≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」5話あらすじと撮影秘話…モーテルでのおもしろ撮影秘話、ムニョンの誘惑にタジタジ=撮影裏話・あらすじ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」5話あらすじと撮影秘話…モーテルでのおもしろ撮影秘話、ムニョンの誘惑にタジタジ=撮影裏話・あらすじ
≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」5話あらすじと撮影秘話…モーテルでのおもしろ撮影秘話、ムニョンの誘惑にタジタジ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマREVIEW≫「サイコだけど大丈夫」5話あらすじと撮影秘話…モーテルでのおもしろ撮影秘話、ムニョンの誘惑にタジタジ(画像提供:wowkorea)

今日はドラマ「サイコだけど大丈夫」の撮影裏話。まずは、ガンテとムニョンが雨に濡れてモーテルに入るシーン。
モーテルの入り口でムニョンはガンテに壁ドンをする。監督も加わり、「壁ドンしたときに、ここのスイッチも入れたら?」と話す。

背が高いキム・スヒョンに目線を合わせるために、背伸びをするソ・イェジ。「そんなに目を見開いて言われたら!! 怖いじゃないか~」とリハーサルでふざけるキム・スヒョン。
ソ・イェジは笑い出す。「傷ついた?」と言うソ・イェジのセリフをコピーしてキム・スヒョンは遊んでいる。
壁ドンするリハーサルに入るも、「なんか違うと思うわ」とソ・イェジがやり直す。「俺の位置がおかしかったかな?もっと奥だったか。腰を回せばよかったかな」とキム・スヒョンは周囲を笑わせる。ソ・イェジは「私もつられて、そっち行きかけたわ」と笑う。

モーテルの社長役でカメオ出演したのは、チョン・サンフンだ。

チョン・サンフン:こんにちは。チョン・サンフンです。「サイコだけど大丈夫」に特別出演することになり、光栄です。すごく面白そうです。撮影も楽しかったですね。ファイティン! 


次は、ガンテの家にムニョンがやってくるシーンだ。
2人でセリフを合わせるキム・スヒョンとソ・イェジ。隣には監督が。表情について話す場面で「僕の表情は?」と聞くキム・スヒョンに「最低」とセリフで答えるソ・イェジ。
結局前のセリフをやめて「温かさ」を表現することに。キム・スヒョンはソ・イェジの頬に触れる演技を。
練習が終わると「あんたの手足全部食べてやる」といたずらっぽく言いどこかに行くソ・イェジ。「いいよ。全部食べろ」とキム・スヒョンは返す。

「そうじゃなくて表情」とキム・スヒョンが言うと、「興味ない。あ、違う、最低! ややこしい…」とうまく言えないソ・イェジを前に、キム・スヒョンが笑い出す。
「カッコよくて、最低で、興味ない」と早口でソ・イェジが何度も繰り返す。立ち去ろうとするソ・イェジを連れ戻し、「えっと、なんだっけ?」と言い周囲を笑わせるキム・スヒョン。

モーテルでのシーンは、ユーモアがありくすっと笑えるシーンになっていたが撮影裏では準備が結構大変だった様子が感じられた。動き1つで見え方が変わることを熟知している2人ならではのプロ意識が垣間見えた。


●韓国ネットユーザーの反応●

「キム・スヒョンはカットがかかると結構ふざけたりしてたんだね! 」
「ソ・イェジとキム・スヒョンの掛け合いを見てると、こっちが嬉しくなる」
「リハーサルのキム・スヒョンがかわいい! 」
「チョン・サンフンさん、さすが存在感のある演技だった! 」
「主演の2人が兄弟に見えてきた…」


●あらすじ●

tnN土日ドラマ「サイコだけど大丈夫」では2人が過去に出会った呪われた城で再び会う保護士ムン・ガンテ(キム・スヒョン)と童話作家コ・ムニョン(ソ・イェジ)の姿が描かれた。

この日、ムン・ガンテは雨の中を1人で歩くコ・ムニョンを暖かく抱き締めてあげて、コ・ムニョンは「お腹すいた」と微笑んだ。ムン・ガンテは近くのモーテルにコ・ムニョンを連れて行ったが、モーテルの主人が気に入らず、再び出ようとした。しかし、コ・ムニョンは「私はここが良い。家に行く前に凍え死ぬよ。財布も全部置いて出てきた」と答えた。

すると、ムン・ガンテは「僕が来なかったらどうするつもりだったんだ。爆発するように暴走しないでちょっと考えろ。むやみに歩くのか。1人で向う、見ずに。そうして何か起こったら」とし、腹を立てた。これにコ・ムニョンは「なぜ君が腹を立て、私を心配するのか。君、私のことが好きなのか?私は本当に分からなくて」と話した。

コ・ムニョンの言葉に困惑したムン・ガンテは部屋が欲しいと言った。しかし、宿泊費が無く仕方なく自分の家にコ・ムニョンを連れてきた。

コ・ムニョンはムン・ガンテの部屋を見て回りながら、「どうして部屋の中に全ての物があるのか。こんな所に住んだら飼育される気分になりそうだ。失礼なのか?」と話した。ムン・ガンテは「僕の表情がどうだ?表情を見ろ、と。人の顔の中に盛り込まれた感情。胸で感じられなければ、頭で覚えて」と忠告した。

すると、コ・ムニョンは「私は自閉症ではない」答えた。これにムン・ガンテはコ・ムニョンのボールを触りながら、「ゾンビの子どもがこういうことを望むのではなかった?」と述べ、コ・ムニョンは「ご飯でも食べよう。お腹がすいた」と背を向けた。

ムン・ガンテはカン・スンドク(キム・ミギョン)に頼んで夕食を持って部屋に戻り、コ・ムニョンと一緒に食べた。美味しくご飯を食べていたコ・ムニョンはムン・ガンテに「1人でいる時、ご飯を食べない。私には腕、脚を提供する母もいなくて、君のように“タニシのお嫁さん”もいない」と話した。

(※“タニシのお嫁さん”とは韓国伝統童話に登場する、密かに家事や食事の準備をしてくれる女性のこと)

ご飯を食べた後、コ・ムニョンは部屋に横たわって寝て行くんだと話し、ムン・サンテは「寝て行けと言わなかった」と、コ・ムニョンを引っ張り出そうとした。これにコ・ムニョンが「サンテお兄さん」と叫び、驚いたムン・サンテはコ・ムニョンの口を塞いだ。その時、友達チョ・ジェス(カン・ギドゥン)が上がってきて一緒にご飯を食べようと言い、ムン・サンテは何とかチョ・ジェスを送った。

コ・ムニョンはチョ・ジェスとムン・ガンテが話を交わしている間、玄関のドアを閉め、ムン・ガンテ「寢かしたら開けてあげる」と話した。これにムン・ガンテはチョ・ジェスに連絡して、「家の中がすっかり水に浸っている。排水管が爆発した」とムン・サンテを頼んだ。

コ・ムニョンは一緒に横になったムン・ガンテに「演技上手いね」と、しつこく言った。これにムン・ガンテは「僕の兄は、僕の顔をいつも見ている。僕の目、しわ一つ一つ。表情を観察して僕の感情を把握して。全身が辛くても僕が無理やりに笑ってあげると、兄さんは僕が幸せだと信じる。兄さんがそう思うなら、それだけだ。偽りでも構わない。笑ってあげること。難しくないから」と淡々と話した。

翌日、コ・ムニョンはナム・ジュリと向き合い、ナム・ジュリは「あなたはどうしてここにいるのか」と聞き、コ・ムニョンは「一緒に寝たからここにいるのだろう」と答えた。ナム・ジュリは「ここが私たちの家だ。私がガンテさんの家も紹介してあげて、病院も紹介してあげた」と話した。

これにコ・ムニョンは「あなた、ひょっとして好きなの?私は告白した。諦めて。私が先に唾をつけた」と刺激した。すると、ナム・ジュリは「嘘はやめて。あなたは連れて遊ぶのに飽き飽きすれば捨てるだろう。あなたの執着だ」と受け答えた。

結局、2人は髪を掴み合って争い、ムン・ガンテと家の中の人がみんな出て、この姿を見ることになった。ムン・ガンテはコ・ムニョンを引いて出て、3万ウォンを握らせて帰宅させた。

ナム・ジュリは部屋へと入り、母カン・スンドクに「コ・ムニョン、あの子の名前だけ呼んだ。私には尊敬語を使うのにコ・ムニョンにはため口を使う。親しいのなら、私と親しくしなきゃ。1+1で一緒に買った服をどうしてあの子に着せているの」と号泣しながら言った。

これにカン・スンドクは「あんたにも機会が来るよ。せっかくこうなったのだから、好きだと告白して。フラれたら、また告白して。逃げて行けばついて行って」と応援した。

チョ・ジェスは「2人は寝たのか?お前、あのサイコが好きなのか?なんで服は貸してあげて、睡眠はどうして寝かせてくれないのか。慈善事業なのか。やらなかった事はしないようにしよう。気をつけろ。お前に初めて会った日から刃を刺した女だ」と話した。さらに、「サイコは親子必要ない。目が回ればすっかり変わる」と言い、ムン・サンテの手にできた傷を見て、「これ見て、どうかしっかりしろ」と話した。

これにムン・ガンテは”「僕は最近何度も忘れる。傷も、蝶も。全部忘れてしまう時がある。だから君が時々教えて欲しい。しっかり出来るように」と答えた。

以降、コ・ムニョンは病院で絵を描いたムン・サンテに近づいて遊ぼうと提案し、自分の家に連れて行った。この事実を知らなかったムン・ガンテはムン・サンテを探し、コ・ムニョンと共に出掛けたという言葉を伝え聞いた。コ・ムニョンはムン・サンテに「私と一緒に生きる」と言い、契約書を出して、ムン・サンテは「良い」とサインした。

ムン・ガンテはコ・ムニョンに連絡して、「兄には触れるなと言ったのに」と怒った。これにコ・ムニョンは「退屈でちょっと一緒に遊んだ。迎えに来る?呪われた城」と話した。

これにムン・ガンテは「そこに行ってみてわかった。君が僕を救ってくれて、僕が君からも逃げたあの時」と答え、コ・ムニョンは「君はまさか全部知っていたのか」と困惑した。ムン・ガンテはすぐコ・ムニョンの元に向かい、コ・ムニョンは眠ったムン・サンテに自分を特別だと城に監禁していた母の話を切り出した。

コ・ムニョンは「いつも誰かが私を助けに来るのを待った」と言い、ムン・ガンテが自分を訪ねてきたが、母によって帰さなければいけなかった過去を打ち明けた。城に到着したムン・ガンテは外を眺めるコ・ムニョンと向き合った。
2020/12/18 15:30配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 77 最終更新:2021/01/06 16:56

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
500円
Dr.VITAビタミンハンド...
2,900円
Dr.VITA-Eクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Bクリーム(...
2,900円
Dr.VITA-Aクリーム(...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.