<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君との未来図」主演のキム・ヨハン(WEi)、日本オフィシャルインタビュー公開!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君との未来図」主演のキム・ヨハン(WEi)、日本オフィシャルインタビュー公開!
<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君との未来図」主演のキム・ヨハン(WEi)、日本オフィシャルインタビュー公開!

<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君との未来図」主演のキム・ヨハン(WEi)、日本オフィシャルインタビュー公開!(画像提供:wowkorea)

大人気ボーイズグループ「WEi」のキム・ヨハン×「今、私たちの学校は…」のチョ・イヒョン×「警察授業」のチュ・ヨンウなどいま大注目の次世代スターが夢の共演!

大学受験ではなく別の道を選択した18歳の若者たちの夢と友情、壁にぶつかりながらも未来に向かって成長していく過程を描いた「学校」シリーズの最新作が、本日(4/28)よりU-NEXTにて日本初・独占配信スタート!

これまでの学園ドラマでは珍しい特性化高校(特定分野の人材や専門職業人を育成するための高校)を舞台にした学園青春ドラマ「トキメク☆君との未来図」の日本初配信を記念して、主役のコン・ギジュン役を演じたキム・ヨハン(WEi)の日本オリジナルインタビューが到着した。


Q:本作に出演することになったきっかけと初めて台本を読んだ際の感想を聞かせてください。
ヨハン:この「学校2021」(トキメク☆君との未来図)という作品は元々、「学校2020」の予定でした。しかし出演が決まって準備をしていく過程で、何というか…制作側で問題が発生したんです。2年ほど待ってもう諦めようかと思っていた頃に、突如「“学校2021”として撮影できることになった」というお話をいただき、とても嬉しかったですし、長い間待った末に光栄な作品に出会うことができたように思います。

Q:コン・ギジュンの役柄について簡単に紹介をお願いします。
ヨハン:コン・ギジュンという人は、幼少期から両親ではなく祖父の元で育ちました。テコンドー選手になるという夢だけを見つめて生きてきた彼は、表面上は足首を負傷して自分から辞めたと話しますが、実際は実力不足でクビになってしまいます。その後目標もなく途方に暮れていた中で、友人たちの助けや自分自身の意志、祖父のおかげもあって新たな夢を見つけながら前に進んでいくという役柄です。また、彼はどこか抜けていて天然という要素も持ち合わせています。

Q:コン・ギジュンの役柄を表現するために撮影前に準備したことはありますか?
ヨハン:演じるにあたって、僕がそのキャラクターに合わせるというよりは、実際にコン・ギジュンと書かれた名札を胸に付けるんだという心持ちで、僕キム・ヨハンをギジュンに置き換えようとしていました。

Q:ご自身が考える俳優キム・ヨハンとコン・ギジュンの性格におけるシンクロ率はどのくらいだと思いますか?
ヨハン:実際の性格は多少似ている部分もあります!なぜなら普段の僕の性格をそのままに演技した部分もたくさんありますし、特にアドリブをする際にはそういった共通点が見られたように思います。ですからシンクロ率は…70%くらいだと思います。

Q:台本には無いアドリブもなさったのですか?
ヨハン:はい、たくさんアドリブを入れたと思います。監督もそれを好んで下さったので…1話からアドリブが見られますよ (笑)

Q:ヨハンさんがお生まれになった1999年からこの学校シリーズが開始されたことをお聞きになりましたか?
ヨハン:はい。僕とは同級生なんです。

Q:そのようなドラマにご出演されたご感想はやはり特別なものなのでしょうか?
ヨハン:う~ん…僕は99年の作品を観ることができませんでした。(笑) そのときに生まれたので。(笑)ですが、「ゆれながら咲く花 ~学校2013~」でイ・ジョンソク先輩とキム・ウビン先輩のブロマンスを観て、同じ男性としてすごく胸が高鳴りましたし感動しました。それをとても楽しく拝見していたのですが、まさかそのシリーズに僕が出演するなんて当時は想像もできなかったので、とても不思議な気分でした。

Q:作中では建築デザイン学科の学生として出演されていましたが、実際に何かを作ったり制作したりすることはお上手ですか?
ヨハン:特に素質はないです。(笑) ドラマの中ではキャラクターの役柄に忠実に演じただけです。(笑)

Q:ドラマの撮影を通して記憶に残っているシーンやセリフはありますか?
ヨハン:実はドラマを観ている際には感銘を受けるというよりも、このシーンを撮影するときに僕はこうだったよな、ああだったよな…という考えがたくさん浮かんでくるんです。今でもはっきり覚えているのは、8話のシーンでヨンウ(チョン・ヨンジュ役)と海辺で倒れながらケンカをするシーンです。…とても苦労して撮影した記憶があります。(笑) 撮影当時は、寒波注意報が出るほど寒かったんです!まさか水の中に入るなんて想像もしてなかったのに…入りました。

Q:服装も薄着でしたよね?
ヨハン:はい。そのときはシーンの都合上、冬服ではなかったので。それが最も記憶に残っていますね。きっとヨンウに聞いても同じ回答をすると思いますよ。(笑)

Q:お二人とも風邪はひかなかったですか?
ヨハン:僕はその撮影の前日に2回目のワクチンを接種したので。(笑)

Q:では、なおさら辛くはなかったですか?
ヨハン:水に浸かった当日は大丈夫でしたが、その翌日に死にそうになりました。

Q:翌日も撮影があったのではないですか?
ヨハン:その翌日は撮影がなかったんです。翌々日にはまた撮影があったのですが…奇妙なことに体調が優れない日は休ませてくれますね(笑)

Q:よかったです…そうでなければ撮影が継続できなかったでしょうに…。
ヨハン:いえ、僕はやっていたと思います。僕は…やります。(笑)

Q:よりによってワクチン接種の翌日に海辺でケンカするシーンがあるなんて…。
ヨハン:僕もあれほどまでとは考えていませんでした。水に入って、全身濡れて、寝転がって…。そこまでとは思いませんでしたが、いざやってみたら…そうなりましたね?(笑)

Q:他にも楽しかった撮影や笑いすぎてNGが出たというようなエピソードはありますか?
ヨハン:僕は笑い上戸なうえに、よく人を笑わせもするんです。ですからアドリブをするにしても面白くしようとしたり…意外とそういうところがあるんです。それに僕を見ただけで出演者の子たちが笑うんですよ!だから、ただ僕の存在自体が面白いみたいです。(笑)ですから、撮影の最中はすべての瞬間が面白かったです。

Q:ムードメーカーだったんですね。
ヨハン:ボルムビョル(カン・ソヨン役)、ヨンウ、イヒョン(チン・ジウォン役)、僕を含むこの4人の中だったら、きっと僕がムードメーカーだったのではないかなと思います。

Q:今このインタビュー中もそうであるように、ヨハンさんのお話が面白いから皆さん笑ってくれるのではないですか?
ヨハン:お互いに楽しく笑い合うことができればいいなという思いから、撮影現場などで何か発言をする際は常に相手を笑わせようと考えながら話しています。

Q:「トキメク☆君との未来図」は高校を背景にしたドラマですが、ご自身の高校生活で記憶に残っているエピソードはありますか?
ヨハン:僕はソウル体育高校出身なのですが、友人をはじめとする全校生徒がみんな運動部でした。ですが…特にメディアでお話しするほどのエピソードはないと思います。(笑)

Q:ドラマの中でギジュンがハンバーガー店でアルバイトをしていますが、ご自身はアルバイトのご経験がありますか?
ヨハン:学生の頃に一度だけ経験したことがあります。寮生活をしながら運動をしていたので、アルバイトをする時間がほとんどありませんでした。当時は両親からお小遣いをもらって生活をしていたのですが、次の日に遊ぶお金が足りないときがあって(笑) それでたった一日だけ、同期の友人と一緒に夜8時から明け方6時までお弁当屋さんでアルバイトをしました。

Q:大人になった今、その当時の経験が助けになっているのではないですか?
ヨハン:はい。そのおかげで、お金を稼ぐことが簡単ではないと知りました。そしてアルバイトをした翌日はぐっすり眠りました。(笑)

Q:最近はコロナの影響で家にいる時間が多くなりましたが、ヨハンさんだけのおうち時間のルーティンはありますか?
ヨハン:家にいるときは、ほとんど何もせず確実に休むタイプです。コロナとはいえ、常に外に出て仕事をしていますし、ついこの間までは「トキメク☆君との未来図」の撮影に加えてソロアルバムの準備まで重なっていたので3日間連続で寝なかったこともありました。ですから、家にいるときはひたすら休んでいます。食事も疎かにして眠って、起床したらテレビを観たり携帯電話をいじったりして、また眠りますね。 

Q:今作では、様々な困難を経験しながらも夢に向かって努力する学生役を演じられていましたが、今後挑戦してみたい役柄はありますか?
ヨハン:僕はどんな役の依頼が来ても嬉しいです。ありがとうございます(笑) あえて選ぶとしたら、僕がテコンドー経験者なのでアクション系の作品で末っ子の刑事役などを演じてみたいです。または、お調子者の弟のような明るいイメージの役柄を演じてみたいです。

Q:ヨハンさんにとって「トキメク☆君との未来図」とはどのようなドラマでしたか?
ヨハン:僕を更に成長させてくれた作品であり、僕にとっては大変感謝すべき作品です。
「トキメク☆君との未来図」という作品を通して今の僕には身に余るほどの新人賞とベストカップル賞を受賞することができましたから。

Q:「トキメク☆君との未来図」の放送を心待ちにしている日本の視聴者の方々がいらっしゃいます。今後ドラマをご覧になった方々へ向けてのメッセージをお願いします。
ヨハン:ドラマをご覧になった皆さま!「トキメク☆君との未来図」は楽しくご視聴いただけましたでしょうか?今後も様々な活動を通してより良い姿をたくさんお見せいたしますので、これからのキム・ヨハンにも期待していてください。みなさん、愛してます!


2022年4月28日12時10分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君と...

<オフィシャルインタビュー>“学校”シリーズ最新作「トキメク☆君と...
大人気ボーイズグループ「WEi」のキム・ヨハン×「今、私たちの学校は…」のチョ・イヒョン×「警察授業」のチュ・ヨンウなどいま大注目の次世代スターが夢の共演! 大学受験ではなく別の道を選...

<インタビュー>ドラマ「気象庁の人々」好評の女優パク・ミニョン、自...

<インタビュー>ドラマ「気象庁の人々」好評の女優パク・ミニョン、自...
※一部あらすじ・ネタバレになるような内容が含まれています。  「オフィス物の不敗女神」と呼ばれる韓国女優パク・ミニョンが、年齢に合うキャラクターを演じて良い反応を得たようだと感想を...

<インタビュー>Netflixドラマ「未成年裁判」シム・ウンソク役...

<インタビュー>Netflixドラマ「未成年裁判」シム・ウンソク役...
※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。  韓国女優キム・ヘスが、先月25日に公開されたNetflixオリジナルシリーズ「未成年裁判」について語った。  ドラマ「未成年裁...

<インタビュー>女優キム・ダミ、俳優チェ・ウシクとの次の共演は「夫...

<インタビュー>女優キム・ダミ、俳優チェ・ウシクとの次の共演は「夫...
<インタビュー>女優キム・ダミ、俳優チェ・ウシクとの次の共演は「夫婦役をやってみたい」  韓国女優キム・ダミが、俳優チェ・ウシクとの共演の感想などについて語った。  今月25日に...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.