女優ソ・シネ、スジン((G)I-DLE)の校内暴力に関するメッセージか?SNSに再び意味深投稿「わたしの名前を口にしないで」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
女優ソ・シネ、スジン((G)I-DLE)の校内暴力に関するメッセージか?SNSに再び意味深投稿「わたしの名前を口にしないで」
女優ソ・シネ、スジン((G)I-DLE)の校内暴力に関するメッセージか? SNSに再び意味深投稿「わたしの名前を口にしないで」(画像提供:wowkorea)

女優ソ・シネ、スジン((G)I-DLE)の校内暴力に関するメッセージか? SNSに再び意味深投稿「わたしの名前を口にしないで」(画像提供:wowkorea)

韓国女優ソ・シネ(22)が意味深長なメッセージを投稿した。この前にも、ガールズグループ「(G)I-DLE」スジン(22)の校内暴力疑惑が暴露されると、「None of your excuse(弁明の必要ない)」という文章を残し、波紋を広げていた。

 一方のスジン((G)I-DLE)は自身の疑惑を否認し、「私は学生時代、女優のソ・シネさんとは会話したこともない」と釈明した。

 ソ・シネは22日、Instagramに米国の歌手ビリー・アイリッシュ(19)の「Therefore I Am(ゆえに我あり)」の再生画面をキャプチャし掲載した。ネットユーザーらは同曲の歌詞に注目している。

 「Therefore I Am」には「わたしはあなたの友達ではない」、「わたしの美しい名前を口にしないで」などの歌詞がある。特に「マスコミの報道であなたとわたしの名前を並べてほしくない」という表現もあり、さまざまな解釈を呼んでいる。

 22日、あるオンラインコミュニティーには、スジンと小中学校の同級生だとする人物による「スジンがソ・シネに暴言を吐いた」との暴露文が掲載された。

 この人物は「中学2年のときソ・シネが転校してきて、転校生への関心が集まると芸能人になりたかったスジンは劣等感からか、ソ・シネに向かって『あんたの顔で芸能人ができるならわたしもできる』、『その顔で番組に出たらXXX』のような容姿を卑下する言葉を発するのを何度も見た」と主張した。

 続けて「そんな時、ソ・シネはスジンの暴言を無視し、笑いながら大丈夫だと言っていた。結論はスジンとソ・シネ2人が対話したことがないというのは正しいだろう。一方的にソ・シネが暴言を吐かれていたのだから」と訴えた。

 これを前に21日には、学生時代にスジンから暴力を受けたと主張する内容が掲載され、その中には「ソ・シネも被害者だ」とする言及があった。

 その後、スジンはオンライン上に提起されたすべての疑惑を自ら否認。ソ・シネについては「会話をしたこともない。今回のことで被害が及んだようで申し訳ない」と伝えていた。

2021/02/22 17:13配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 3


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.