【個別インタビュー(前編)】「U-KISS」、7thアルバム「LINK」を引っさげ4人で始動! スヒョンの分まで頑張って「KISSme」との絆を守っていきたい

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー(前編)】「U-KISS」、7thアルバム「LINK」を引っさげ4人で始動! スヒョンの分まで頑張って「KISSme」との絆を守っていきたい
【個別インタビュー(前編)】「U-KISS」、7thアルバム「LINK」を引っさげ4人で始動! スヒョンの分まで頑張って「KISSme」との絆を守っていきたい

「U-KISS」左からフン、イライ、ジュン、キソプ

昨年末にリーダーのスヒョンが入隊し、4人の新体制となった「U-KISS」が3月21日(水)、7枚目のアルバム「LINK」をリリース! 

 アルバムのタイトルは、「U-KISS」オフィシャルファンクラブ「KISSme JAPAN」の会員より募集し、決定されたもので、「『U-KISS』と新たな絆をつなぐ」、「いつでも『U-KISS』と『KISSme』はつながっている」という意味が込められている。

 今作には、「U-KISS」らしいパフォーマンスで“いま、この瞬間”純粋に「U-KISS」の音楽を楽しんでもらいたいという思いで制作された「No Regret」、キソプがファンへの感謝の気持ちを込めて作った「Compass」の新曲2曲に加え、2017年にリリースされたスヒョンのソロシングル「I‘ll be there」、「U-KISS」の最新ソロシングル「FLY」、HOONのソロシングル「Anniversary」はもちろん、「U-KISS」を卒業したケビンが参加した最後の楽曲「Only Ever Yours」も収録されるなど、まさに新旧“LINK”させたアルバムとなっている。

 メンバーそれぞれが個々でも活躍し、成長し続けている「U-KISS」が、4人で新たなスタートを切った心境や、ニューアルバム「LINK」の魅力について語ってくれた。


―まずは、ジュンさんがアイドル再起番組「THE UNIT」で堂々の1位となり、「U-KISS」の知名度をさらに上げたと思いますが、改めてメンバーの皆さんはジュンさんの活躍をどう見ていましたか? 
キソプ:順位発表のとき、1位は誰になるのか、僕たちも緊張しましたけど、1位ジュンって発表されたとき、本当にうれしかったです! おめでたいです。
フン:本当に感謝したいです。
イライ:カッコいい! 
キソプ:ジュンはもともとダンス、歌、ラップの実力があって、マルチプレーヤーですよね。それは分かっていたんですけど、その部分が番組でしっかり放送されて、ファン以外の人たちも認めたという感じがすごく良かったと思います。
イライ:誇らしかったです。

―1位が決まった後の感想で、ジュンさんがメンバー一人ひとりの名前を呼んでいった場面がすごく感動的でした。
ジュン:あれは、もともと考えていたんです。僕が1位になったら、ステージで兄貴たちの名前を必ず叫ぼうと思って、叫びました。
フン:鳥肌でした。カッコよかったです! 

―それでさらに一丸となった「U-KISS」だからこそ、今回の日本での活動にもさらなる期待が高まっていると思います。
ジュン:うれしいです。
キソプ:日本での活動もしながら、僕たち「U-KISS」の雰囲気がもっと上がったと思います。
ジュン:僕も「U-KISS」の活動をめちゃくちゃ楽しんでいます。

―今回のニューアルバムのリリースは、フンさんが1月のソロライブでサプライズ発表しましたよね。
フン:そうですね。「KISSme」との約束を守りました! 

―それで、アルバム名をファンから募集するという試みをし、「LINK」に決定されましたが、たくさん候補があった中、なぜ「LINK」にしたんでしょうか? 
フン:僕たちにとって、一番大事なところをアルバム名にしてもらったと思います。「U-KISS」がいままで活動して来られたのは、「KISSme」のみんながいたからです。これからも「KISSme」と「U-KISS」の絆を守っていきたいと思っているし、すべての繋がりを大切にしたいと思い「LINK」というタイトルに決めました。それで、収録曲には“絆”とか“諦めずにずっとついてきてください”とか“守りたい”とか、そういう内容の曲をいっぱい入れたので、曲とアルバム名がよく合っていると思います。
キソプ:前向きな曲ばかりです。
フン:「LINK」というアルバム名を考えた「KISSme」さん、天才だと思いました。
キソプ:本当にいっぱい候補があったんですけど、「これいいんじゃない? 」って。
ジュン:1番いいと思いました。
イライ:だから、みんながリンクです。
フン:みんな精神的につながっているという意味で、いいアルバム名になったと思います。

―リード曲「No Regret」は、「ベストを尽くし、後悔はしない」という思いが込められた曲ということですが、注目ポイントは? 
フン:スヒョンさんが入隊してから初めてのアルバムなので、スヒョンさんのパワフルなボーカルをみんながちゃんとやっている、という部分に注目してほしいですね。いままでより、メンバーそれぞれがもっと力を入れてレコーディングをしたり、パフォーマンス的にももっと力を入れて、PVでは大人っぽく男らしく撮影したので、そういうところを見てほしいです。4人でも、みんなが信じてついて来るように、頑張ったっていうことを伝えたいですね。

―4人で初めての歌唱になりますが、スヒョンさんがいなくて大変なこと、不便なことはありましたか? 
フン:昔だったら大変だったと思うけど、もう日本デビュー7年目だし、みんなそれぞれ、成長してきたと思うので、4人になったから完ぺきにできないなんてありえないです。
ジュン:僕も最初は不安だったんですけど、兄貴たちのことを信じているから、4人でもできると思いました。
イライ:まだ4人で、この曲のステージはしていないんですけど、僕たちファンミーティングでライブをしました。
フン:4人での最初のスケジュールが、韓国でのファンミーティングで、4人で初めてステージを披露したんです。
イライ:やっぱり、スヒョンさんがいないと、雰囲気がちょっと違うし、フォーメーションとか4人でのステージの使い方が難しいんで、本当に最初は緊張して、不安だったけど、やってみたら安心しました。
フン:そのステージに上がる前、みんな不安な気持ちで、頭がごちゃごちゃしていたんですけど、やってみたら、「俺ら、できるんだ」と思ったし、ファンのみんなも「お~、4人でもいけるね」って言ってくれたから、いまはちょっと安心して、日本の活動を期待しています。
イライ:トークでも、僕たちがスヒョンさんの分まで面白いことを話そうと。
フン:面白い話はイライが(笑)。ムードメーカーだから。
イライ:ハイ。

―もう一つの新曲「Compass」はキソプさんが作詞、作曲した曲ということですが。
キソプ:キソプが作った前作「FLY」のとき、ファンの皆さんがたくさん愛してくれたので、今回もたくさんの愛をもらった分、何倍も返してあげたいと思って、いっぱい考えました。そして、スヒョンさんが入隊して、ファンの皆さんが心配していると思ったから、安心させるために、曲の歌詞も作りました。

―歌詞の中で「『KISSme』つないだこの手離さないから ほら笑って」というフレーズが印象的で、「KISSme」という言葉が入っていますね。
キソプ:それ、キソプが絶対にやりたかったんです。
フン:あ~、それでそのパート自分が歌ったんだね。OK~。
キソプ:ちょっと欲張りました(笑)。毎回ライブのとき、歌いながら「KISSme」というと盛り上がるから、今回は歌詞の中に「KISSme」を入れました。

―フンさん、スヒョンさんはソロライブでも、「君」という歌詞を「KISSme」に変えて歌ったりしていますが、最初から歌詞に入っているというのは、いままでないですよね? 
フン:ないですね。だから、そのパート羨ましい(笑)。

―スヒョンさんは今回のアルバム「LINK」について、何か言っていましたか? 
フン:ちょっと羨ましそうな顔をしていました(笑)。
キソプ:マネジャーさんがPVとか曲を全部聴かせてあげたんですけど、スヒョンさんがなんか寂しい感じというか。
フン:ハハハ。スヒョンさん、「俺がいなくてもできるんだ」っていう…。
イライ:テレビ電話をしたとき、スヒョンさんが冗談で「4人いいね~」って(笑)。
キソプ:そうそう。「悪くないね」って。
イライ:「頑張ってね」と。
フン:嫉妬していました(笑)。

―いまリーダーの役割はどなたがされているんですか? 
フン:特にはいないです。スヒョンさんがまとめてくれる役だったんですけど、いまはそれがないから、4人で会話する時間を多くしました。打ち合わせとかコミュニケーションをとる機会を増やして、いまはいろんなことを全員で話しながら決めています。
ジュン:4人がリーダーです。
フン:実はジュンがリーダーをやりたい(笑)。
ジュン:(ニヤッとして)そうですね。

―「THE UNIT」のときも、ジュンさんはリーダー気質がありそうだなと見ていたんですけど。
フン:聞いたら、「THE UNIT」でリーダーの練習をしていたって。
ジュン:練習したくて、本当はやりたかったんですけど、あのときはちょっとそこまではできなかったです。プレッシャーがあって。
フン:結果的に、いつか「U-KISS」のリーダーになるジュンを期待しています(笑)。

―ニューアルバム「LINK」を引っさげた今回の活動について、ファンにメッセージをお願いします。
ジュン:まず「LINK」に収録されている1曲1曲が、僕も個人的に好きな曲です。皆さんも僕たちの思い出や、いろんなことを振り返りながら聴いたら、もっと「U-KISS」と「KISSme」がリンクすると思います。そして、ファンの皆さんもそうだし、4人でできるかなと思う人たちがすごく多かったんですけど、兄貴たちも僕も、精一杯頑張っています。4人での活動を僕もめっちゃ楽しんでいますので、期待してください! 
イライ:ボーナストラックで、「Try Everything」が入っているんですが、僕もこの曲を聴くと、子供のとき家族と一緒にディズニー・ワールドに行ったことを思い出して、本当にいい曲だなと思います。だから、つらかったり、いっぱいストレスを感じたりするときもあると思いますけど、家族がいつも応援しているから頑張って、というメッセージを皆さんに届けたいです。
フン:やっぱり今回は、「KISSme」と「U-KISS」がお互いに絆を確認しながら、活動していきたいと思っています。ケビンが卒業したり、スヒョンさんが入隊したりして、ファンのみんなを不安にさせたことが僕らも心配だから、その不安な気持ちを解消させるために、僕ら4人で頑張って活動していきますので、その気持ちを受け取ってほしいし、曲の内容も全体的に聴いてほしいです。個人的には僕が作曲した、隣にいるとき、もっと大切にしようって意味を込めたソロ曲も入っているし、みんなで後悔しないように、ずっと走っていきたいと思っています。
キソプ:ファンの皆さんが心配していると思いますが、スヒョンさんがいなくても、僕たちがスヒョンさんの分まで頑張っている、という姿をちゃんと見せるから、僕たちがもっと頑張るから、信じて今回の「LINK」というアルバムも大切にしてほしいです。よろしくお願いします! 


(後編につづく)



「U-KISS」オフィシャルサイト
http://u-kiss.jp/
2018年3月15日22時28分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...
韓国歴代興行収入10位、日本でも親子愛に号泣する観客が続出したヒット作「7番房の奇跡」(2013)のイ・ファンギョン監督の待望の最新作「偽りの隣人 ある諜報員の告白」が、日本でもいよいよ9月...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...
「Apeace」のヨンウクがソロアーティスト名義「UK」として、初となるシングル「CHECKMATE/君と見る世界は綺麗だ」を7月20日(火)にリリース! 「CHECKMATE」は男女の駆...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...
俳優イ・ミンギとナナ(AFTERSCHOOL)が主演を務め、恋愛を“しない”男性と恋愛が“できない”女性のロマンスを描く韓国ドラマ「Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~」。本...

【個別インタビュー】映画『SEOBOK/ソボク』イ・ヨンジュ監督が...

【個別インタビュー】映画『SEOBOK/ソボク』イ・ヨンジュ監督が...
俳優のコン・ユとパク・ボゴムというトップスターの夢の共演で、韓国では今年最大の話題作として注目を浴び、初登場No.1を記録した映画『SEOBOK/ソボク』。初恋シンドロームを巻き起こした映画...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.