≪韓国ドラマREVIEW≫「悪霊狩猟団カウンターズ2」4話あらすじと撮影秘話…ついにカムバック悪霊狩猟団カウンターズ2、インタビュー4=撮影裏話・あらすじ
≪韓国ドラマREVIEW≫「悪霊狩猟団カウンターズ2」4話あらすじと撮影秘話…ついにカムバック悪霊狩猟団カウンターズ2、インタビュー4=撮影裏話・あらすじ
※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

韓国ドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ シーズン2」のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、相関図、感想

※Wowkoreaのページにはメイキング動画があります。

動画7:15から最後まで。
今回は、インタビューの続きから。

チョ・ビョンギュ:ソ・ムンがシーズン1の最後に強くなって終わっていたので、それよりもより深化して成長があるだろうと思いながら台本を読みましたが、また新たな試練が訪れます。能力的なものもそうですし、人間的にも深くなって、大人になったソ・ムンを見ていただけると思います。

キム・セジョン:転換ポイントは、ハナのラブストーリーと言いますか…。お楽しみに。

ヨム・ヘラン:エネルギッシュで強いチュ・メオクに再会できると思います。そして私のヘアスタイル!

カン・ギヨン:ピルグァンというキャラクターの転換ポイントは、これまでカン・ギヨンという一俳優を日常の予想できる姿でお見せしていたとすると、今回は違います。これまでと違う演技になるように頑張ります。

ユ・インス:チョクポンが別の新しい力を身につけるんですが、どういう流れでそうなるのか見ていただければおもしろいかと。

チン・ソンギュ:見た目の変化が転換ポイントでもありますが、物語の中で進む人物たちの所作もいいポイントになるかと思います。

チョ・ビョンギュ:どんな方法でカウンターたちが勝利して試練を迎えるのか、そこをポイントに見ていただければカウンターたちの成長と深化した悪鬼たちの強さが面白さの要素じゃないかと思いますね。視聴者のみなさま、お待たせしました。

ヨム・ヘラン:待っていただいていたみなさん、ありがとうございます。おかげさまで2を撮影できました。

チン・ソンギュ:ご期待にそえるおもしろさになると確信してます。

キム・セジョン:頑張って準備して臨みますので、お楽しみに。撮影楽しみます!

カン・ギヨン:みなさまの応援をよろしくお願いします。

ユ・インス:頑張って撮影に備えますので、努力が面白さとして伝わるようにベストを尽くします。

アン・ソクファン:絶対いいものを作ってシーズン3を作ります!ご期待ください。
ユ・ジュンサン:以前よりも2倍、3倍、5倍、強くなったアクションと、おもしろいストーリーでみなさまと新しい時間を作っていきます。

●韓国ネットユーザーの反応●

「チョ・ビョンギュにまた会えてうれしい」
「キム・セジョンの笑顔癒される」
「パワフルな撮影現場」
「個性的なキャラクター」
「カン・ギヨンすごい悪鬼」

●あらすじ●
tvNドラマ「悪霊狩猟団: カウンターズ シーズン2」4話(視聴率4.8%)は、新人カウンターのジョクボン(ユ・インス)に危機が訪れる様子が描かれた。

 ジョクボンは悪霊に鼻を殴られてから、ニオイで悪霊を感知する能力を失った。ほかのカウンターに害が及ぶのではないか心配し、手紙を残して実家に帰った。ジョクボンを連れ戻しに行ったカウンターたちは「お父さんを置いて、再び昏睡状態に戻るつもりか」とジョクボンの気持ちを替えようとしたが説得しきれなかった。

 アジトに戻ってから、モタク(ユ・ジュンサン)は「自分のせいで能力を失ったわけでもないのに、どうしてまた昏睡状態にさせられるか」とパニックになった。メオク(ヨム・ヘラン)も「ニオイが分からないからって何なの?他のことをするなり、何でもすればいいでしょう」と残念な気持ちをあらわにした。

 カウンターたちと過ごした時間を懐かしみ、「未練を断ち切ろう」と首を振ったジョクボンは「どうせ死んでいたんだ。残りの時間は楽に寝て、静かに行くことがみんなためなんだ」と決心した。ジョクボンはお使いを頼まれ、そこで悪霊の宿主となった友人が自分の父親を害そうとしているところを見てしまった。


「悪霊狩猟団: カウンターズ シーズン2」メイキング




Copyrights(C)wowkorea.jp 77