<WKコラム>「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!
<WKコラム>「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!

「コンセプトテスト」のプロデューサー評価で1位となったケイ。(画像:画面キャプチャ)

オンライングローバル生中継の累計視聴者数が3100万人を突破し、グローバル視聴者投票には177カ国が参加するなど、世界的な盛り上がりを見せ、いよいよ大詰めを迎えている「I-LAND」(Mnet、tvN)。9月11日(金)放送の第11話では、3番目のテスト「コンセプトテスト」が行われ、プロデューサー評価により脱落者1人が決定し、次回ファイナル生放送に進出する9人が確定。さらに、番組最後にはまたもうれしいサプライズ発表があった。

まずは、前回のタキの脱落により、「コンセプトテスト」のユニット編成をし直すことになったI-LANDER。“清涼”コンセプトの「Chamber 5(Dream of Dreams)」ユニットは、タキが抜けたことで、メンバー選択権を持つキム・ソヌがパク・ソンフンを指名し、迎え入れた。パク・ソンフンにとっては、短い時間でまた新たな曲を準備しなくてはいけないため、圧倒的に不利な状況だ。それでも、すぐに気持ちを切り替え、練習量でカバーしていく姿が健気だった。

一方、“爆発”コンセプトの「Flame On」ユニットも、リーダーだったパク・ソンフンが抜けてしまい、新リーダーを選ぶと共に、パート替えもしなくてはいけない状況に。どちらのユニットもある程度の変更が生じたが、これを上手く乗り越えたのが「Flame On」ユニットだった。

元々、「Flame On」ユニットのケイ、ニキ、ジェイク、ハンビンは「BTSテスト」でも「DNA」で同じチームだったのでまとまりがあり、今回も自然な流れでケイが新リーダーに。何よりメンバーに対するケイの当たりが柔らかくなったことで、自由に意見が言い合える雰囲気となり、練習段階からいい気運が漂っていた。中間チェックでやってきたディレクターも、表情の表現に苦戦する「Chamber 5」ユニットへの辛口フィードバックとは違い、「Flame On」ユニットには特に言うことがないぐらい、すでにこの時点でかなり出来上がっていた。

それでなくても、こういったサバイバルでは、爽やかキュート系より、カリスマ性あふれるパワフル系パフォーマンスの方が印象に残るうえ、愛嬌ではキム・ソヌに敵う練習生がいないため、「Chamber 5」は完全にキム・ソヌの独り舞台といった印象。今回は特に、自分が得意とするタイプの曲かどうかが明暗を分けた。

テスト本番、「Chamber 5」ユニット(キム・ソヌ、イ・ヒスン、ヤン・ジョンウォン、ジェイク、パク・ソンフン)は総括プロデューサーのパン・シヒョク代表やディレクターらから、曲のイメージにぴったりなキム・ソヌ以外は、案の定、全体的に残念だったという評価。一方、「Flame On」ユニットはスタンバイの段階で、すでにスイッチが入っていると期待を寄せられ、パフォーマンス中、何度もプロデューサーらをうならせ、パフォーマンスが終わると、立ち上がって拍手をするディレクターも。これほどプロデューサー席がわいたのは初めてだ。

<WKコラム>「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!

「コンセプトテスト」のプロデューサー評価で2位となったニキ。(画像:画面キャプチャ)

パン代表は「ものすごく良かった」、「プロのステージを見ているようだった」と満足そうな表情を浮かべ、毎回期待値を下回るパフォーマンスで、ガッカリさせられていたケイには「本当にとてもカッコよかった! “自分は(ケイの)この姿が好きだったよな”というものをしっかり見せてくれた」とし、ニキにも「僕の見る目を証明してくれて、ちょっとうれしい。この前から、証明してくれたと思っていたら」と言うと、サムズアップ。ニキのジャケットプレイまでアンコールするなど、ご機嫌だった。さらに、ディレクターもニキに「今回は(デビュー圏内の7人に与えられる)バッジをつけられると思う」と口を滑らせるほど、日本人練習生のケイとニキが揃って大絶賛された。

その賛辞は、そのまま結果となって表れた。プロデューサー評価の順位発表で、ついにケイが初の1位(92点・6位→▲1位)を獲得! 「きょうの主人公だった」、「個人的にも良かったけれど、チームを上手く引っ張っていた」、「当然の1位」とこれ以上ない誉め言葉の嵐。

続いて、ニキが2位(87点・9位→▲2位)。「勢いが増したと感じた。次、どうなるのかすごく楽しみ」、「歌も普段よりはるかに良かった」と高評価が続いた。そして、ケイとニキが抱き合って喜びを爆発させている姿も微笑ましく、ケイがニキの頭をポンポンとする姿に、キュンとなった人も多いだろう。ファイナルを前に、ケイとニキが本来の実力をじわじわ発揮し、調子を上げてきたことをしっかり印象付けた。

3位(86点・1位→▽3位)は水を得た魚のように、笑顔満開にパフォーマンスをやりきったキム・ソヌ。4位(83点・2位→▽4位)となった“絶対エース”イ・ヒスンは、リーダーとしてもチームを上手く引っ張れず、パフォーマンスが満足にできなかった自分に腹を立て、悔し涙を見せた。5位(81点・5位→5位)はパク・ソンフン。ちなみに、彼は「Chamber 5」に移動し、練習できたのが5日で、タキがやる予定だった5番パートを担当。しかも5位。「5」づくしだった。

6位(79点・3位→▽6位)はジェイ、7位(78点・7位→7位)はジェイク、8位(77点・10位→▲8位)はダニエルと続き、残ったのは、自信のなさを指摘されたヤン・ジョンウォンと、悪いクセが改善されずに出てしまっていたと指摘されたハンビン。

最終的に9位(76点・8位→▽9位)はヤン・ジョンウォン、10位(72点・4位→▽10位)はハンビンという結果。これで、10位のハンビンは脱落となったが、驚くことに晴れやかな顔をしていたのが印象的だった。

<WKコラム>「I-LAND」、ついに日本人練習生ケイ&ニキがワンツーフィニッシュ! 次回生放送ファイナルに「BTS(防弾少年団)」&「TXT」登場!

「コンセプトテスト」のプロデューサー評価で10位となり、ここで脱落となったハンビン。(画像:画面キャプチャ)

なお、デビューメンバーが発表される最終回は9月18日(金)午後8時から生放送され、「BTS(防弾少年団)」と「TOMORROW X TOGETHER」の登場も予告された。I-LANDERは「ファイナルテスト」のステージを繰り広げ、デビューメンバーはグローバル視聴者投票で6人、プロデューサー評価で1人の計7人が決定。誰がデビューメンバーに選ばれるのか? ドンデン返しはあるのか? ドキドキしながら見守りたい。
2020年9月13日16時30分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>フイ(PENTAGON)&MJ(ASTRO)らのトロ...

<WKコラム>フイ(PENTAGON)&MJ(ASTRO)らのトロ...
 9月23日(水)放送の「週刊アイドル」(MBC every1)に、オープニングでMJが登場したのでゲストは「ASTRO」なのかと思ったら、「こんにちは。キルムジャン(ごま油と塩を混ぜたタレ...

<WKコラム>「CRAVITY」、「アイドルハウス」&「週刊アイド...

<WKコラム>「CRAVITY」、「アイドルハウス」&「週刊アイド...
 「X1」出身のヒョンジュンとミニ、「PRODUCE X 101」(Mnet)に出演していたジョンモとウォンジンに新たなメンバーを加え、9人組としてSTARSHIPエンターテインメントから4...

<WKコラム>ハ・ソンウン×チョン・セウン×キム・ウソク×イ・ジニ...

<WKコラム>ハ・ソンウン×チョン・セウン×キム・ウソク×イ・ジニ...
 ソロ歌手として活躍中のハ・ソンウン、チョン・セウン、キム・ウソク、イ・ジニョク。オーディション番組「PRODUCE」(Mnet)シリーズ出身という共通点を持つ彼らがチームとして、9月21日...

<WKコラム>「BTS(防弾少年団)」、直属の後輩になる新グループ...

<WKコラム>「BTS(防弾少年団)」、直属の後輩になる新グループ...
 7人組ボーイズグループ「ENHYPEN(エンハイフン)」が誕生した9月18日(金)生放送の「I-LAND」(Mnet、tvN)最終12話では、I-LANDERたちの憧れの先輩「BTS(防弾...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.