米国の一日の新型コロナ死者数が「2000人」を超えた

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米国の一日の新型コロナ死者数が「2000人」を超えた
米国では新型コロナによる一日の平均死者数が2000人を超えた(画像提供:wowkorea)

米国では新型コロナによる一日の平均死者数が2000人を超えた(画像提供:wowkorea)

米国では新型コロナウイルス感染症が再拡散している中、一日の平均死者数が2000人を超えるなど、ことし3月以降の最多死者数が発生している。マスク着用とソーシャルディスタンスの義務化効果がなくなった米国では「ことしの冬、インフルエンザと新型コロナによる最悪の危機が訪れる可能性がある」という警告も出ている。

22日(現地時間)米経済専門ニュース放送局“CNBC”は、米ジョンズ・ホプキンス大学の統計を引用し「先週一週間基準の一日の平均死者数は2031人で、ことし3月以降の最多を記録した」と伝えた。

感染者の増加の勢いは一週間前に比べて13%、今月初めに比べて43%という急激な上昇曲線を描いている。

さらに懸念されることは、これから冬のインフルエンザシーズンを迎えるにあたり、新型コロナが再拡散することにより米国の医療体系にかなりの負担が加重されることが予想されるという点だ。

昨年の場合、インフルエンザの患者数は相対的に多くはなかったが、ことしもそのような現象となるという保障はないためである。

米ブラウン大学の公衆衛生学部副学長であるミーガン・ラニー博士は「これから直面する非常に忙しい冬に備えている」とし「昨年インフルエンザ患者がなぜ少なかったのかは、我々が皆マスクを着用しソーシャルディスタンスをしていたためだ。そのような措置が今、米国のほとんどの地域では施行されていない」と語った。
2021/09/23 16:17配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 96 最終更新:2021/09/23 16:22


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.