韓国次期与党議員「我々は中国で投票できないのに」…「10万人の中国人の地方選挙投票は “不公平”」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国次期与党議員「我々は中国で投票できないのに」…「10万人の中国人の地方選挙投票は “不公平”」
韓国・京畿道知事選に出馬した次期与党“国民の力”の金恩慧議員(画像提供:wowkorea)

韓国・京畿道知事選に出馬した次期与党“国民の力”の金恩慧議員(画像提供:wowkorea)

6月1日に実施される韓国の地方選挙で、キョンギド(京畿道)知事選に出馬した次期与党“国民の力”のキム・ウネ(金恩慧)議員は「わが国民はたったの1人も中国で投票できないのに、10万人に達する中国人がわが国の投票権をもっているのは不公平だ」と主張した。

キム議員は今月13日、フェイスブックを通じて「わが国民が他の国でも投票権を行使できないのなら、我々もこれを制約するのが理にかなっている」と伝えた。

キム議員は「2006年に初めて導入されて以降、外国人有権者は大きく増加し、今回の選挙では12万6668人の外国人が投票権をもつようになった。このうち中国人(9万9969人)は78.9%で、そのほとんどを占めている」とし「しかし、もしわが国民が他の国で投票権を行使できないのなら、我々もこれを制約するのが理にかなっている」と主張した。

つづけて「相互主義原則」にのっとった投票権の有無を主張した。キム議員は「相互主義の原則は、主権国家として当然の態度だ」とし「投票権の有無は相互主義を適用し、現行の “永住権取得後3年経過”という条件を強化するなど、国民の目線に合った改善が必要だ」と説明した。

また「全国最大の広域団体長として、積極的に意見を開陳し国民を説得していく。法案の可決を助け、施行過程において必要な部分があれば惜しみなく支援していく」とし「大韓民国の国民である京畿道民の利益を守る “鉄の女”になる」と伝えた。

韓国では地方選挙の場合、2006年から永住権を取得し3年以上居住した満18歳以上の外国人に投票権が付与される。大統領・国会議員選挙は「国民の地位」が必要だが、地方選挙は「地域住民」としての権利を行使するものであるため、外国人にも投票権が許容された。
2022/04/15 07:52配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2022/04/15 09:34


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。