“走る空気清浄機”水素トラム、2024年から韓国で量産

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
“走る空気清浄機”水素トラム、2024年から韓国で量産
現代ロテムによる水素トラム(画像提供:wowkorea)

現代ロテムによる水素トラム(画像提供:wowkorea)

産業通商資源部は2023年まで、総事業費424億ウォンを投資して水素トラムを商用化する「水素電気トラム実証事業」に着手すると発表した。

水素トラムは水素燃料を使うため、空中に電線を設置する必要がない。さらに空気中の酸素と水素とを結合して電気を自ら作るため、酸素を取り入れる過程で微細粒子など公害物質を取り除く。車両内に搭載した燃料電池により運転に必要な電力を供給するため、電車とは異なり電力設備など外部の動力供給インフラが必要なく、相対的に建設費が安価となる。

同部は380キロワットクラスの水素トラムを商用化すため、ことし9月から2023年末まで4大分野における中核技術を確保する計画だ。4大分野の1つ「水素トラムシステム統合・検証技術」では、来年まで水素トラムに搭載するモーター、制動装置などの部品を製作し、2023年にはこれらの部品で車両を製作する。

「水素トラム専用水素燃料電池と要素部品技術」分野では、来年まで現代自動車の水素自動車「ネッソ」向け水素燃料電池を購入し、高さを減らしてトラム用水素燃料電池へと改造する。また車両の屋根に設置する多数の水素貯蔵容器を連結するため、フレキシブル高圧チューブなどの要素部品を開発する計画だ。

「水素トラム技術基準および走行性能評価技術」分野では、来年に部品単位、2023年には実際に製作したトラム単位で、韓国と欧州の列車安全性基準を満たしているかを検証する。

また「水素トラム実走行環境実証と運用技術」では来年まで、水素トラム用水素ステーションを構築し、2023年からウルサン(蔚山)市内の使われていない線路(蔚山駅―蔚山港)において、2500キロメートル以上を走行し燃費などを考慮した最適な走行パターンを検証する計画だ。
2021/09/23 13:58配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 101


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.