韓国人の「反中情緒」が、世界56か国のうちで最も高いことがわかった(画像提供:wowkorea)
韓国人の「反中情緒」が、世界56か国のうちで最も高いことがわかった(画像提供:wowkorea)
韓国人の「反中情緒」が、世界56か国のうちで最も高いことがわかった。

ジア の最新ニュースまとめ

24日(現地時間)米外交専門誌“ディプロマット”によると、シンクタンク“中央ヨーロッパアジア研究所(CEIAS)”などが参加した国際研究陣は、ことし4月11日から6月23日の期間、韓国の成人男女1364人を対象に中国に関する認識調査を実施した。

この調査は、ヨーロッパ地域発展基金の支援を受け2020~2022年に世界56か国の住民8万余人を対象に実施された「シノフォーン・ボーダーランド・プロジェクト」の一部である。

この調査の結果、韓国人の回答者が中国に対し「否定的」または「非常に否定的」に認識している割合は81%にも達した。

これは、この調査の対象56か国のうちで最も高い水準である。ディプロマットは「2位のスイス(72%)や3位の日本(69%)と比べると10%ほど高く、他の国々とも大きな差を記録した」と指摘した。

2015年に米国の調査機関“ピュー・リサーチ・センター”が実施した同様の調査で、中国を否定的に認識した韓国人の割合が37%であったことを踏まえると、反中情緒がここ数年間で急激に高まったものとみられる。

ディプロマットは「韓国でこのように反中情緒が高まったことには、中国からの微小粒子物質が大きな影響をあたえている」と分析した。

これは、今回の調査で中国の多様な面のうち、韓国人たちが最も否定的に認識した特徴が「グローバル自然環境に関する中国の影響」であったためである。

ディプロマットは「多くの国では『中国の軍事力』を最も否定的に認識していることとは異なり、唯一韓国だけで先のような結果が表れた」とし「実際、微小粒子物質はここ数年間、韓国と中国の間で熱い論争となってきた」と指摘した。

この他にも、韓国人たちは他の国とは異なり「中国の技術」に対して否定的で、「中国人」に対しても77%が否定的に認識した。

また、韓国人が「中国」で思い浮かべる単語は「新型コロナウイルス感染症」が最も多く、その他「歴史歪曲」「汚さ」「ニセ」「汚染」など否定的な単語が主に言及されたことが調査された。

Copyright(C) herald wowkorea.jp 96