【個別インタビュー(後編)】「U-KISS」、メンバーたちの心は“リンク”している? 兄貴想いの末っ子ジュン「これからは僕がもっと兄貴たちを愛してあげる」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー(後編)】「U-KISS」、メンバーたちの心は“リンク”している? 兄貴想いの末っ子ジュン「これからは僕がもっと兄貴たちを愛してあげる」
【個別インタビュー(後編)】「U-KISS」、メンバーたちの心は“リンク”している? 兄貴想いの末っ子ジュン「これからは僕がもっと兄貴たちを愛してあげる」

「U-KISS」左からフン、イライ、ジュン、キソプ

昨年末にリーダーのスヒョンが入隊し、4人の新体制となった「U-KISS」が3月21日(水)、7枚目のアルバム「LINK」をリリース! 
そこで、インタビュー後編では「LINK」にちなみ、2択質問でメンバー4人の心がどれだけ“リンク”しているかを探ってみた。


―では、質問していきますので、「せーの」でAかBかを答えてください。
Q落としてショックなのは? Aケータイ B財布
一同:せーの。
フン:B
イライ:B
キソプ:A
ジュン:A
ジュン:OK~。(キソプと指きりするように小指を絡めて)つながってる! 
フン:(イライと小指を絡めて)こっちもつながってる。リンク! 

―それぞれどうしてA、Bを選んだのか理由を教えてください。まずAのケータイは? 
キソプ:昔、ケータイをなくしたことがあって、本当にショックで…
フン:ショックだった理由は、キソプのケータイの中に、メンバーたちの恥ずかしい写真がいっぱいあったんですよ(笑)。だから、キソプのケータイがなくなって、本当に衝撃で。結果的に何も起きなかったんですけどね。
キソプ:ちゃんとロックはしていたから。
イライ:撮った写真は2万枚ぐらい? 
キソプ:1万枚ぐらい。撮るのが好きだから、めっちゃ撮ったんですけど。
フン:いつもメンバーたちでサプライズイベントをやるとき、みんな楽しんでいるのに、1人だけ後ろで写真を撮っているんですよ。
キソプ:だから、最近は本当に危ないから、ヘンな写真は撮らないようにしています(笑)。

―そして、Bの財布を選んだ理由は? 
フン:みんな知っているけど、僕は財布がよくなくなります(笑)。
キソプ:いま5個かな? 
フン:2年の間に、5個ぐらいなくしちゃったんで。僕、自分では賢いと思うけど、財布をなくすたびにバカだなと思います(笑)。財布をその辺に置いておくと、そこに置いたことをすっかり忘れちゃうんですよ。
キソプ:忘れたまんま行っちゃいます。
フン:1番おかしかったのは、車を運転しようと思ってドアを開けたら、ゴミがあったんで、まず財布を車の屋根に置いて、車内のゴミを捨てていたら、財布のことを忘れて、そのままドアを閉めて、出発しちゃったんですよ。それで、後になって財布がないと気付いて、防犯カメラで確認したら、自分が財布を屋根に置いて、ブーンって。その姿を見て、衝撃でした(笑)。

―結局、その財布は? 
フン:高速道路のどこかに(笑)。
ジュン:そういうことが2回です。
フン:車に置いたのが2回。あと、その辺に置いたまま、行ってしまったというのが3回ぐらい。
キソプ:最近、車のキーも忘れて。
フン:これからは本当に気をつけます。

―では、次の質問にいきます。
Q好きなものはいつ食べる?  A最初 B最後
一同:せーの。
フン:B
イライ:B
キソプ:A
ジュン:A
ジュン:好きな食べ物が目の前にあったら、すぐ食べます。だから、当然好きなものから食べます。僕、好きなものを先に食べて、それをずっと食べていたいです。
キソプ:最後まで? 
ジュン:ハイ、最後まで。
イライ:もし、絶対に好きな食べ物と嫌いな食べ物、どっちも食べなきゃいけないときは、最初に好きなものを食べて、最後に嫌いものを食べるの? 
ジュン:ハイ。
フン:僕はその理由分かります。そして、なんで2人ずつ分かれたのか。イライと僕は、絶対に食べ物を残さない。でも、キソプとジュンは少し残すんですよ。
キソプ:そうですね。
フン:だから、好きなものを最初に食べたほうが、最後にちょっと残しても、好きなものは食べたから、それでいいって。でも、イライとフンは絶対最後まで食べるから、やっぱりおいしいものは最後だろうって(笑)。
イライ:最後に好きなものを食べて、おいしかったって満足したら、その日1日幸せな気分で過ごせます。

―フンさんの分析力がすごいです。メンバーの皆さん、すごく納得していますね。では、次の質問へ。
Q約束の待ち合わせは? A待つほう B待たせるほう
一同:せーの。
フン:A? 
イライ:A
キソプ:A
ジュン:A
フン:僕はAとBの間ぐらい? でも、この4人は基本的にAですね。スヒョンさんがB。リーダーは最後に登場するのが好きです。
イライ:パーティーとかでも、わざと遅れて行く人っているじゃないですか。そういう、カッコよく遅れて行くのはいいと思いますけど、僕は待つのが好きです。それで、早く行って車の中でゲームをするとか。

―どれぐらい待てますか? 
フン:何時間でも待ちます。
キソプ:2、3時間でも。
フン:「U-KISS」は、最近は個人活動が多いじゃないですか。例えば、4時に集まろうと決めたら、みんなそれに合わせて家を出るけれど、誰かが3時50分ぐらいに「ごめんね、またもう1個、スケジュールが入った」ってなることもあるんですよ。そしたら、それ以外のメンバーは、もう出発しているから、4時までに到着して、ずっと待ちます。でも、それはかまわない。だから、待つのはあんまり気にしないです。

―皆さんの心の広さを感じますね。では、次の質問です。
Qメンバーの中でよく泣くのは? Aスヒョン Bジュン
一同:せーの。
フン:A
イライ:A
キソプ:A
ジュン:A
ジュン:当然Aです! 
フン:本当は同じぐらいだけど、スヒョンさんが30歳、ジュンさんが22歳だから、8年分多くスヒョンさんが泣いたと思って、Aにしました(笑)。
ジュン:僕はどんどん成長しながら、男になっていますから! 
フン:いや、いまも泣いていますよ。泣き虫の2人ですから。

―そういうフンさんですが、この選択肢、Bをジュンさんにしようか、フンさんにしようか悩んだんですよ(笑)。
フン:(驚いたように)なんで!? 
キソプ:(分かったように)あ~。
フン:最近、ソロコンサートでめっちゃ泣いたからですね。
イライ:えっ? 
ジュン:知らなかったですね~。
キソプ:僕は知っています。
フン:でも、泣いたのには理由がありますね。
イライ:みんなも泣くときは理由がありますよ(笑)。
ジュン:僕も理由があります! 
フン:ソロコンサートのときは、セットリストが全体的にバラード曲で、最初から悲しい気持ちを入れて、入れて、入れて、最後に「KISSme」がサプライズをしたから、それを見たら泣きますよね。感情を入れすぎていたから。普段は僕、男らしいから泣かないです。

―イライさんとキソプさんは? 
キソプ:特別な理由があったら泣きますけど、普段はぜんぜん。強いです。
イライ:涙腺が強いです(笑)。
キソプ:たしかにイライさん、めっちゃ強いです。「U-KISS」のメンバーで1番。
フン:いや、そんなことないですよ。前回のDVD「Days in JAPAN」でメンバーそれぞれが手紙を読んだんですけど、イライが1番泣いていたんです。(イライの泣いた様子を再現し)こうやって嗚咽していたんです。
キソプ:あんなに泣くイライさん、初めて見た。
フン:本当にかわいそうなぐらい泣いているから。イライも泣くんだと思って。泣くと、1番ひどく泣くみたいな(笑)。
イライ:でも、弱い姿を見せたくないから、普段は泣かないです。
キソプ:本当に男だから。
フン:僕もこれ以上、泣く姿は見せたくないです! 

―では、次はそんな「U-KISS」で一番泣くスヒョンさんに関する質問です。
Q見たくないのは? A怒るスヒョン B泣くスヒョン
一同:せーの。
フン:B
イライ:B
キソプ:A
ジュン:B
フン:誰がBって言った? 
キソプ:僕はAって言った。スヒョンさんが泣くのは理解できます。いま30代だし。
フン:ハハハ。30代が関係ある? 
キソプ:「U-KISS」の弟たちのこととか、「KISSme」のこととか、リーダーとしていろいろ考えているから、泣いても、その泣く気持ちが分かります。そうだねって。でも、怒るスヒョンさんは見たくないです。怒ることもいいことですけど、キャラが明るいから、芸人さんみたいに、冗談を言ったりしているほうがいいです。スヒョンさんが急に怒ると、その場の雰囲気が本当に変わるから、そういう姿は見たくないです。
フン:たしかに。

―でも、3人は泣くスヒョンさん。
ジュン:なぜならば、リーダーは泣いちゃダメだからです。
フン:お前も泣いちゃダメだよ! (笑)
ジュン:僕は末っ子だから大丈夫です。へへっ。
イライ:スヒョンさんが泣いたら、自分が失敗したからだっていう感じになるので、それが嫌です。でも、怒るスヒョンさんは、まだ僕たち「U-KISS」に愛情もあって、一緒に頑張っていこうって気持ちが感じられるので。
フン:愛情があるから怒ってくれる、みたいな。
イライ:そうです。だから、むしろ怒ってくれたほうがいいなって思います。

―では、最後の質問です。
Qどっちが幸せ? A愛する B愛される
フン:これはもちろんBじゃない!? 
キソプ:もちろん! 
一同:せーの。
フン:A
イライ:B
キソプ:A
ジュン:A
キソプ:ハハハ。もちろんBじゃないですかって言って、A。
イライ:僕はどれだけ愛しても、愛されなかったら幸せじゃないです。愛をもらったら、自分もそれだけ愛することができるから。
フン:イライはギブ&テイクが好きなんで。僕は愛されるのも好きだけど、いつかその愛がなくなるんじゃないかって不安ですね。だから、それだったら、僕が1人で愛したほうが気持ち的にラクです。嫌いになって、愛されなくなったら、心にケガするのは自分だから、俺だけがお前を好きだっていう意味で、愛したほうがもっといいと思います。
キソプ:僕も自分が誰かを愛するほうが好きです。愛をもらうのも好きですけど、自分の本気の心をあげたいと思うから、愛するほうがいいです。
ジュン:僕は兄貴たちが、4年間僕を愛してくれたんですよ。
フン:もちろん! 
ジュン:だから、これからは僕がもっと兄貴たちを愛してあげる。
フン:ありがとう! 
ジュン:(3人に1人ずつ)愛してるよ。愛してるよ。愛してるよ。


 最後は心温まる雰囲気で、インタビューを締めくくった「U-KISS」のメンバーたち。近況を聞いてみると、キソプは相変わらずファッションに興味があり、半年かかって初めて曲を完成させたというイライは、コンピューターゲームでストレス解消を、フンもゲームにハマっているとか。
そして、「THE UNIT」から誕生したグループ「UNB」での活動も並行しているジュンは、「U-KISSのことをもっと大事にしています」と笑顔を見せ、随所にグループ愛を見せていた。

 リーダーのスヒョンが不在な分、さらに絆を強めながら、それぞれが責任感を持って、しっかり「U-KISS」を守っていこうと力強く意気込み、気持ちを新たに始動する彼らの活躍がとても楽しみだ。

「U-KISS」オフィシャルサイト
http://u-kiss.jp/
2018年3月15日23時6分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【個別インタビュー】「NMB48」初の韓国出身メンバー7.5期生イ...

【個別インタビュー】「NMB48」初の韓国出身メンバー7.5期生イ...
「NMB48」に初めて7.5期生として韓国出身のメンバーが誕生。 その話題となった韓国出身のイ・シヨンが、書面インタビューで最終オーディションまでのことやこれからの意気込みなどを熱く語って...

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...

【合同インタビュー】大ヒット作「7番房の奇跡」に続く最新作「偽りの...
韓国歴代興行収入10位、日本でも親子愛に号泣する観客が続出したヒット作「7番房の奇跡」(2013)のイ・ファンギョン監督の待望の最新作「偽りの隣人 ある諜報員の告白」が、日本でもいよいよ9月...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...

【個別インタビュー】UK(Apeace)、新たな可能性を感じさせる...
「Apeace」のヨンウクがソロアーティスト名義「UK」として、初となるシングル「CHECKMATE/君と見る世界は綺麗だ」を7月20日(火)にリリース! 「CHECKMATE」は男女の駆...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...

【インタビュー】韓国ドラマ「Oh!ご主人様」イ・ミンギ&ナナ(AF...
俳優イ・ミンギとナナ(AFTERSCHOOL)が主演を務め、恋愛を“しない”男性と恋愛が“できない”女性のロマンスを描く韓国ドラマ「Oh!ご主人様~恋ができない僕とカノジョの同居生活~」。本...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.