスーパーアリーナで5月7日と8日の両日、ファンミーティング『SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING ’H...

【公演レポ】「SEVENTEEN」、約2年半ぶりとなる来日公演開催...

【公演レポ】「SEVENTEEN」、約2年半ぶりとなる来日公演開催...
韓国の13人組ボーイズグループ「SEVENTEEN」が5月7日と8日にファンミーティング『SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING ‘HANABI’』をさいたまスーパー...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.