韓国政府が「CPTPP」の4月申請を控え、社会的論議に奔走

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国政府が「CPTPP」の4月申請を控え、社会的論議に奔走
韓国産業通商資源省のチョン・ユンジョン通商交渉室長(画像提供:wowkorea)

韓国産業通商資源省のチョン・ユンジョン通商交渉室長(画像提供:wowkorea)

韓国政府はことしの4月のCPTPP(TPP11・環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定)加入申請書の提出を控え、社会的論議の次元で「業界別意見収集聴取」に乗り出した。CPTPPは全世界の貿易規模の15%を占める「メガFTA(自由貿易協定)」で、日本とカナダ・オーストラリア・ニュージーランド・メキシコ・ペルー・シンガポールなど11か国が加入している。

韓国産業通商資源部(経済産業省に相当)はきのう(11日)、クァンジュ(光州)広域市で中小輸出業界を対象に第6回メガFTA懇談会を開催したことを明らかにした。

韓国政府は昨年12月、CPTPPへの加入のための社会的論議に着手すると発表した後、産業通商資源部はプサン(釜山)・インチョン(仁川)・チュンチョン(春川)・チェジュ(済州)・テジョン(大田)につづき光州まで計6回にわたる懇談会を通して、多様な利害関係者たちの意見を収集してきた。今回の懇談会では今月1日に発効されたRCEP(地域的な包括的経済連携協定)の意味と活用資源方案を説明し、CPTPPへの加入推進に対する業界別意見および支障事項を聴取した。

今回の懇談会に参加した中小輸出企業たちは、原副資材価格の上昇による費用増加、安定的な物流確保の困難を支障内容として言及し、メガFTAを通じた輸出条件の改善および輸出市場拡大に関心を示していた。

産業通商資源部は今後、メガFTAの波及影響を考慮し、分野別の利害関係者たちの意見を幅広く収集しながら、国民的共感を基にCPTPPへの加入を推進していく計画である。
2022/02/12 07:51配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.