李在明候補34%・尹錫悦候補33%「超接戦」…安哲秀候補12%=韓国世論調査

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
李在明候補34%・尹錫悦候補33%「超接戦」…安哲秀候補12%=韓国世論調査
韓国の李在明 次期大統領選候補と尹錫悦候補の支持率が「超接戦」の様相をみせたという世論調査の結果が公開された(画像提供:wowkorea)

韓国の李在明 次期大統領選候補と尹錫悦候補の支持率が「超接戦」の様相をみせたという世論調査の結果が公開された(画像提供:wowkorea)

韓国与党“共に民主党”のイ・ジェミョン(李在明)次期大統領選候補と、韓国最大野党“国民の力”のユン・ソギョル(尹錫悦)次期大統領選候補の支持率が「超接戦」の様相をみせたという世論調査の結果がきょう(20日)公開された。

エムブレインパブリック・ケイスタットリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチの4社の世論調査機関が共同で実施した全国指標調査(NBS)によると、今月17~19日に満18歳以上1000人を対象に実施された “大統領選候補支持率調査”の結果、イ候補34%・ユン候補33%の「接戦」であることがわかった。

イ候補は前週対比で3p下落しユン候補は5p上昇したことで、両候補の差は前週の9pから1pへと縮まった。

一方、韓国野党“国民の党”のアン・チョルス(安哲秀)候補は、前週対比で2p下落した12%を記録した。

支持する理由として、イ候補は「候補個人の資質と能力」という回答が50%を占め、ユン候補は「政権交代のために」(69%)という回答が最も多かった。アン候補の支持理由は「他の候補になるのが嫌だったから」(29%)が最も多かった。

回答者の71%は現在の支持候補を「支持し続ける」と答え、28%は「支持候補を変えるかもしれない」と答えた。

今回の大統領選挙に対する認識は「政権審判論」(47%)が「国政安定論」(40%)より7p優勢であった。

「“野党一本化”は必要か」については「必要だ」が46%「必要でない」が42%であった。

「野党一本化をするなら、どの候補が立つべきか」という質問には、アン候補(40%)がユン候補(34%)より6p上回った。ただ「野党一本化が必要だ」と答えた回答者だけをみると、ユン候補(52%)がアン候補(37%)を15pも上回った。
2022/01/20 13:36配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2022/01/20 16:11


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.