<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…
<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

J.Y.ParkとPSYはコウキをキャスティングするのか?(画像:画面キャプチャ)

いよいよデビューする事務所が決まる“キャスティングラウンド”に突入した「LOUD」(SBS)。7月31日(土)に放送された第9話は波乱の幕開けとなった。

第5ラウンドの“キャスティングラウンド”は、野球などで行われるドラフト方式を導入。参加者たちが1人ずつパフォーマンスを披露し、JYPとP NATIONがキャスティングを行うが、どちらもキャスティングした場合、参加者に選択権が与えられ、どちらからもキャスティングされなかった場合、ひとまず保留というルールだ。両社最大10人ずつキャスティングすることができ、所属事務所が決まった参加者は最終デビューメンバーが選ばれる生放送に進出することになる。

そんな参加者にとっても大事なラウンドになるため、J.Y.Park(パク・チニョン)、PSYと参加者たちの間に入り、良い条件で契約できるようにサポートする“スーパーエージェント”としてイ・スンギが合流した。

まさかイ・スンギがいるとは思わず、面談にやってきた参加者たちはみんな驚いていたが、ただ一人だけ無反応だった参加者がいた。ウ・ギョンジュン(元P NATION練習生)だ。思わずイ・スンギが「僕のこと知らないの?」と聞くと、「どこかで見たような気もするけれど…」とあいまいな答えだったので、「本当に知らないの?」と念のため聞き返すと、「ハイ」とウ・ギョンジュン。オーストラリアで10年、留学生活をしていたので、韓国の芸能人をよく知らないのだ。
<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

自分を知らないと言ったウ・ギョンジュンに慌てるイ・スンギ。(画像:画面キャプチャ)


たぶん、自分のことを知らないという人に出会ったのは久しぶりなのだろう。イ・スンギは「もちろん知っている必要はないんだけれど」と苦笑いしながら、「もっと頑張らなきゃいけないな」と自分に言い聞かせるようにつぶやいている姿が新鮮だった。

将来は外科医になるのが夢だったが、韓国に戻ってきたら街でスカウトされ、それとなくK-POPアイドルになる夢が芽生えてきたというウ・ギョンジュンには「元々、自分がカッコいいって気付いていなかったの?」と質問したり、ファンが推薦する事務所はJYP(JYPが50%、P NATIONが49.5%)だと教えたりしたイ・スンギ。この面談を通して、参加者たちの長所を把握し、事務所選びの助けになる話をしながら、面談を展開していたし、“キャスティングラウンド”の収録本番でも、影で参加者たちを勇気づける姿もキャッチされていた。

イ・スンギはこれまで「PRODUCE48」(Mnet)、「シングアゲイン」(JTBC)などオーディション系の番組で、審査員に対しても、参加者に対しても機転を利かせた抜群の立ち振る舞いでMCを務めてきた実績と信頼があるので、このイ・スンギの存在はかなり大きい。

J.Y.Parkは、イ・スンギの1stアルバム「蛾の夢」のプロデュースを務め、縁のあるPSYの方が有利ではないかとぼやいていたが、これまで「LOUD」ではJ.Y.ParkとPSYにつっこむ人がいなかった。なので、そのような役割もできるイ・スンギが入ることで、番組にバラエティ的な要素も入る一方、良い結果が出なかった参加者たちへのフォローも上手く、場の空気を上手く読みながら進行するので、これ以上の適任者はいないだろう。

イ・スンギは「『LOUD』から韓国を代表するボーイズグループが出るように僕も一生懸命頑張ります!」と意気込み、“キャスティングラウンド”がスタートした。事前ファン投票の累積順位(7月20日基準)で1軍(1位~8位)、2軍(9位~15位)、3軍(16位~22位)に分けられた参加者たちがイ・スンギの抽選で3組に編成されたが、まずはグループ1の7人(1軍2人、2軍3人、3軍2人)が登場。3軍から個人パフォーマンス評価が始まり、キム・ドンヒョンがP NATIONにキャスティングされ、イ・スジェが保留となった。

続いて、2軍。自分で曲を作れるクリエイティブな才能が高評価されてきたウンフィとダニエル・ジェガルがJYPとP NATIONの両社からキャスティングされたが、2人ともP NATIONを選択した。これでP NATIONは早くも3つの席が埋まった。
<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

「BTS(防弾少年団)」の「BOY IN LUV」を圧巻のパフォーマンスで披露したコウキ。(画像:画面キャプチャ)


そんな流れから、イ・スンギが「テレビを見ていて、すごく会いたかった参加者」と紹介し、これまで特にPSYが興味を示してきたコウキが登場。モニタリングしていた参加者たちも前の2人と同様、どちらからもキャスティングされるだろうと予想していたが、コウキはいつになく緊張している様子。それでも、「BTS(防弾少年団)」の「BOY IN LUV」を圧巻のパフォーマンスで披露し、J.Y.Parkからは「クランプが上手いのではなく、ダンス自体が上手い」、PSYからも「すごく表現力が素晴らしいステージだった」と今回も高評価を受けた。

ところが、どちらからもキャスティングされず、まさかの結果に衝撃が走った。イ・スンギも驚き、慎重にその理由を聞くと、PSYは今すぐにデビューをすると考えたとき、他のメンバーとのバランスなど現実的な部分において悩ましいところで、ちょっと早いのではないかということだった。J.Y.Parkも「ガッカリしないでほしい。このまま成長さえしたら、コウキ君を断る事務所はない」と伝えた。

コウキは動揺することなく、「分かっていたことなので、また次に向けて努力してみます」と“保留”という残念な結果を淡々と受け入れていたが、それを控室で見ていたケイジュは崩れ落ちて涙を見せ、アマルもかなりの衝撃を受けていた。同じ日本人として、切磋琢磨しながら頑張ってきたので、自分のことのように残念だったのだろう。ちなみに、このコウキの“キャスティング保留”となった衝撃のシーンが、この日の瞬間最高視聴率5.8%(平均4.3%=ニールセンコリア調べ)だった。

グループ1の1軍であるチョン・ジュンヒョク(元P NATION練習生)とイム・ギョンムン(元JYP練習生)は次回の放送となるが、予告を見ると、どうやら次回も波乱の結果が待っていそうだ。

なお、事前ファン投票中間集計(7月31日午前基準)では1位は不動のイ・ゲフン(元JYP練習生)。2位はケイジュ、3位は前回悩みを告白しながら涙があふれたアマルが2ランクアップし、初のトップ3にランクイン。ここにきて日本人がファン投票でトップ3に2人も入り、大健闘しているが、“キャスティングラウンド”ではどのような結果が待っているのだろうか。
<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

“スーパーエージェント”を務めるイ・スンギ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

チョン・ジュンヒョクの長所を引き出すイ・スンギ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

“キャスティングラウンド”は事前ファン投票の結果により1~3軍に分けられ、ドラフト方式で評価。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

グループ1の7人が登場した。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

コウキの結果にあ然とするイ・ドンヒョン(左)とケイジュ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

J.Y.Parkのフィードバックを渋い表情で聞くコウキとイ・スンギ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

コウキの衝撃の結果に涙を見せるケイジュ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

コウキの衝撃の結果に驚くアマル。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「LOUD」、事務所が決まる“キャスティングラウンド”で大波乱!コウキが“キャスティング保留”となる衝撃の結果にケイジュが涙…

事前ファン投票トップ3。1位イ・ゲフン、2位ケイジュ、3位アマル。(画像:画面キャプチャ)

2021年8月1日18時50分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>「FTISLAND」、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」...

<WKコラム>「FTISLAND」、「ユ・ヒヨルのスケッチブック」...
9月2日(木)にチェ・ミンファンが除隊し、メンバー全員兵役を終えた「FTISLAND」がついに“完全体”で、9月17日(金)放送の「ユ・ヒヨルのスケッチブック」(KBS第2)第558話に出演...

<WKコラム>MINO(WINNER)、SOL(BIGBANG)と...

<WKコラム>MINO(WINNER)、SOL(BIGBANG)と...
ことしで10周年を迎え、10月1日(金)からスタートするラッパーサバイバル番組「SHOW ME THE MONEY 10 ’THE ORIGINAL’」(Mnet)。韓国のオーディション番組...

<WKコラム>「ATEEZ」、8人“完全体”で「週刊アイドル」&「...

<WKコラム>「ATEEZ」、8人“完全体”で「週刊アイドル」&「...
K-POP界を代表するボーイズグループ6組が王座をかけてバトルを繰り広げる「KINGDOM:LEGENDARY WAR」(Mnet)で大活躍した“ズズズ”の一角、「ATEEZ」が7thミニア...

<WKコラム>「車輪のついた家」スピンオフ番組スタート!ハン・ヒョ...

<WKコラム>「車輪のついた家」スピンオフ番組スタート!ハン・ヒョ...
トレーラーハウスで旅に出るtvNの人気リアリティ「車輪のついた家」。新シーズンの3には俳優のソン・ドンイル、キム・ヒウォンに加え、末っ子の新レギュラーとしてコンミョンが出演することが発表され...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.