≪韓国ドラマNOW≫「シュルプ」15話、キム・ジェボムがキム・ヘスに真実を告白=視聴率13.3%、あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)
≪韓国ドラマNOW≫「シュルプ」15話、キム・ジェボムがキム・ヘスに真実を告白=視聴率13.3%、あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)
※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

韓国ドラマ「シュルプ」のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、相関図、感想

tvNドラマ「シュルプ」15話(視聴率13.3%)では、世子(ペ・インヒョク)の死の真実を知ったファリョン(キム・ヘス)の様子が描かれた。

 ファリョンは「医官になったのも、宮廷入りしたのも、全ては復讐のためだったのか」と聞くと、イクヒョン(キム・ジェボム)は「初めから復讐をしようとしたのではない。始まりは、兄さんがどうやって死んだのか明らかにするためだった」と自分がどうやって世子を殺したのか告白した。

 イクヒョンは続けて「兄弟が1人ずつ死んでいくたびに、私の番がいつになるのか恐怖の中で生きていかなければならなかった。その苦痛がどういうものか、あなたは絶対に分からない。私は、すべき復讐をしただけだ」と弁明すると、ファリョンは「黙りなさい。あなたの苦痛が作り出した復讐が正当なのか問い詰めたところで、あなたは私の息子を殺した犯人なだけだ。あんたなんかに倒される必要のある子ではなかった。あんたの恨みとは何の関係もない子だったのに」と怒りをあらわにした。

 イクヒョンは「世子の死を始まりにしたにすぎない」と警告すると、ファリョンは「絶対にそうはさせない。全てを私が終わらせる。イ・イクヒョン、あんたには必ず私の息子を殺した対価を払わせてやる」と応じた。追われる身になったイクヒョンは亡くなった兄テイン世子の検死の記録を見つけるために再び宮廷に侵入したが、記録はファリョンが持っていた。


[15話予告]シュルプ




Copyright(C) herald wowkorea.jp 5