冷静な中国「オミクロン株に動揺する必要はない」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
冷静な中国「オミクロン株に動揺する必要はない」
新型コロナの新たな変異株「オミクロン」の出現に、中国は比較的冷静に対応している様子である(画像提供:wowkorea)

新型コロナの新たな変異株「オミクロン」の出現に、中国は比較的冷静に対応している様子である(画像提供:wowkorea)

新型コロナウイルス感染症の新たな変異株「オミクロン」の出現に、各国が南アフリカ地域との国境を強化するなど、全世界が対応に追われている中、中国は「突然変異が多いからといって、それが高い感染力を表すことにはならない」という専門家の意見を伝え、比較的冷静に対応している様子である。

中国の官営英字紙“グローバルタイムズ”はきょう(27日)「中国の科学者たちが約2週間で新たな変異株ワクチンを開発することができるため、恐れる必要はない」とし「香港でオミクロン株が2件発見されたが、中国本土との国境をふさぐ必要はない」という専門家の意見を伝えた。

WHO(世界保健機関)が「オミクロン」と命名した「B.1.1.529」変異株は、スパイクたんぱく質に32の突然変異が発見され、これは現在全世界で猛威をふるっているデルタ株より2倍多いものだという。

香港では、オミクロン株感染者2人が滞在しているホテルの宿泊者を対象に14日間の隔離措置が発表された。今のところ、追加の関連感染者は発見されていない。

香港大学の生物医学工学教授はグローバルタイムズに「人々は新たな変異株に対して警戒すべきで、政府はモニタリングと研究を強化しなければならないが、動揺する必要はない」と語った。これは「世界的に脅威となっていたり、ワクチンに及ぼす影響に関するデータや証拠がない」ということからの発言である。「30か所の変異が発見されたが、主要変異ではなかった」というのが、この専門家の意見である。

また、広州の免疫学者は「突然変異があまりにも多ければ、変異の適応力が落ちる可能性がある」とし「新たな変異株がデルタ株よりも強くなるのは難しい」と予想した。
2021/11/27 16:55配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2021/11/27 16:59


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。