≪韓国ドラマOST≫「主君の太陽」、ベスト名曲 「Last one」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)
≪韓国ドラマOST≫「主君の太陽」、ベスト名曲 「Last one」=歌詞・解説・アイドル歌手(画像提供:wowkorea)
<「主君の太陽」OST、今日の1曲>
※Wowkoreaサイトのページには歌のYoutube動画があります。

韓国ドラマ「主君の太陽」のネタバレあらすじ、キャスト、視聴率、相関図、感想

今回から「主君の太陽」のOST紹介をお届けする。本ドラマでは水泳選手出身のベテラン俳優ソ・ジソブと、視聴率女王のコン・ヒョジンが共演。大ヒットとなり最高視聴率21.8%を記録した。これまでにないホラー系ラブストーリーという内容が注目を集めた。
大きな事故をきっかけに霊が見えるようになった女性は、なぜかある男性に触れると幽霊が見えなくなることに気づき、男性を追いかけるところからストーリーが始まる。

今日の1曲はユミが歌う「Last one」だ。神秘的な曲調だが、愛の痛みや切なさが感じられる歌詞と中毒性のあるメロディーが印象的な1曲。


<歌詞の解説>

「私はこのままゆっくり壊れていく 私はあなた無しでは生きていけないのに やっと出会えたあなたなのに こんな簡単に壊れてしまうなんて」序盤ではバラード風なメロディーに、自分が壊れていくという印象的な歌詞から始まっている。

※サビ「何度も何度も 私の心は涙を流す もたれてみても だんだん遠ざかっていく 今走って行ってあなたを抱きしめたいけれど 悲しいこの時間の中に残るのはあなたの香りだけ Last One」サビでは曲が盛り上がるが、歌詞は切ない内容になっている。

※※「透明な肌 湖より深い視線 やわらかな輪郭 誰よりも明るい笑顔 There’s no one like you my princess I feel so 私の胸という 空にはあなたという太陽がいる All right never mind 別れを恐れないで もっと深い関係のために助けはいらない この世が終わるまでずっとこの手を離さないで Cuz you my only one and my last one」ここではラップが流れるが、歌詞の内容がジュンウォンと過去に亡くなった恋人のことになっているようだ。 

「あなたがいない時間が流れて 焦げてしまった心だけが残った 夢の中でだけでも会えたら またあなたを愛せたら」この歌詞でも、ジュンウォンの目線で書かれていて、過去を思い出していることがわかる。

※、※※ サビのリピート サビではユミの切ない歌声が曲にマッチしている。

Welcome to ma kingdom 目を閉じてごらん これ以上悩む必要はない 心の声に従って I was always chasing and now I’m still chasing Hard times...gonna be a patiently waiting もうこの心臓は壊れて治療を受ける 君のいない世界は真っ暗で漆黒の闇だ 1人の一日がまた終わっていく 深い傷もだんだん治っていく Last one」恋人を亡くした悲しみがこのラップの歌詞に込められている。ドラマの世界観がよく表現されている1曲だ。


歌手ユミ(本名:オ・ユミ)は、1977年生まれ。ボーカルトレーナーであり、ソロシンガーでもある。2000年にデビューし、活躍している。映画「僕の彼女を紹介します」や、「カンナさん大成功です!」のOSTを担当し知名度を上げる。
その後本ドラマのOSTや、「ナイン」、「三銃士」などのドラマのOSTに参加している。


<ネットユーザーの反応>

「ストーリーが独特で印象的なドラマ」
「OSTがどの曲もいい曲だった」
「コン・ヒョジンの可愛さがたまらない」
「ヒョリンの曲はやっぱりいい」
「ドラマにピッタリなバラード」

「主君の太陽」では、ソ・ジソブとコン・ヒョジンの共演で大きな話題を呼び、OSTも大人気となった。


「主君の太陽」OST




Copyrights(C)wowkorea.jp 77