Skip to main content

キム・テウ

親しみやすさで人気の才能溢れる韓国トップ俳優

キム・テウ

  • 名前: キム・テウ(Kim Tae Woo)
  • ハングル表記: 김태우
  • デビュー作: 1996年KBSスーパータレント2期
  • カテゴリ: 俳優
  • 生年月日: 1971年4月15日(52歳)
  • 干支(えと):
  • 星座: おひつじ座
  • 身長・体重: 183cm・73kg
  • 趣味・特技: 水泳/サムルノリ
  • 学歴: 中央大学演劇映画科
  • 家族: 弟 キム・テフン
  • 韓国の事務所: チョロクエンタテインメント

キム・テウの略歴
韓国俳優キム・テウは中学生の頃から俳優になることが夢で、大学在学中から演劇で舞台の経験を積んでいた。卒業後に芸能界デビューを果たし、映画やテレビのほかCMでも活躍。
キム・テウの映画初出演は97年の『接続』。ヒロインを演じるチョン・ドヨンが片思いする男性を熱演し、その後映画の出演依頼が殺到したという。また、ドラマ『初恋』では、当初脇役の予定だったはずが、プロデューサーの目に止まり、ペ・ヨンジュンの友人役で登場。日本の韓流ファンらの間でも知られるようになった。また、日韓でヒットした映画『JSA』の出演に関して、脇役でのオファーであったためにキム・テウのマネージャーが出演を断ってしまったものの、事務所で偶然シナリオを見かけたキム・テウ本人がストーリーに惚れこみ、自ら出演の意思を伝えたというエピソードが残っている。俳優として確実な地位を築いたキム・テウは、プロ根性に定評があり、役作りのため15キロの減量をし、すぐに20キロの増量を成し遂げたという話もある。プライベートでは、01年に大学時代から付き合っていた女性と結婚。
キム・テウの代表作
【ドラマ】
『伝説の故郷』(96/KBS)、『パリ公園の朝』(96/KBS)、『初恋』(96/KBS)、『トークンボックス』(97/SBS)、『完璧な男性に出会う方法』(97/KBS)、『恋人をつかむ101の方法』(97/KBS)、『ニューヨークストーリー』(97/SBS)、『嘘』(98/KBS)、『涙が見えないように』(99/MBC)、『ラブストーリー』(00/SBS)、『青い霧』(01/KBS)、『神話』(01/SBS)、『彼女は僕の心を捕らえた』(02/SBS)、『私を愛したスパイ』(20/MBC)、『ポッサム-運命を盗む』(21/MBN)、『真剣勝負』(22/KBS)、『輝くウォーターメロン』(23/tvN)

【映画】
『接続』(97)、『建築無限六面角体の秘密』(99)、『JSA』(00)、『バス、停留場』(02)、『女は男の未来だ』(04)、『顔のない美女』(04)、『ドント・ルック・バック』(06)、『海辺の女』(06)、『キッチン』(09)、『ワーキングガール』(14)