「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK、感性バラードもやっぱりステキ!…「Hate You」ビジュアライザー公開
「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK、感性バラードもやっぱりステキ!…「Hate You」ビジュアライザー公開
グループ「BTS(防弾少年団)」のJUNG KOOKが、ステージの上の華麗さとはまた違った姿で注目を集めた。

JUNG KOOK(BTS(防弾少年団)) の最新ニュースまとめ

9日、HYBE LABELSの公式YouTubeチャンネルには、「ジョングク(Jung Kook) ‘Hate You’ Official Visualizer」というタイトルの映像が掲載された。 「Hate You」は、JUNG KOOKの初めてのソロアルバム「GOLDEN」に収録されていて、この映像はJUNG KOOKの切ない声と一層深くなった感性が際立ったシーンで構成された。

モノクロの画面で始まるビジュアライザーでJUNG KOOKは、ベッドに腰掛けてどこかを凝視したり、都市の夜景を背景に「Hate You」を歌って、孤独でむなしい雰囲気を加える。

映像中盤には、モノクロ画面がカラーに転換して映像美をより一層深くて豊かにする。 特に、あたたかい色感の映像とJUNG KOOKの訴える力の濃厚なボーカルは、目と耳をひきつけるだけでなく曲が持っている感性を最大化して集中度を高める。

アニメーションが交差する最後のシーンには、「HATE」という感情がARMYに会って「LOVE」に変わる過程を入れて、JUNG KOOKの格別なファンへの愛をもう一度感じさせた。

JUNG KOOKは「Hate You」のビジュアライザーで感性的なバラードまで完ぺきに歌いこなして、幅が広くなったソロアーティストの力量をまともに発揮した。 「Hate You」は、Lofiなピアノ演奏とJUNG KOOKの声がマッチしたポップバラードジャンルのナンバーだ。 「今この愛があまりに重いので、何の誤りもない君を嫌ってみようと思う」という切ないメッセージを投げるこの曲には、カナダ出身のシンガーソングライターショーン・メンデス(Shawn Mendes)がソングライティングに参加した。

JUNG KOOKは「今の季節感によく似合う曲で、また、多くの方々が好きになってくださると期待する」とし、「Hate You」をソロアルバム「GOLDEN」の収録曲の中で最も愛着がある曲に選ぶこともした。

「ジョングク(Jung Kook) ‘Hate You’ Official Visualizer」




Copyrights(C) Herald wowkorea.jp 110