現代自動車、電気自動車に「リチウムメタルバッテリー」搭載へ…走行距離「2倍」に

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
現代自動車、電気自動車に「リチウムメタルバッテリー」搭載へ…走行距離「2倍」に
現代自動車、電気自動車に「リチウムメタルバッテリー」搭載へ…走行距離「2倍」に(画像提供:wowkorea)

現代自動車、電気自動車に「リチウムメタルバッテリー」搭載へ…走行距離「2倍」に(画像提供:wowkorea)

韓国の現代自動車が来年生産する電気自動車に次世代バッテリーに挙げられているリチウムメタルバッテリーの試作品を搭載する見通しだ。

 米国のリチウムメタルバッテリーの開発会社であるSES(Solid Energy Systems)は3日(現地時間)、オンライン開催した「バッテリーワールド2021」で自社のハイブリッドリチウムメタルバッテリーである「Apollo」を公開した。

 リチウムメタルバッテリーは現在よく使われているリチウムイオンバッテリーよりエネルギー容量が10倍以上となり、体積や重さが大幅に減って電気自動車の走行距離を2倍以上増やせるのが強みだ。主なバッテリー開発会社や完成車企業はリチウムメタルを使った次世代バッテリー開発のために角逐を繰り広げている状況だ。

 この日、SESのフー・チーチャオ(Qichao Hu)最高経営責任者(CEO)は「Apollo」を紹介し、「試作品を量産して、来年、現代車とゼネラルモーターズ(GM)に供給する計画」と伝えた。

 これを前に現代自動車もリチウムメタルバッテリーに高い関心を示し、今年7月、SESと1億ドル(約120億円)の持分投資契約を締結している。

 この日のイベントに出席したキム・チャンファン現代自動車常務は、2045年までの内燃機関車販売中断を骨子とした炭素中立ロードマップを説明し、リチウムメタルバッテリー導入の必要性に共感するとの意見を示した。

 現代車は今年4月の1分期実績発表でバッテリーを自ら生産できる内在化を言及して以後、次世代バッテリー会社との協力を強化している。

SES(Solid Energy Systems)は3日(現地時間)、「バッテリーワールド2021」をオンラインで開催。(画像提供:wowkorea)

SES(Solid Energy Systems)は3日(現地時間)、「バッテリーワールド2021」をオンラインで開催。(画像提供:wowkorea)

2021/11/05 10:50配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 3 最終更新:2021/11/05 11:06


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.