サムスン電子会長 19年の配当額320億円=10年間で1300億円に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
サムスン電子会長 19年の配当額320億円=10年間で1300億円に
サムスン電子会長 19年の配当額320億円=10年間で1300億円に

サムスン電子の李健熙会長(左)と長男の李在鎔副会長(コラージュ)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】企業情報を分析する韓国CXO研究所は3日、2010年から10年間に李健熙(イ・ゴンヒ)サムスン電子会長一家が受け取った配当金を調査・分析した結果、李会長は2019年分の配当金として3538億ウォン(約320億円)を受け取る見通しだと明らかにした。

 李会長は同社の配当金に加え、サムスン生命から配当金1100億ウォン、サムスン物産から108億ウォンを受け取り、昨年の配当金は計約4700億ウォンになるという。

 妻の洪羅喜(ホン・ラヒ)元サムスン美術館リウム館長は、サムスン電子の株式で19年分として766億ウォン、息子の李在鎔(イ・ジェヨン)同社副会長は595億ウォン程度の配当金を受け取るとみられる。

 総帥一家が受け取る昨年の配当金は計4900億ウォン規模で、前年と同水準だった。

 李会長は、10年から昨年までの10年間にサムスン電子の株式で1兆4563億ウォンの配当金を受け取ったと集計された。

 同じ10年間に洪氏は3156億ウォン、李副会長は2448億ウォンを受け取った。総帥一家の10年間のサムスン電子の配当額の合計は2兆168億ウォンに上る。

 昨年サムスン電子の配当金を最も多く受け取ったのは全株式の5%以上を保有する大株主の国民年金公団で、18年に8455億ウォン、昨年は8865億ウォンと2年連続で8000億ウォン台だった。

 一方、昨年末現在でサムスン電子の株式の57%を外国人株主が保有しており、昨年の配当金合計9兆6192億ウォンのうち約5兆4800億ウォンは外国人株主が受け取った計算だ。

 サムスン電子は18年に株式分割を行い、1株当たりの配当金は1416ウォンとなった。分割前の金額に換算すると7万800ウォンで、17年(4万2500ウォン)と比べて株主により多くの配当金を与えていると分析される。

 当期純利益のうち配当金をどれだけ支給するかを表す配当性向も14年以降10%以上を維持し、18年には21.9%、昨年は44.2%まで上昇した。

 昨年の純利益は前年比半分以下に減少したが、配当金は維持したために配当性向が倍以上に増加した。

 韓国CXO研究所は「サムスン電子の業績は悪化したが、株主への配当は手厚くなった」とし、「株価が上昇しており、配当金も上がって株主としては喜ばしいことだ」と説明した。

2020/02/03 13:00配信  Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2020/02/03 13:12


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング

おすすめ情報
藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

「WEi」(ウィーアイ)日本上陸!ニューアルバム「IDENTITY : Challenge」3/5(金)リリース決定!~近日中に予約開始!購入者特典オンラインイベント開催~

Qoo10、「BIG4トロットオンラインコンサート」チケットを2月3日(水)まで国内独占発売中!

Qoo10、ABEMAの新番組「Qosmetic 8」公式のメイクアップ特集コーナーをオープン

今こそ出逢いたかった情熱エンターテイメント!Netflix「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演最新作「野球少女」の最速オンライン試写会プレゼント

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.