ドイツにつづいてフランスも「1次はAZ、2次は“他のワクチン”を接種」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ドイツにつづいてフランスも「1次はAZ、2次は“他のワクチン”を接種」
ドイツにつづいてフランスも「1次はAZ、2次は“他のワクチン”を接種」

ドイツにつづきフランスでも、一部の年齢層に対してAZ社の新型コロナワクチンと他のワクチンを接種するよう、勧告が出された(画像提供:wowkorea)

ドイツにつづきフランスでも、一部の年齢層に対してアストラゼネカ(AZ)社の新型コロナウイルス感染症ワクチンと他のワクチンを接種するよう、勧告が出された。最近 欧州医薬品庁(EMA)が、「稀な血栓症」をAZワクチン接種の副反応によるものだと認めたことが影響している。

10日(現地時間)フランス“AFP通信”・ロイター通信などのメディアは、フランス高等保健庁(HAS)の消息筋からの引用で、フランス保健当局が血栓副反応の懸念から「55歳未満にはAZワクチンを接種させてはならない」と勧告したことを報道した。

また すでにAZワクチンを接種した55歳未満の53万人あまりに対しては、2次接種時には他のmRNA方式のワクチンを接種するよう勧告する方針だと伝えた。現在 フランスで使用承認されたmRNAワクチンは、ファイザー社とモデルナ社の2つである。

フランスのオリビエ・ベラン保健相は「AZワクチンを接種したなら、2次接種時には他のワクチンを接種することになるだろう」とし「最初の接種後から12週間が過ぎれば、mRNA方式のワクチンを接種することになる」と説明した。

AZワクチンは、非活性化された病原体を人体に直接 注入する方式だが、ファイザー社とモデルナ社のワクチンは 人体自らが病原体を生成するようにする方式である。

フランスのこのような措置は、ヨーロッパ内でドイツに続いて2番目である。

韓国カチョン(嘉泉)大学のチョン・ジェフン予防医学科教授は、メディアとのインタビューで「現在 ワクチンの交代接種に関する科学的根拠は足りない状況だが、ワクチンの原理上 問題がある可能性は低く、変異ウイルスに対するアップデートを踏まえると、我々も必ずあらかじめ準備すべきだ」と語った。
2021/04/12 12:09配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96 最終更新:2021/04/12 12:14


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.