韓国政府、岸田首相の「靖国神社への供え物奉納」を強い口調で非難「深い失望と遺憾」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国政府、岸田首相の「靖国神社への供え物奉納」を強い口調で非難「深い失望と遺憾」
韓国政府、岸田首相の「靖国神社への供え物奉納」を強い口調で非難「深い失望と遺憾」(画像提供:wowkorea)

韓国政府、岸田首相の「靖国神社への供え物奉納」を強い口調で非難「深い失望と遺憾」(画像提供:wowkorea)

岸田文雄首相が首相就任後、初めて太平洋戦争のA級戦犯らが合祀されている靖国神社に供え物を奉納したことに対して、韓国政府は強い口調で非難した。

 日韓の複数メディアによると、岸田首相は靖国神社の秋の例大祭初日(17日)、「内閣総理大臣 岸田文雄」と書かれた「真榊」と呼ばれる供え物を奉納した。真榊は神棚や祭壇に供えるサカキ(常緑樹の一種)を指す。

 同件について、韓国外交部(外務省)は報道官の論評を通して「韓国政府は、日本の過去の侵略戦争を美化し、戦争犯罪者を合祀する靖国神社に日本の責任ある指導者級の人々が再び供え物を奉納したという事実について、深い失望と遺憾を表する」との立場を発表。

 その上で「われわれ政府は、日本の責任ある立場の人々が内閣発足を契機に歴史を直視し、過去に対する謙虚な省察と真の反省を行動で示すよう追求する」と強調した。
2021/10/18 09:17配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 4


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.