ダークで危険な香りに溺れる、オススメK-POPソング5選!
ダークで危険な香りに溺れる、オススメK-POPソング5選!
ダークで危険な香りに溺れる、オススメK-POPソング5選!

MONSTA X の最新ニュースまとめ

MONSTA X「Beautiful Liar」
 韓国ボーイズグループ「MONSTA X」が2023年にリリースした、アルバム『REASON』のタイトル曲。リズミカルでパワフルなFUNKロックサウンドが魅力的な曲。エレキギターの裏メロディーがクセになりつつ、個性的な彼らの歌声にトリコになる。「危険な関係だと分かっていながら、手放すことができない愛」をテーマに書かれ、メンバーのヒョンウォン、ジュホン、I.Mが作詞に参加している。音楽番組のパフォーマンスを見ながら聴くと、10倍危険な雰囲気を楽しめる。

SEVENTEEN「Fear」
 韓国ボーイズグループ「SEVENTEEN」が2019年にリリースした、3rdアルバム『An Ode』のタイトル曲。重みのあるベースサウンドが基調となったR&Bナンバーで、これまでの「SEVENTEEN」の曲であまり見られなかったダークな一面が見え隠れする曲。「Fear」には「毒」という意味があり、誰もが感じられる恐れを”毒”で表し、「自分の毒が愛する人にも回ってしまうのではないかと心配になり、近づけない」という悲劇的な内容が表現されている。毒を飲んでいることを示唆するような振付にも注目。

PURPLE KISS「Sweet Juice」
 韓国ガールズグループ「PURPLE KISS」が今年リリースしたアルバム『Cabin Fever』のタイトル曲。これまでの楽曲では「魔女」というコンセプトのもとグループの世界観を展開してきた彼女たちが、より一層コンセプトを深める役割を果たすのに一役買って出たかのような楽曲。どこか怪しげで妖艶な雰囲気が漂っているのに、Groovyで幻想的なサウンドが心地よい不思議な曲。ぜひ、この曲でダークファンタジーの世界を堪能してほしい。

THE BOYZ「ROAR」
 韓国ボーイズグループ「THE BOYZ」が今年リリースしたアルバム『BE AWAKE』のタイトル曲。重いドラムと強烈なベースサウンドが際立っており、終始鳴り響く口笛が楽曲の不気味さを増加させている。さらに「本能的に惹かれ、愛を手に入れるために堕落天使に変わっていく」というストーリーが表現されたこの楽曲は、ヒット曲を数多く生み出してきたKENZIEと人気作曲家のDEEZ、SAAYなど、グローバルに活躍しているプロデューサーや、人気の振付師ペク・クヨンが制作に参加したことでも有名だ。

SEULGI「28Reasons」
 韓国ガールズグループ「Red Velvet」のSEULGIが2022年にリリースした、初のソロアルバム『28 Reasons』の同名タイトル曲。「口笛」が印象的な、ポップダンス曲。重低音のベースと、重たいストリングス、そして透明感がありながらどこか秘密めいたスルギの声が調和している。自分自身のなかに潜む「善と悪」を描いたこの曲は、自分の心をもて遊んでいるように、曲の展開もコロコロと変わる。


【M COUNTDOWN】MONSTA X「Beautiful Liar」




Copyrights(C)wowkorea.jp 220