”兵役逃れ”で物議を醸した韓国歌手ユ・スンジュン(38)が、韓国入国ビザを申請したものの拒否され、これに訴訟を提起した。
”兵役逃れ”で物議を醸した韓国歌手ユ・スンジュン(38)が、韓国入国ビザを申請したものの拒否され、これに訴訟を提起した。
”兵役逃れ”で物議を醸した韓国歌手ユ・スンジュン(38)が、韓国入国ビザを申請したものの拒否され、これに訴訟を提起した。

ユ・スンジュン の最新ニュースまとめ

 18日、裁判所などによると、米国市民権を保持しているユ・スンジュン は先月21日、ソウル行政裁判所に駐ロサンゼルス総領事館総領事を相手取り、査証発給拒否処分取り消し訴訟を提起した。

 米国市民権を保持しているユ・スンジュンは去る9月、ロサンゼルス総領事館に在外同胞にのみ発給される「F-4」ビザを申請したが、受理されなかった。これに、ユ・スンジュンは、自身が在外同胞であるため、在外同胞法上、韓国に在留することができると主張している。また、自身は兵役逃れのために米国市民権を取得したのではなく、経済的理由から(米国市民権を)取らざるを得なかったと主張している。

 ユ・スンジュンの訴訟を代理で担当している法務法人セジョン側は「ユ・スンジュン氏は、領事館でビザ拒否理由を告知されなかった」とし、「今後も一生、韓国に入国禁止という意味にとることしかできず、やむを得ず司法手続きを通して不当性を訴えることになった」と明かした。

 また「13年間、ユ・スンジュンの米国市民権取得を取り巻く”兵役逃れ”疑惑と関連した多くの非難があり、相当な部分が誤った事実関係によるもの」とし、「行政訴訟を通してでも、虚偽の主張と非難が間違っていることを明かそうと思っている」と強調した。

 一方、ユ・スンジュンはことし5月、アフリカTV(インターネット放送)を通して、13年間で初めて自身の心境を明かした。この際、インターネット生中継で進行された放送で、涙を流した。


Passion ユ・スンジュン - 열정 Music Camp 19990515




Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 0