<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?
<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

ムードメーカー、チェ・ウシクのおかげで笑顔を見せるイ・ソジン。(画像:画面キャプチャ)

人気ヒーリングバラエティ「ユンステイ」(tvN)が4月2日(金)放送の第12話で最終回を迎えた。1月8日(金)にスタートし、第2話で視聴率が10.2%と二桁を超え、第5話では自己最高視聴率11.6%を記録するなど絶好調だったが、それ以降7~8%台で推移し、最終回は6.6%(ニールセンコリア調べ)という自己最低視聴率での残念な幕切れとなった。

裏番組の人気ドラマ「ペントハウス2」(SBS)もこの日最終回だったが、前週の29.2%より3.4ポイントダウンの25.8%で終了しているので、ドラマの影響をもろに受けたというわけでもないだろう。下降線をたどった理由として、単純に番組構成自体、「ユン食堂」シリーズとは違い、“宿泊業”に変更したのに、主に料理やその料理に感心する外国人ゲストたちのリアクションにスポットが当てられ、毎回同じような内容が繰り返されたので、単調な展開となり、中盤から徐々に勢いが落ちていったと指摘する声などが出ている。

とはいえ、ベテラン女優ユン・ヨジョンが外国人ゲストたちと流暢な英語でコミュニケーションをとり、時にはウイットに富んだ会話で可愛らしさを見せたり、ぶつくさ言いながらも最終的にはやる“ツンデレ”イ・ソジンが効率的かつ、きめ細やかな仕事ぶりで、頼もしい存在感を発揮したり。チョン・ユミとパク・ソジュンは抜群のコンビネーションで、手間のかかるたくさんの料理を毎回心をこめて作り、インターンとして新たに合流したチェ・ウシクも流暢な英語で外国人ゲストたちとフレンドリーに接し、何でもこなす器用さでマスコット的な存在となり、そんな5人の些細なやり取りの面白さも見どころの一つだった。

最終回は、最後の営業日の模様が公開された。最後の日ともなると、メンバーたちも慣れたもので、夕食タイムでもわたわた慌てることなく、順調そのもの。一息つく余裕まで生まれ、ユン・ヨジョンが「きょうは本当によくやってる。もう一日やる? 」と冗談ぽく声をかけると、イ・ソジンが「上手くいっているときに、やめなきゃいけないですよ。最後だから上手くいっているのかもしれないですよ」と断ち切り、笑いがこぼれた。
<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

バターで肉を焼くイ・ソジン。(画像:画面キャプチャ)


そして、自分たちの夕飯を作り始め、メンバーたちがキッチンに集まると、できたての料理をイ・ソジンやチェ・ウシクの口に入れてあげるパク・ソジュン。「初日よりもおいしいね」とパク・ソジュンの料理の腕前が上がっていることに感心するイ・ソジンも、メンバーたちのためにバターで肉を焼いてあげるなど、最後の夜もいつも通り変わらない和気あいあいとした光景だった。

そんな中、チェ・ウシクが「あした、泣くのはなし」と言うと、「なんで泣くの? 名残惜しくて? 」とユン・ヨジョン。すると、イ・ソジンが「僕が泣いたら、面白そう。でも感情を高めるのが簡単ではなさそう」と笑いながら冗談に乗っかり、ナ・ヨンソクPDに「泣いたらクローズアップで抜いてほしい」と悪ノリ(笑)。どんなエンディングが待っているのか、期待させた。

8日間の営業を終え、メンバーたちは「ここに来られた皆さんに、短いけれど良い思い出を残してあげようと努力しました。失敗をしないようにと緊張もたくさんしたし(パク・ソジュン)」、「肩が重かったです。どうすれば4人に混じって、上手くできるかすごく悩みました(チェ・ウシク)」などと振り返った。
<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

チョン・ユミの似顔絵に笑い転げるメンバーたち。(画像:画面キャプチャ)



また、パク・ソジュンはイ・ソジンが心のよりどころだったと話し、そのイ・ソジンはユン・ヨジョンが外国人ゲストと積極的に触れ合い、チョン・ユミとパク・ソジュンが責任を持ってキッチンを回し、チェ・ウシクが一心不乱に走り回って雑用をこなすなど、それぞれが自分の持ち場で活躍したことに満足感を示していた。

そんな5人のエンディングは、これまで何度も笑わせてきた“イタズラ”だった。守り神のようにさまざまな場面で登場し、笑いを届けてきたチョン・ユミの似顔絵(ゲストが描いたもの)が、最後の最後に韓屋(韓国の伝統家屋)に登場。メンバーたちは「なぜそんなところに? 」と発見するたびに笑い転げた。エンディングはイ・ソジンの涙ではなく、大笑いする姿で、全員の笑い声が響きわたり、「ユンステイ」らしい終わり方だった。
<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

上手くいっているときに、やめなきゃと話すイ・ソジン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

キッチンに集まったメンバーたち。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

チェ・ウシクにあーんするパク・ソジュン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

定点カメラに突然顔を出すパク・ソジュン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

泣いたらクローズアップで抜いてほしいと冗談を飛ばすイ・ソジン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

8日間の感想を語るチョン・ユミ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

8日間の感想を語るパク・ソジュン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

8日間の感想を語るチェ・ウシク。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>「ユンステイ」最終回、パク・ソジュンの腕前がUP!イ・ソジンの涙ではなく大爆笑で終わったワケとは?

エンディングでのチョン・ユミとイ・ソジン。(画像:画面キャプチャ)

2021年4月3日20時8分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>チャ・テヒョン×チョ・インソン「気付けば社長」、自己...

<WKコラム>チャ・テヒョン×チョ・インソン「気付けば社長」、自己...
 チャ・テヒョン×チョ・インソンのヒーリングバラエティ「気付けば社長(邦題:「見習い社長の営業日誌」)」(tvN)が、5月6日(木)放送の第11話をもって終了した。休暇に出た社長の代わりに1...

<Wコラム>注目の韓国俳優紹介「キム・スヒョン」プロフィール編~几...

<Wコラム>注目の韓国俳優紹介「キム・スヒョン」プロフィール編~几...
 名前:キム・スヒョン 生年月日:1988年2月16日 血液型:AB型 代表作: 「キムチ・チーズ・スマイル」、「ジャングル・フィッシュ」、「7年後 愛」、「クリスマスに雪は降るの...

<WKコラム>改名した「TO1」×C9の新グループ「EPEX」、親...

<WKコラム>改名した「TO1」×C9の新グループ「EPEX」、親...
 世界最大級のオンラインKカルチャーフェスティバル「KCON:TACT3」で、グループ名を「TOO」から「TO1」に変更したことを発表し、再スタートを切った10人組ボーイズグループ「TO1」...

<Wコラム>注目の韓国俳優紹介「ジス」プロフィール編~年上の彼女が...

<Wコラム>注目の韓国俳優紹介「ジス」プロフィール編~年上の彼女が...
名前:ジス 生年月日:1993年3月30日 血液型:AB型 代表作: 「花ざかりの君たちへ」、「ファミリー」、「恋の周波率は37.2」、「ラブリー・アラン」、「恋にチアアップ! 」、「...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.