韓国サッカー・アジアカップ代表候補が済州島で合宿中「雪の中でも練習は楽しく」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国サッカー・アジアカップ代表候補が済州島で合宿中「雪の中でも練習は楽しく」
韓国サッカー・アジアカップ代表候補が済州島で合宿中「雪の中でも練習は楽しく」

16日午後、済州島(チェジュド)・西帰浦市(ソギポシ)民球場にて“シュティーリケ号”が雪の中、練習を実施した。写真はカン・スイル選手。

 16日午後、済州島(チェジュド)・西帰浦市(ソギポシ)民球場にて“シュティーリケ号”が雪の中、練習を実施した。

 シュティーリケ監督(60、ドイツ)が率いるサッカーA代表チームは15日から21日までの一週間、済州で合宿を行っている。シュティーリケ監督はシーズン中のヨーロッパ組と中東組を除く、Kリーグ、Jリーグ、中国スーパーリーグの選手たちのみ28人を候補として召集した。来年1月にオーストラリアで開かれるアジアサッカー連盟アジアカップと8月中国で行われる東アジアカップを見据えての合宿だ。

 今回の代表の最も大きな特徴は若さだ。1990年以降に出生したメンバーが17人もいる。A代表経験がなく、初めて招集されたメンバーも14人。2014仁川アジア大会金メダルの主役イム・チャンウ(22、大田)、イ・ジェソン(22、全北)、イ・ジョンホ(22、全南)らをはじめ、シュティーリケ監督の期待を一身に受けるイ・ジョンヒョプ(23、上州)らが初代表候補となっている。

 今回の合宿を通してアジアカップ出場メンバーを最終確定する計画だ。
2014/12/17 13:40配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.