<W寄稿>反日歪曲・反日捏造が固定定着した韓国メディアが報道しない声=軍艦島の嘘と真実

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<W寄稿>反日歪曲・反日捏造が固定定着した韓国メディアが報道しない声=軍艦島の嘘と真実
(画像提供:wowkorea)

(画像提供:wowkorea)

「黙れば、石が叫ぶであろう」という聖書の聖句は、しばしば不義に迎合して自分の主張を出せないメディアをあてこするものだ。時代が良くなり、今日の韓国メディアは「言論の自由」を100%満喫している。しかし、唯一除外される分野がある。日本に関する分野だ。特に過去の歴史関連がそうだ。

ファクトを知りつつも衆愚からの非難と攻撃を恐れて「真実を報道しないメディア」と、メディア自らが病的な反日に陥って「真実を報道する機能をそもそも喪失したメディア」とに大別されるだろう。

前者は卑怯なメディアであり、後者は未開なメディアだ。いつか石が叫んで真実の堤防が決壊する時に、卑怯であったり未開であったりしたこのような韓国のメディアは恥ずかしくなるだろう。

日帝時代の徴用に関連して、韓国メディアが伝えないファクトを何人かの体験者の証言を通してうかがってみよう。2019年12月20日付の日本の『週刊ポスト』は韓国人の徴用経験者数人に対するインタビューの内容を報道した。その中の「チェ・ハンヨン(崔漢永、93歳)」氏はこう語った。

「日本人のほうが韓国人より、いい人が多かったと私は考えています。私が炭鉱で働いていた時代、日本人にはとても親切にされた思い出があります」

「私は(15歳の時に)自分の意志で日本に行きました。当時、父親が傷害事件を起こして逮捕され、罰として日本での強制労働を命じられた。しかし父を失うと9人の大家族なので困る。そこで私が代理として『日本に行く』と手を上げました。年齢も18歳と偽りました」

「日本での働き先は、福岡県飯塚市にある三菱炭鉱でした。炭鉱には私以外にも何百人もの動員された朝鮮人がいました」

「日本人も朝鮮人も同じ労働条件で、同じ賃金をもらっていました。朝鮮人だからと差別や暴行を受けるということもなかった」

「特に私は15歳と若かったこともあり、上司のサキヤマさん(日本人)に大変可愛がられた。『私の娘と結婚しないか?』と言われたこともありました」

20歳の時、麗水郡庁から徴用命令を受けて佐賀県に渡って行った「キム・ビョンチョル(金炳鐵、98歳)」氏はこう語った。

「私が派遣されたのは佐賀県西松浦郡のウラサキ造船所でした。私は資材課に属し、工場内で出る屑鉄を集める仕事をしていました」

「造船所で働く2000人のうち、700人が朝鮮人でした。朝9時から4~5時頃まで働き、日曜日ごとに休みはありました」

「そこはおかずが良くて、よく美味しいブリとかトビウオが1~2匹出た。(戦争末期で食糧事情が悪くなり)でも原則はお米と麦を混ぜたご飯を一杯しか食べられない。だからお腹が減る。あるとき、ご飯を盗み出して山中で食べた。そのことがバレて、日本人管理者に殴られたこともありました。でも、(ルールを破ったので)たいしたことではないと思っています。基本的に日本人が朝鮮人に暴力を振るうとか、虐めるようなことはありませんでした」

大阪のクボタ鉄工所で勤務した「ソン・ウィボン(孫義奉、93歳)」氏はこう当時の状況を描写した。

「500人ほどの朝鮮人がクボタ鉄工所に送られていました。日本人から差別とか、奴隷のように働かされたという記憶はないですね。クボタでの仕事は鉄材を運ぶ仕事ばかりでした。それよりも恐ろしかったのは米軍の空襲です。夜に米機が姿を見せると、空襲警報が鳴りみな逃げ惑った。とても仕事を覚えるというような状況ではありませんでした」

孫義奉氏と同郷の「カン・チェグ(姜彩九、94歳)」氏はこう感想を語った。

「空襲が酷くなってからは、工員は散り散りとなり、私は兵庫県の山中に逃げ込んで野宿生活を送っていた。だから大法院判決で元徴用工に対して慰謝料1億ウォンの支払い命令が出たと聞くと、私はその金額をもらえるほどの仕事を日本ではしていないと思ってしまうよ。補償はして欲しいけど、(高額な慰謝料の話を聞くと)私たちがお金を吸い取る掃除機みたいだと思われてしまうね(笑)」

2020年10月19日付の日本の『世界日報』はかつて軍艦島に居住していた住民らの証言を紹介した。戦後の1949年に軍艦島で生まれた「岩崎松子」氏は彼女の一番上の姉(戦前生まれ)が語ってくれた話をこう伝えた。

「姉は小学校高学年の時、日本名で「長又純」、「中原たまえ」と名乗っていた朝鮮人同級生の女の子たちと仲良く遊び、いじめなど全くなかったと語ってくれた」

「島では祭りもあったが、『朝鮮人の婦人たちはチマチョゴリを着てお国の踊りをおどり、男衆は御神輿をかつぎ、獅子舞で島内を練り歩き、楽しいひと時』だったようだ」

小学校時代を軍艦島で過ごした「中村陽一(82歳)」氏は「炭鉱で働いていた朝鮮人労働者たちは終戦後間もなく帰国したが、見送りに来た日本人は別れを惜しんだ」と語り、こう話した。

「世話になったと言われながら箱いっぱいのリンゴを朝鮮人からもらった日本人がいたし、逆に帰国する朝鮮人に贈り物をあげた日本人もいた。乗船したあの人は朝鮮人だったのかと、その場で初めて知り驚いた日本人もいる。あの小さな島に日本人と朝鮮人が世界一の人口密度で家族同然に暮らしていた」

「被害者もウソをつく」と言うタイトルで、日本の「モラロジー研究所」ホームページに掲載された「西岡力」麗澤大学客員教授による記事は韓国人に示唆するところが大きい。内容の中の一部はこうだ。

「韓国でもイ・ヨンフン(李栄薫)前ソウル大学教授らが昨年日韓でベストセラーになった『反日種族主義』で、慰安婦は「性奴隷ではなく軍が管理した公娼」という説を、様々な証拠を列挙して実証した。その『反日種族主義』は韓国で激しい非難と攻撃にさらされた。歴史学界は沈黙を守る中、左派運動家や職業的反日学者らが、李前教授らを招かず一方的な討論会をくり返すとともに反論本の出版も続いた。それに対して、李前教授らは反論に全面的に反駁するとともに、前著の議論をより深める新著『反日種族主義との闘争』(以下、『闘争』とする)を出した」

「ここでは『闘争』の中から、被害者がウソをつくことで日韓関係が悪化するという事例として戦時労働者のウソを取り上げている部分と、そのウソの背景には日本の『良心的』知識人の画策があり、そのような日本人は実は韓国を蔑視しているのだと厳しく批判している部分を紹介したい」

「李前教授は、自身が2006〜08年に合計57人の韓国人戦時動員出身者に学術的なインタビューを行ったときのことから書き始める。軍人・軍属が20名、彼らは比較的学歴があり、記憶にも一貫性があったという」

「一方、残りの37名の労務者出身者は『たいていの場合、無学で』『記憶には一貫性がなく、時には虚偽や幻影が混じっていた』という。また『工場で朝鮮人をいじめる日本人監督官を同僚3人でたたき殺した後、川に放り投げた』というあり得ない話をする者もいたという」

「正直な人も幾人かいた。ある2名は『大変な時期でつらい労働ではあったが、大いに暮らしの足しになり、以後の人生にも大いに役立った』と話し、役所の職員が補償を前提に申告を勧めても『私が金儲けに行って来たことなのに、(補償の)申告なんて』と断っていたという」

「ところが、他の多くの証言は明らかにウソが混じっていた。少し長くなるが、李前教授が自国民被害者のウソを嘆いている部分をそのまま引用する」

<彼らは、政府がくれるという補償を鋭く意識しながら、「賃金は、びた一文も貰わなかった」と主張しました。しかし、それに続く回顧では、その主張とは辻褄の合わない内容が必ず登場しました。「日曜日には何をされましたか?」と質問したら、「近くの町に出かけ、あずき粥も食べ、劇場にも行った」と言うのです。「そのお金はどこから出て来ましたか?」と訊くと、そこで初めて「そのくらいの金は貰ったさ」と是認するのでした>(『闘争』、348頁)

<これとは違って、頑強に元の主張を貫徹する人もいました。例えば、蔚州郡のある方は、「2年契約で北海道の炭鉱に行ったが、契約を延長して3年6か月いた」と言い、そのあと、「お金は一銭も貰わなかった」と言いました。それで、横にいた同僚研究者が、「だったら、何のために契約を延長したんですか?」と責めるように問いました。すると、「あー、延長しろと強制するんだから、どうしようもなかったさ。苦労するだけして帰って来た」と答えました。私はその人の、証言に矛盾が生じないよう細心の注意を払っている姿勢に、感服せずにはいられませんでした。日本に行った経緯に関する記憶にも、矛盾がありました。ある人においては、インタビューの初めのほうでは、涙ながらに「強制的に連れて行かれた」と言っていたのに、後から話す内容は、それとはまったく違っていました。「日本に行きたくて密航船に乗ったところ、詐欺にあって失敗したことがある」と言うのです>(『闘争』、349頁)

「李前教授は多くの被害者が目の前でウソをつくことに接して、嘆息したと正直に書いている。私も最初に名乗り出た元慰安婦の金学順さんが経歴にウソを交えていることを発見したとき大きく嘆きの息を吐いた記憶を持つ」

「李栄薫・前教授、李宇衍氏、朱益鍾氏らは現在、元慰安婦や元戦時労働者とその遺族らに名誉毀損などで刑事告訴され、警察の取り調べを受けている」

「李前教授は、自身がインタビューした数十人の元労働者のうち多数がウソをついていると明言し、4人の原告については実名を挙げてウソをついていると断定した」

「李前教授は『身に危険が及ぶかも知れない状況下にありながらこの本の刊行に加わった8名の共著者は、種族主義の野蛮性を告発することがこの国の発展に役立つ、という確信を共有しています』とその覚悟を書いている」

不純な目的を達成するために、もしくは 歪んだ自分の感情を満たすために、無辜の隣国をこき下ろして陥れるのは非常に間違った行動だ。日本を悪だと定めておこうと、食ってかかる今日の韓国人の執拗な「反日プロパガンダ」は既に「とてもひどいレベル」を超えて「邪悪なレベル」に到達した。名誉棄損や誣告などの犯罪行為へ入ったという話だ。

同時に文明国家で禁じられる人種差別の様相を帯びる。韓国のメディアの卑怯な行動態度を後ろ盾とする韓国人らの「反日プロパガンダ」が依然として跋扈する限り、韓国の教養水準は永遠に未開国のレベルでうろつくほかない。

※この記事は韓国の保守論客ファンドビルダーさんの寄稿文を日本語に翻訳したものです。韓国メディアには既に韓国語版が公開されています。翻訳の正確さに対する責任は当社にあります。
2021/07/25 10:26配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 6 最終更新:2021/07/26 15:41


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.