<インタビューその2>ソ・ガンジュン、「チ・イン・ト」の結末…ほろ苦くて嫉妬

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
<インタビューその2>ソ・ガンジュン、「チ・イン・ト」の結末…ほろ苦くて嫉妬
<インタビューその2>ソ・ガンジュン、「チ・イン・ト」の結末…ほろ苦くて嫉妬

俳優ソ・ガンジュン(提供:OSEN)

tvNドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」(以下、「チ・イン・ト」)を見ると、俳優ソ・ガンジュンの魅力にはまってしまう。不良っぽく見えたり、いい人で温かい部分を見せたりするペク・イノ。姉ペク・イナ(イ・ソンギョン)に振り回され、ホン・ソル(キム・ゴウン)を好きなのに彼氏のユ・ジョン(パク・ヘジン)がいて叶わない片思いをする男である。ソ・ガンジュンはペク・イノを演じながら、視聴者からたっぷり愛されている。

 ペク・イノは本当にカッコイイ男だ。ソルが危険にさらされると、いつでもパッと現れて、ブツブツ言うけれど配慮する心にあふれている。さらにイケメンで声までカッコイイ、俳優ソ・ガンジュンに会い、実際に恋に落ちてみたい男としてテレビドラマに登場する。ソ・ガンジュンとペク・イノの似ている点はあるのだろうか。

 「僕の性格と合わなくて、怖かったです。僕は小心者で内向的な方なんですよ。撮影に入る前に大衆の方々の心配も多かったじゃないですか。期待に応えられないと思いました。イノと僕は性格も合わないですしね。僕がこれを演じて考えを変えようという自信もありませんでした。だけど作品への欲もあるし、勉強してみると現場で遊びながら撮影をしているんです。大丈夫なのかと思うくらいに。事前制作のドラマなので、反応がわからないから、すごく心配でした。」

 「チ・イン・ト」は、彼氏がユ・ジョンだと決まっている。ソ・ガンジュンは純粋な片思いを演じなければならない。いわゆる“オ・ナム・ユ”(=どうせ(オチャピ)、カレシは(ナムジャチング)、ユ・ジョン先輩)という言葉も生まれた。

 「イノは恋を奪おうという欲求がありません。ただジョンとソルが付き合うのを受け入れるんです。イノはイノなりにソルを好きなんだと思います。結末がどうなるかはわかりませんけどね。あっ、もちろん僕は知っていますけど(笑)。実はちょっとほろ苦くて嫉妬しました(笑)。さっきアフレコしてきたんですが、ジョンとソルのキスシーンがあって途中で止まりました。『監督、これは何ですか。アフレコしているのに、どうしてこんなものを見せるんですか』と言ったんです。僕はイノにもっと気持ちが入っています。恋愛だけでなく、この人の人生がとてもかわいそうなんです。演じながら、そんなシーンを撮って『この人、すごくかわいそう』と言っていました。」
<インタビューその2>ソ・ガンジュン、「チ・イン・ト」の結末…ほろ苦くて嫉妬

俳優ソ・ガンジュン(提供:OSEN)


 事前制作ドラマなので、ソ・ガンジュンは通常の忙しく撮影される“生放送ドラマ”と違って結末をすでに知っている。だから記者の質問に、繰り返し「僕は知らないけど…」を強調して現場を笑わせた。デビューして3年になるが、ウイットに富んでいて、自分が言うべきことと言うべきでないことを正確に分かっている賢い俳優だった。

 イノは悲しい片思いをする。過去の悪縁だったジョンの恋人であるソルを好きになる。だからと言って、悪いことをしたり嫉妬に目がくらんだりする悪役ではない。だから視聴者はイノを演じるソ・ガンジュンに、ジョンを演じるパク・ヘジンと同じくらいの愛情を注いでいるのだろう。ソ・ガンジュンは片思いをしたことはあるのだろうか? 

 「演じる時に間接経験というのがすごく大事だと思います。先輩方もよくおっしゃっています。殺人者を演じる時、殺したことはないのにどうやってやるのかと。ところが僕は演じる時に経験をあまり思い浮かべない方なんです。なぜならば悲しいシーンだからと言って、僕の悲しかった経験を考えると、演じる時に何か変わってしまう感じがするんです。そのために悲しいのではなく、僕の経験のせいで悲しいようで、片思いの経験についても考えませんでした。ただ台本を見て先輩と演じてみて、その状況にすっかり没入していました。片思いをしたことはありますが、それを思い出さなくても没入できます。」

 今までの経験を思い出さないようにしているというのが、印象的だ。まだ演技の経験が多くなくても、演技に対して慎重に悩んでいるのかがよくわかる。

 「元々、僕も自分の経験を引き出そうと努力をしている方でした。演技を始めて3年しかたたないし、何かを断定することはできませんが、僕は自分自身を断定することはできます。演じる時にそれを考えたら、この状況の悲しみではなくなるから。ほとんど一致させることはできるでしょうけど、心から演じたいと思っているんです。」


<インタビューその3>に続く
http://www.wowkorea.jp/section/interview/read/160785.htm
2016年2月13日20時44分配信 (C)WoW!Korea

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら

<インタビュー>俳優ソン・ジュンギ、他にやってみたい役などドラマ「...

<インタビュー>俳優ソン・ジュンギ、他にやってみたい役などドラマ「...
 韓国俳優ソン・ジュンギがtvNドラマ「ヴィンチェンツォ」を終え、「この作品に出演したことだけでも自分を褒めてやりたい」と語り、作品に対する満足感を示した。  ソン・ジュンギが出演した...

<インタビュー>「DKB」、メンバー他己紹介!メンバーならではの特...

<インタビュー>「DKB」、メンバー他己紹介!メンバーならではの特...
――さて、「BKB」のみなさん。ここでメンバーがメンバーの紹介をお願いします!  E-CHAN:ではまず僕から、D1を紹介しますね。この友人は、すごく面白いです(笑)。そして活動的で、...

<インタビュー>「DKB」、デビューして1年「一生忘れない景色を見...

<インタビュー>「DKB」、デビューして1年「一生忘れない景色を見...
――「DKB」がデビューしてから1年が過ぎました。 この1年は、9人にとってどんな1年でしたか?  E-CHAN:本当に忘れられない時間だったと思います。9人で本当に一生懸命走ってきた...

<インタビュー>韓国1stフルアルバム「The dice is c...

<インタビュー>韓国1stフルアルバム「The dice is c...
-「DKB」の初の1stフルアルバムをリリースした感想と、これまでに発表したミニアルバム3作と、意識の違いはありましたか?  E-CHAN(イチャン):フルアルバムをリリースしたという...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.