安哲秀国民の党大統領選候補「私を旧正月の民心に上げられないということ」…抗議の座り込みを実施=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
安哲秀国民の党大統領選候補「私を旧正月の民心に上げられないということ」…抗議の座り込みを実施=韓国
安哲秀、国民の党大統領選候補(画像提供:wowkorea)

安哲秀、国民の党大統領選候補(画像提供:wowkorea)

アン・チョルス(安哲秀)国民の党大統領選候補は、共に民主党(与党)のイ・ジェミョン(李在明)、国民の力(野党第一党)のユン・ソンニョル(尹錫悦)両候補だけによる二者討論を糾弾する徹夜の座り込みを行う。

安候補は30日、国会で緊急記者会見を開き「共に民主党と国民の力の既得権政党候補たちの便法・不当な二者談合討論を糾弾する」とこのように明らかにした。

安候補は31日に予定される二者討論について「既に裁判所が不当性を指摘して中断を命令したなら、ただちに中止して国民に謝罪するのが国民に対する基本的な礼儀だ。これが大多数の国民が考える公正と常識である」と述べた。

続いて李在明・尹錫悦両候補に対し「裁判所判決の法精神を無視するとは、法を勉強した人たちなのか」と問い返した。

安候補は「旧正月の元日(2月1日)の前に二者討論するなら、誰が見ても四者討論(2月3日)時には気が抜けている。旧正月の元日前に両候補が商売をし、他の候補は客が出て行った旧正月連休の後に商売しろとでもいうのか」と述べた。

さらに「私を旧正月の民心に上げるのは死んでもできないということだ。私個人を引き離すという問題どころか、この国の公正と常識の問題だ」と主張した。

安候補はこの日の午後5時頃、国会本館前の階段で徹夜の座り込みを始める。

共に民主党と国民の力はこの日、国会議員会館で会い、二者討論の実務交渉を続けたものの、討論方式に関する合意には至らなかった。

安候補は記者会見後、取材陣と会い「もしも二者討論を強行するなら、二者討論が終わるまで(徹夜の座り込みを)行う」と明らかにした。

「二者討論決裂の可能性も取りざたされている」との取材陣の質問には「もしも決裂したなら、(徹夜の座り込みを)中止する」と付け加えた。

安候補は両党が討論場に参考資料の持ち込みを認めるか、討論のテーマをどのように分けるかなどの争点について平行線を辿っていることについて「お互いに駆け引きしながら交渉する姿を見せているが、結局は二者間の対決を国民の前に見せることで今回の選挙を二者構図にしようと画策している」と批判した。
2022/01/30 21:42配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 83


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.