「『イカゲーム』1位は順位操作の可能性」日本メディアの嫉妬が爆発?=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「『イカゲーム』1位は順位操作の可能性」日本メディアの嫉妬が爆発?=韓国報道
「『イカゲーム』1位は順位操作の可能性」日本メディアの嫉妬が爆発?=韓国報道(画像提供:wowkorea)

「『イカゲーム』1位は順位操作の可能性」日本メディアの嫉妬が爆発?=韓国報道(画像提供:wowkorea)

ネットフリックスのオリジナルドラマシリーズ「イカゲーム」が世界的な興行を続けている中、一部の日本メディアが人気の実態に疑問を提起して「(ネットフリックス内の人気)ランキング1位は捏造(ねつぞう)されたものかもしれない」という根拠のない主張を展開した。

 日本の経済メディア「現代ビジネス」に19日、「『イカゲーム』本当に流行っている…?いまいちハマれない人が続出する3つの理由」というタイトルの寄稿文が掲載された。

 寄稿者であるフリーライターの山本奈緒子さんは、「イカゲーム」に対するオンライン上のコメントなどをはじめとする反応をよく見た結果、日本の作品を盗作したという声が多かったと言及した。山本さんは「日本の作品『カイジ』、『神さまの言うとおり』『バトルロワイヤル』と『イカゲーム』が似ており、日本の作品より深みがない」と評価した。続いて「社会背景が日本と違いすぎて共感しにくい」と酷評もした。

 山本さんは特に「『イカゲーム』が本当に人気があるのか疑問だ」という荒唐無稽な主張をした。「考え過ぎかもしれないが、意図的に操作されたランキングに見えてしまう」、「マーケティングがうまいといっていいだろう。K-POP然り、国をあげて再生数を上げる努力をしたり、広告を使って1位やオススメにどうにか乗っけることをしたりしている気が。そうすればみんな『見てみようかな』となる」、「韓国は“〇〇初”とか“〇〇1位”とか多いけど、見てみるとたいしたことないものや、過去作品のパクリということが多い」など、日本国内での意見を紹介した。

 続いて「『イカゲーム』にハマれなかった人たちの反応が日本だけにおける反応なのか、あるいは、本当は世界でも言われるほどブームになっていないのか。その真価は、時間が教えてくれることだろう」と付け加えた。

 また別のメディアであるJBプレスも「『イカゲーム』は公開と同時に日本の漫画、映画コンテンツと類似しているという指摘が出た」と強調した。

 JBプレスは「ドラマに登場する名刺に書かれた電話番号が実際に存在する番号で、いたずら電話が殺到した」と制作の不注意を指摘した。

 さらに最近、中国で「イカゲーム」のコンテンツが不法流通している点に言及し、「果たして韓国は中国に対して“他国の文化に対する尊重”を指摘する立場なのか」と非難を加えた。

 Wow!Koreaもまた、「イカゲーム」の暴力的な部分や、中国の主要動画サイト関係者が「イカゲーム」を酷評したという内容に触れ、批判に乗り出した。

 ネットフリックスは今月19日(現地時間)の業績発表で、先月中旬に「イカゲーム」の公開から最初の28日間、「イカゲーム」を少なくとも2分以上視聴した有料会員は1億4200万人に上ると発表した。これは、ネットフリックスの全加入者のうちの66%に該当する数値だと、経済メディアCNBCが報道した。
2021/10/21 22:58配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 84 最終更新:2021/10/22 09:08


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.