ネットフリックス「未成年審判」が公開から4日で世界7位、7ヶ国で1位=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
ネットフリックス「未成年審判」が公開から4日で世界7位、7ヶ国で1位=韓国報道
ネットフリックス「未成年審判」が公開から4日で世界7位、7ヶ国で1位=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ネットフリックス「未成年審判」が公開から4日で世界7位、7ヶ国で1位=韓国報道(画像提供:wowkorea)

女優キム・ヘスと俳優キム・ムヨル主演のネットフリックスシリーズ「未成年審判(原題:少年裁判)」(演出 ホン・ジョンチャン)が公開4日で全世界ストリーミングトップ7位に入った。

 グローバルOTT(オンライン動画ストリーミングサービス)ランキングサイト「フリックスパトロール」によると今月2日、「未成年審判」は前日に全世界のネットフリックスのテレビショーストリーミング順位で7位になった。先月公開され、公開から15日で全世界1位になった「今、私たちの学校は…」は5位を記録し、依然として高い人気を得ていることを立証した。

 業界での評点も上位圏だ。「未成年審判」は現在、10点満点のIMDBで8.3点を記録している。これまでのヒット作である「イカゲーム」、「地獄が呼んでいる(原題:地獄)」、「今、私たちの学校は…」よりも高い数値だ。

 国別では韓国をはじめ、香港、日本、マレーシア、シンガポール、台湾、ベトナムで1位を記録している。

 先月25日に公開された「未成年審判」は、各種少年犯罪事件を扱う裁判所の少年合議部に新たに赴任したシム・ウンソク判事(キム・ヘス扮)が後輩陪席判事であるチャ・テジュ判事(キム・ムヨル扮)と様々な少年事件を暴きながら社会問題を指摘し、成長していくドラマだ。キム・ヘスは劇中で少年犯に断固たる判断基準を持つシム・ウンソク判事を演じた。キム・ヘス以外にもイ・ソンミン、イ・ジョンウンなどが部長判事として出演し、少年犯を演じたさまざまな新鋭たちの熱演が目立った。演出はドラマ「Life」や「ディア・マイ・フレンズ」などを制作したホン・ジョンチャンが、脚本は新鋭作家のキム・ミンソクが執筆した。

 「未成年審判」は公開から2日後に同チャート10位に入った後、翌日に9位にランクアップした。以後、もう一度順位を上げて7位となった。
2022/03/06 18:06配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 84 最終更新:2022/03/06 19:53


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.