「監視者たち」、トロント国際映画祭公式部門に招待

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
「監視者たち」、トロント国際映画祭公式部門に招待
「監視者たち」、トロント国際映画祭公式部門に招待

韓国映画「監視者たち」(原題)

 韓国映画「監視者たち」が第38回トロント国際映画祭のメインセクションである「ガラプレゼンテーション」に公式招待されたことがわかった。韓国映画では「ハウスメイド」(2010年)、「グッド・バッド・ウィアード」(2008年)に続き、3度目となる。

 来る9月5日から15日まで開かれる第38回トロント国際映画祭は24日、公式ホームページに主要部門上映作を公開した。

 同映画祭の核となる部門「ガラプレゼンテーション」に招待された「監視者たち」は「韓国の熱いアクションスリラー」と紹介された。

 カナダで開かれるトロント映画祭はコンペティション映画祭ではないが、北米地域の最も権威ある映画祭で、フィルムマーケットを伴っており欧州のカンヌ、ベネチア、ベルリン映画祭と共に世界4大映画に選ばれる。

 世界各国の映画関係者をはじめ、40万人以上の一般客が参加する予定だ。

 同映画祭は芸術映画を優先する欧州の映画祭とは異なり、作品性や産業性を同時に兼ね備えた映画を紹介し、版権取引が活発に行われる映画祭として評判が高い。

 特に「ガラプレゼンテーション」は映画の監督や主演俳優らがレッドカーペットに招待され、世界のメディアの注目を一身に受ける。

 トロント国際映画祭アジアプログラマーのジョヴァンナ・フルヴィは異例的に直接韓国を訪問して「監視者たち」のVIP試写会に参加しており、映画を観覧後、「とても興味深くて、少しも緊張の糸を解くことができなかった。タイトなスケジュールの中でも2度『監視者たち』を観覧するぐらい魅力的な映画だった」と賛辞を送ったと、映画制作会社が伝えた。

 特に「監視者たち」主演俳優の1人チョン・ウソンは「グッド・バッド・ウィアード」に続き2度目のレッドカーペットを踏むことになった。韓国俳優としては最多記録だ。

 ことしガラコレクション部門には「監視者たち」以外にピーター・チャン(陳可辛)監督の「American Dreams in China」、ジョン・ウェルズ監督の演出でメリル・ストリープ、ユアン・マクレガー、ジュリア・ロバーツ、ベネディクト・カンバーバッチが出演した「August:Osage County」、ロン・ハワード 監督の「Rush」などが招待された。

 去る3日に韓国で公開された「監視者たち」は、4週目でもボックスオフィス2位を守り、長期興行を続けている。23日までに累積観客472万7751人を記録しており、今週末に観客500万人を突破する見通しだ。
2013/07/25 11:58配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
おすすめ情報
「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

”永遠のオッパ“こと俳優シン・ヒョンジュン、2019誕生日ファンミ開催決定

「Mnet Presents AICHI IMPACT!  2019 KPOP FESTIVAL」 <uP!!! ライブパス>で8/31(土)ステージを生配信!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.