米アップルが中国で6年ぶりにスマートフォンシェア1位、iPhone13が善戦=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米アップルが中国で6年ぶりにスマートフォンシェア1位、iPhone13が善戦=韓国報道
米アップルが中国で6年ぶりにスマートフォンシェア1位、iPhone13が善戦=韓国報道(画像提供:wowkorea)

米アップルが中国で6年ぶりにスマートフォンシェア1位、iPhone13が善戦=韓国報道(画像提供:wowkorea)

香港の調査会社、カウンターポイントリサーチによると、米アップルは10月、中国のスマートフォン市場でシェア22%を記録し、現地メーカーの維沃移動通信(vivo、ビーボ)を2%リードして1位となった。

アップルの売上高は、iPhone13シリーズの販売好調により46%増え、中国内の主要メーカーのなかでも最大の成長幅をみせた。これに対し10月における中国全体のスマートフォン市場は2%の成長にとどまった。

シェア20%で2位となったのはビーボ、3位は18%のOPPO広東移動通信(オッポ)、4位は8%の華為技術(ファーウェイ)だった。中国のスマートフォン市場はファーウェイの失速以降、1位の座が変わり続けている。

オッポはことし1月、またビーボは同3月、それぞれ1位となった。アップルは2015年12月以降初めて1位に浮上した。こうしたアップルの善戦は、中国においてiPhone13シリーズがiPhone12よりも安価に販売されている影響が大きい。

それまではファーウェイが高級モデル市場のトップメーカーとして君臨してきたが、同社の失速後はアップルがその分の市場を確保しているもようだ。さらにことしiPhone13 Proなど「Pro」モデルの供給不足がなければ、より多くの市場シェアを確保できたとの分析だ。
2021/11/30 13:58配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 101


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.