≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る
≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る(提供:OSEN)

≪韓国ドラマNOW≫「秘密の森2」4話、ペ・ドゥナが地区隊自殺事件の真実を知り憤る(提供:OSEN)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

 23日に放送されたtvN土日ドラマ「秘密の森2」第4話ではハン・ヨジン(ペ・ドゥナ)がセグク地区隊の自殺事件に関する真実を知る姿が描かれた。

この日、検察警察協議会が始まった。警察庁捜査局長シン・ジェヨン(イ・ヘヨン)が先に「来て下さりありがとう」と機先を制すると、ウ・テハが「こちらこそありがとう。私たちは仕事をしに来た」と答えた。さらに、シン・ジェヨンは警察の捜査権に関する話を伝え、キム・サヒョン(キム・ヨンジェ)が反対意見を掲げた。

これを聞いたチェ・ビッ(チョン・ヘジン)は「検察だけが令状を請求するようにしたのは5.16勢力たちだ。これが法律上でどれだけ欠点があるのか、よく知っているじゃないか」と聞き、これにキム・サヒョンは「その当時、クーデター勢力が作ったのは事実だ。存在してはいけない悪法だったが、それでも存在した。歴史上欠陥が合わない気がする。 さらに、改正がされず今までも続いている」と答えた。

これにハン・ヨジンが「悪法だということを認めるのではないのか」と、間違った事例を説明した。すると、ウ・テハは「その事件はそれで敗訴しなかった。そして全て古い話だ。5.16まで言い立てるのは」と気に食わなかった。

これにチャン・ゴンが乗り出して、「最近のことだ」「不動産詐欺に遭った被害者に会った。苦労して捕まえた。ところが拘束令状が出なかった。家主と組んで家主のフリをして被害者に保証金で渡し、その金を手にした。今日の未明に解いてあげなければならない」と話した。

チェ・ビッは「いまだに変わっていない」と嘆いた。シン・ジェヨンは「今も令状のせいで大変なのに令状請求権を未だに与えないと?」と怒った。

これを聞いたファン・シモクは「検察の力は起訴にあるのではなく、起訴する事件を起訴しないことにある。令状請求権を持った人に明らかに圧力がかかってくるだろうに、どのやって食い止めるのか。警察が法を知らず、このようなことがあるのではない」と話した。

これにハン・ヨジンは「私たちが直接、裁判所から請求権を貰います」と話し、チェ・ビッも「請求された令状が不適切だと裁判所で引き留める」と加勢した。

ウ・テハは「こんなのが何か協議か。お互いに気を悪くして今日はここでやめよう」と席を立ち、キム・サヒョンにチャン・ゴンがある言葉を思い出しながら「どんな子が令状を持って小細工か。どうして令状請求してくれないんだよ。今までしてくれないこと。今してくれたら、さらにおかしいじゃないか」と心配し、キム・サヒョンも「保証金詐欺師なのに…本当に釈放されたらどうする」と話した。

ハン・ヨジンも「保証金詐欺師、本当に方法がないでしょうか?」と話し、チェ・ビッはハン・ヨジンとチャン・ゴンを称賛した。その時、チェ・ビッに議政府の検事がヨジュ刑務所にいる被疑者に会おうとしているというメッセージが1通届いた。これはソ・ドンジェ(イ・ジュンヒョク)が調査している細谷地区隊の自殺事件。

この事実を知らずにいたチェ・ビッは「議政府のどんな検査?教えてくれ」と頼み、ソ・ドンジェが調査するという事実を知った。チェ・ビッはこの事実をハン・ヨジンと共有した。チェ・ビッは「よりによってこの時点で古臭い昔のことを採っているのか分からない。ソ・ドンジェ検事が調査中だというが理由が分からない」と伝えた。

ハン・ヨジンはセグク地区隊という言葉にファン・シモクが以前、自分に尋ねた言葉を思い出した。以降、ハン・ヨジンはチェ・ビッにもらった連絡先でペク警査に連絡したが、彼が休暇だという事実を知り、事件日誌を見て一緒に仕事をしたコ巡査に連絡してソン・キヒョン警査の自殺事件について尋ねた。

コ巡査は集団いじめがあったと伝えた。これにハン・ヨジンは憤り、「集団いじめをした?ソン警査の遺体を最初に発見した人が誰なのか」と尋ねた。全ての事実をチェ・ビッに伝えて「自殺だが、他殺だ」と述べ、チェ・ビッは絶望した。

一方、ソ・ドンジェはイ・ヨンジェ(ユン・セア)に会おうと頼み、イ・ヨンジェはこれに応じた。ソ・ドンジェは「真実を知りたくてやってきた。ひょっとしてチェ・ビッ署長を知っている?パク・グァンス弁護士は知っているか?」と尋ねた。これにイ・ヨンジェは「私が知っている名前か」と答えた。

パク・グァンス弁護士は我々検察側の人間なのに…退社された。ところで同じグループで迎え入れようとしたという話を聞いた。同じグループ側で非公式的に活用しようとしているようだが。ところでパク・グァンスが家で自慢をしたようだ」と話した。

これにパク常務が「接触したのは事実だが、持病ですぐに死んだので行われなかった」と話した。これにイ・ヨンジェは「私が殺したのか?見え透いた物語ではないか」と話した。すると、ソ・ドンジェは「そではなく、死んだ次が変だ。酒が飲めない人なのに酒を飲んで事故が起こったのだ」と話した。

しかし、イ・ヨンジェは「覚えていないことを話せなければならない」と、やつれたように述べた。ソ・ドンジェはさらに、「私が会おうと言ったが、私を呼んだ理由があるようだ」と本音を明かした。

これにイ・ヨンジェは「会長、一度会われますか」と述べた後、「釈放された後に一度も会えなかった。父は私が彼と組んで、父を監獄に送ったと思っている。こっちの人には顔も見せてくれない。ソ検事はこちら側の人ではないから」とし、会長に接近しろと話した。
2020/08/23 23:59配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 98


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.