韓国で10億ウォン稼いでいた女子バレー双子姉妹、年俸1億ウォンでギリシャ行き

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国で10億ウォン稼いでいた女子バレー双子姉妹、年俸1億ウォンでギリシャ行き
韓国で10億ウォン稼いでいた女子バレー双子姉妹、年俸1億ウォンでギリシャ行き(画像提供:wowkorea)

韓国で10億ウォン稼いでいた女子バレー双子姉妹、年俸1億ウォンでギリシャ行き(画像提供:wowkorea)

校内暴力騒動で大韓バレーボール協会と所属チームの興国生命ピンクスパイダーズから出場停止の懲戒を受けた女子バレーの双子姉妹イ・ジェヨン-イ・ダヨン選手がギリシャの女子バレーボールチーム「PAOKテッサロニキVC」から国内年俸10%を受け取り、合流することがわかった。

 17日(現地時間)、ギリシャメディアFOS報道によると、イ・ジェヨン-イ・ダヨン選手のビザ問題が解決し21日か来る23日にPAOKに合流する。2人の年俸は4万ユーロ(約510万円)で、チームは2人を獲得するのに約1000万円を使用した。

 該当の年俸は韓国でもらっていた年俸の10%に過ぎない年俸だ。イ・ジェヨン選手は昨年、興国生命とFA契約を結び、国内最大水準の年俸4億ウォン、インセンティブ2億ウォンなど計6億ウォンの契約を結んでいる。イ・ダヨン選手も年俸3億ウォン、インセンティブ1億ウォンで計4億ウォンに達した。

 当初、バレーボール協会は社会的な物議を理由に2人の国際移籍証明書(ITC)発行を拒否し、ギリシャ移籍は難航した。2人をめぐる校内暴力疑惑が2月に起こったためだ。これらの校内暴力を暴露した文には「ナイフで脅した」、「両親の悪口を言った」、「強制的にお金を奪った」など21種類の暴力に対する内容が含まれていた。

 2人は自分のSNSを通じて謝罪文を掲載し、暴露内容の一部が事実でないと釈明したが、大衆は冷ややかだった。これに対して、バレーボール協会がこのような措置を取ると、トルコのスポーツエージェンシー「CAAN」側が国際バレーボール連盟(FIVB)に有権解釈を要請した。その後、「彼女たちが受けるべき罰は韓国に限られる」という立場が出たため、ITC発行が実現した。

 イ・ジェヨン-イ・ダヨン選手のギリシャ移籍をめぐり、韓国の一部バレーボールファンから依然として冷たい視線が注がれている。ファンらは、興国生命本社があるソウル光化門とバレーボール連盟がある上岩洞周辺で、「校内暴力から4か月でバレーボールに復帰する」という内容を盛り込んだ電光掲示板トラックを運行し、不満を表している。
2021/09/21 16:12配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 2


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.