≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」14話、ソ・イングクとパク・ボヨンが一緒にいることを約束=あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」14話、ソ・イングクとパク・ボヨンが一緒にいることを約束=あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」14話、ソ・イングクとパク・ボヨンが一緒にいることを約束=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」14話、ソ・イングクとパク・ボヨンが一緒にいることを約束=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

22日に放送されたtvNドラマ「ある日、私の家の玄関に滅亡が入ってきた」14話では、お互いに対してさらに切ない気持ちになるドンギョン(パク・ボヨン)とミョルマン(ソ・イングク)の様子が描かれた。

 ドンギョンとミョルマンは、お互いの記憶を取り戻した後、愛するには誰かが死を迎えなければならないという運命から逃げられない事実に心を痛めた。

 ミョルマンは、ドンギョンの前では「運命を受け入れよう」と平然としたが、庭園に戻ると我慢していた涙を流した。

 ドンギョンもミョルマンを生かすことはできないという事実に号泣した。ドンギョンは少女の神をつかまえ、もう一度だけ助けてほしいと頼んだが、少女の神は「もう私の手から離れたこと。生きなさい。あなたが幸せに生きることをあの子が望んでいるから」とドンギョンをなだめるだけだった。

 その後、ドンギョンとミョルマンは結婚を約束し、全ての瞬間を共にし始めた。その時、二人は「ずっと一緒にいよう。永遠に離れないようにしよう」と呪文を唱えるように守れない未来を約束したが、それぞれの心の中では別れの準備をしていた。ドンギョンは両親の納骨堂を訪れ「ミョルマンの死と世の中の滅亡のどちらを選択しても、とてもつらいと思う。それがすごく怖い」と言って泣き、ミョルマンは少女の神に別れのあいさつをした。

 ドンギョンは一瞬でミョルマンが消えてしまうのではないかと不安な気持ちを吐露すると、ミョルマンはドンギョンを抱きしめて静かに涙を流した。二人は別れまで一日しかない時間をただ二人だけが存在する世の中で過ごした。その時、ドンギョンが「愛してる。結局私が一番愛したのはあなただ。愛してごめん」と言うと、ミョルマンは「愛してくれてありがとう」と口づけをした。
2021/06/23 11:17配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 5

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


  • まとめ | ブログ

この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.